RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big K.R.I.T.「Live From The Underground」
big-krit-live-from-the-underground.jpeg

Mississippi州出身のミックステープキング、Big K.R.I.T.の待望のメジャーデビューアルバム『Live From The Underground』を御紹介。MixTapeを出す度にそれぞれが軒並み高評価を獲得し、かのXXLの名物企画“10 Freshman”にも選出されたBig K.R.I.T.。その後も新人から大物まで様々な客演&楽曲提供をこなし、いつになったらメジャーデビューするのかとヤキモキしていたリスナーも多い筈。そして大手レーベルDef Jamと契約しての本作、もう期待が高まり過ぎて溢れ返っております(笑)。
それではザックリとはしてますが内容に触れさせて頂いて・・・・・・まず本作、皆様御存知の通りBig K.R.I.T.が全曲の制作を担当しており、それだけで充分に彼の才能の凄まじさを物語っていますよね(縮上)。まずは作品の幕開けを告げる「LFU300MA」、もうここからじんわりと香り立つ様なソウルフルなメロディが辺りを妖しく包み込みます。少し低めに構えたBig K.R.I.T.のオールドスクールな節回しのフロウが燻し銀に炸裂する「Live From The Underground」では、フックでエフェクトかけて輪郭はぼやかし、バックで“んーんーんーんーんー♪”の鼻歌を泥臭くハーモニーさせる、どことなくOutKastっぽいブルージーなミッド。ホーンの尖ったメロディが油彩画のように鮮烈で濃厚な色彩を描く「Cool 2 Be Southern」、俄に色めき立ったかと思いきや硬質でカチカチ細かく刻むビート軸になったりと変幻自在、スピード調整も絶妙なBig K.R.I.T.の歯切れのいいラップも見事。Willie Hutch「Foxy Brown」をサンプリングした「I Got This」はラップのノリこそドカンドカンと振り下ろす様な南部テイストですが、蚊が飛び回る様なプイーンプイーンと鳴る電子音の感じは昔の西海岸マナーを踏襲。「Money On The Floor」では8Ball & MJGに、2 Chainzまでも召還した脂っこい面子の一曲。スロウダウンしたダークソリッドなメロディにぼんやり輝く鬼火みたいなシンセ、そこに灰汁の強い四人がマイクを回すだけでもはや暗黒ファンタジー。濃霧のように冷たくシリアスなシンセが辺りを這い回る「What U Mean」ではLudacrisが参加、ゴーストホラーチックなゾワゾワ来るトラックに乗っかりLudacrisの奇怪ファニーなラップが強烈なインパクトを与える一曲。チョッピンに近いぶつ切りなメロディとラップが豪速で駆け抜ける「My Sub (Pt.2: The Jackin)」、ちょっぴりノイジーでソウルフルな歌声がかえって哀愁を増幅させる擦れっ枯らしメロウ「Don't Let Me Down」と聴き応えは抜群。「Porchlight」ではあのAnthony Hamiltonが客演参加、The Commodores「Say Yeah」をサンプリングしたじんわり沁みる情感溢れるトラックはBig K.R.I.T.のトラックメイクセンスの良さを痛感。湯気と香り立つ濃厚なブラック珈琲みたく芳ばしいトラックがやはり最高に渋くカッコ良い、そこにAnthony Hamiltonのまろやかクリーミーな歌声が混ざるから程よい甘味も出るのが最高です(溺愛)。Big SantとBun Bが客演参加した「Pull Up」でもソウルフルさは減速させずに走行、ゆったりとロウにキメるトラックながらずっしり重量級なMCがマイクを回す事で、黒塗りのロールスロイスみたいな重厚感が生まれているナイスな共演。「Yeah Dats Me」はBobby Womack「Across 110th Street」をサンプリング、鎖みたいなジャキジャキとカットする突端ビートに乗せてバキバキにへし折る様な怪力ラップで畳み掛けるBig K.R.I.T.が超ホット(瞬速)。水辺に浮かぶ睡蓮の花みたいに潤いたっぷりで清廉な美しさのファルセットヴォーカルがたまらない「Hydroplaning」はDevin The Dudeが客演参加、絶えず聴こえる流水の音や轟く雷鳴などがヒーリング効果抜群にハートに浸透します(水中)。やんわりとメロウなBig K.R.I.T.のフロウもさることながら、やはりDevin The Dudeのヌメッとしたツヤツヤのラップがトローリと響くのがたまらなく魅惑的。ピアノ鍵盤の軽やかで華やかなメロディが踊る「If I Fall」はMelanie Fionaが客演参加、これはもうとにかくフローラルで柔らかくて可憐、花束を抱えてウキウキ散歩しながら恋人に逢いに行くような軽やかさが甘酸っぱい(高揚感)。徐々に曇った鍵盤音を重ねていき厚みを増してゆくアカペラ風味な「Rich Dad, Poor Dad」はドラマチック、ヒリヒリと伝わって来るものがあるオペラ風味の劇場型Hip Hop。かのB.B. Kingが参加したというだけで特大トピックとなった荒涼ブルース「Praying Man」も燻し銀、まるで白黒の映画を観ているような臨場感と物淋しさがじんわり滲む好ミッド。最後を締め括るのはMs. Linnieを客演に迎え敷き直した「Live From The Underground (Reprise)」、ハーモニカの淡いメロディが香ばしく煙り立つナイスな〆でグッド。

モロに南部産、とっても泥臭く濃厚でソウルフルな味わいに酔い痴れてしまいました(目暈)。とにかくカッコイイ、本当に、はじめは気付いていませんでしたがかーなーりリピートしておりました(報告)。違うかもですが僕の感覚として、OutKastやUGK、あとDavid Bannerなんか好きならハマるのではないかと(憶測)。なんか久々にソウルフル技でグイグイもっていくHip Hopを聴いたなー、心地良いです。やっぱり物凄い才能だなと感じさせてくれたBig K.R.I.T.、J.Coleと共に自作自演型の新星としてこれからも頑張って欲しい(応援)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment