RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Corinne Bailey Rae「Corinne Bailey Rae」
Corinne Bailey Rae [Bonus Track]

英国はLeeds出身の綺麗系の女性シンガーソングライター、Corinne Bailey Raeのデビューアルバム『Corinne Bailey Rae』を御紹介。幼少の頃からヴァイオリンを習い、友人にエレキギターをプレゼントされたのをキッカケにギターも習得したのだとか。大学在学中に働いていたジャズ&ソウルバーでその方面の音楽に傾倒、現在のCorinne Bailey Raeがあるのだそうです。このデビューアルバムはまず本国イギリスで火が点き、その人気は米国まで飛び火。結果、Grammy Awardsでは三部門にノミネート、英国でも権威のあるMOBO Awardsで二部門を受賞する快挙を成し遂げましたね。
それではすごくさらりとですが中身がどんなものか・・・・・・最初に述べておくと、全曲の制作にCorinne Bailey Raeは関与しており、そこに外部Producerが関与しているという感じ。まずはCorinne Bailey Raeが十代の頃に書き上げたというシングル曲「Like A Star」で幕開け、これはCorinne Bailey Raeがギター一本をホロホロと優しく爪弾き歌う極上スロウ。さらさらと流れるメロディはまるで黄金色の砂時計のようにゆっくり不思議なとろみ空間を演出、そこに溶け合うCorinne Bailey Raeの蝶のようにひらひら舞うヴォーカルが魅惑的。「Enchantment」はRod Bowkettとの共同制作曲、なんと表現したらいいのだろう。真四角広い水槽の中を、サファイアブルーの光を受けながら優雅に泳ぐ熱帯魚を観ているような、そんな潤いと冷たさが共存する一曲。John BeckとSteve Chrisanthowと共同制作した「Put Your Records On」もレトロな味わいの漂うセピア色ソウルで渋く優しい、ミルクと砂糖たっぷりの珈琲みたいなテイストでやはり心地良い。愛想を尽かし終わった恋に悲しく寄りかかる傷心バラード「Till It Happens To You」はPam SheyneとPaul Hermonとの共同制作、ほどよくブルース気味なギター&オルガン曲に、微熱混じりに焦がれる様な歌声で聴き手のハートを締めつけるCorinne Bailey Raeが憎い。硬質なドラムスがパラパラ降る小雨みたいでドラマチックな「Trouble Sleeping」はJohn BeckとSteve Chrisanthowと共同制作、そんな小雨を傘にうけながら歩いていると、次第に鮮やかな虹が空に架かった、みたいなメロディ展開が素敵。冒頭のキラキラ輝くストリングスの甘い煌めきにキュンとしてしまう「Call Me When You Get This」はSteve Bushとの共同制作曲、これも良い意味で原点回帰したような懐かしいソウルフルさが香り立つメロウチューンで、純粋でキュートな彼女の歌声がだんだんと踊り舞い上がるドキドキ曲に。冷たく壊れてひび割れる様に響くピアノ鍵盤の欠片メロディが胸にチクリ刺さる「Choux Pastry Heart」はTeitur Lassenとの共同制作、灯りの無い固く閉ざされた部屋で聴いていたら絶命しそうな程に悲しい(涙)。マッタリとスムージーなCorinne Bailey Raeの歌声にウットリして眠たくなるハートフルな「Breathless」も素敵、野原に吹く爽やかな風みたいに心地のいいメロディはMarc Nelkinとの共同制作。本作で唯一のアップテンポ曲「I'd Like To」はTommy DanversとPaul Hermanとの共同制作、ザクザクと鋭くカットするギターリフにベッタベタに光り輝くホーンのド派手な音色がぶつかる、骨太ファンキーな一曲でこういうCorinne Bailey Raeもカッコイイ(痺)。ふわふわと舞う彼女の歌声にピッタリな題名の「Butterfly」はMarc Nelkinとの共同制作、木漏れ日みたいに優しく眩い、草花みたいなほんのり甘い匂いの香る好ミッド。優しく羽根のように軽い歌声からは想像できない重みがじんわり漂う「Seasons Change」はSteve Brownとの共同制作、こういうちょっと重たくダークなトラックもそつなくこなす彼女はやはり巧い。最後は国内盤のみのボーナス曲である「Another Rainy Day」も収録、コケティッシュに鼻から抜けるハミングみたいな歌い方のCorinne Bailey Raeに乗せられ、いつしかうたた寝してしまう事間違い無し(笑)。

けしてソウルフルではないけれど、ギリギリにソウルの範疇に入るのかな。春うららかな日の穏やかな温もりに似た、ほんわかおひさまの匂いのする心地良い作品。僕はどちらかといえば濃厚で迸るようなソウル音楽が断然好きですが、たまにはこういうふんわり優しい音楽も良いですよね(安息)。ここ日本でも結構話題になりましたし、日本人ウケもする一枚なのかな(聴易)。あ、本作をこのブログで突然と取り上げたのは、最近聴いているLianne La Havasが雰囲気どこかCorinne Bailey Raeに似ているから。とは言っても音楽的には違うけれど、なんとなくね、まあその話はまたLianne La Havasを書いた時にでも(未定)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment