RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maroon 5「Overexposed」
maroon5.jpeg

ロックバンドながらも黒い音楽家達との繋がりも深く、いつの間にかHip HopやR&B好きにもその魅力が浸透しているMaroon 5の通算四作目となる『Overexposed』を御紹介。さて今回のMaroon 5はこれまでと少し違い、オリジナルメンバーのRyan Dusickが脱退し(脚の病気でやむなくらしい)、新たにツアー等に帯同していたPJ Mortonが参加しておりますね。PJ MortonといえばLil Wayne率いるYoung Moneyと契約しているシンガーソングライター、そんなPJ Mortonが正式にメンバーに加わり、更なる変貌を遂げそうな雰囲気のMaroon 5。
それではすっごく簡単ざっくばらんに中身に触れますと・・・・・・本作を語る上で外せないのが外部からの制作陣の起用で、まずExecutive ProducerにはあのMax Martinが名を連ねているのが驚き。他にもAdam Levineがこれまで通り全曲のソングライトに関わりつつも、外部ProducerがProduceしている楽曲がズラリ。まずは幕開けを飾るのがMax MartinとShellbackが共同制作した「One More Night」、弾け飛ぶ様なビートに乗せてどこかエキゾチックでスパイシーなメロディが香り立つ刺激的なアップ。Adam Levineの甘くて挑発的なファルセットが相変わらずセクシーで、鼓膜が自然とヒリヒリ灼けてくるアルコール度数高めの一曲。そして先行シングルとして大ヒットとなったのが、Benny BlancoとShellbackが共同で手掛けた「Payphone」。美しくも淡く消えそうな色彩を風に乗せ、景色に溶け合い色を失う、そんな甘酸っぱくメロウなメロディが颯爽と吹き抜け痛みを和らげる失恋曲。Adam Levineの舞い上がる様な裏声フックはとてもキュートで、純粋に信じて裏切られた馬鹿な男の心情を見事に表現(共感)、自分と離れた恋人を繋ぐのが公衆電話というのがまた切ない、コインを入れて掛ける公衆電話が刹那的で絶対にいつか切れてしまう(なぜだか終わりの来てしまう)恋愛とリンクしていて胸が痛い(涙)。そこにちょいとのんびりと遠くを見つめ微笑むような、Wiz Khalifaのレイドバックしたラップが重なって素晴らしい化学反応を起こしていますね。Adam Levine、MDL、Max Martinが共同で制作した「Daylight」は、夜明けを告げる朝陽の神々しく生命力に漲った光にも似た電子メロディが鮮やか、躍動感溢れるビートも加わってよりダイナミックで優しいミッドに仕上がっています。「Lucky Strike」はRyan TedderとNoel Zancanellaが共同制作、少しくサイバーなテイストも織り交ぜたデジタルロックチューンで、思わずズカチャカと手拍子しながら聴きたくなってしまうノリの良い曲。Noah "Mailbox" PassovoyとAdam Levineが共同制作した「The Man Who Never Lied」も雰囲気的にはそんな感じ、でもより大らかでなだらかなビート配置で、Adam Levineの曲線的な歌声が活きていますね。再びRyan TedderとNoel Zancanellaが共同制作したのが「Love Somebody」、開放感たっぷりにスプラッシュする水色の電子音が眩くて思わずビショ濡れになってしまうオーシャンチューン。Noah "Mailbox" PassovoyとJames Valentineが共同制作した「Ladykiller」は官能的ロックチューンで、女性のドレスの肩ストラップをするりと滑らせドレスを床に落とすような、Adam Levineのエロいファルセットが素敵です(痺)。「Fortune Teller」はNoah "Mailbox" Passovoy制作、じわじわと熱を帯びる感触がやはりセクシーな柔らかなエレクトロミッド。Noah "Mailbox" PassovoyとAdam Levine、James Valentineが共同制作した悲哀のピアノバラード「Sad」は胸を打ちまくり、全てをかなぐり捨てた様なAdam Levineの淀みのなく突き刺さるような脆いハイトーンな歌声に涙が零れますね(感動)。ネットリと粘度の高い濃厚なメロディが渦巻く「Tickets」はNoah "Mailbox" PassovoyとSam Farrarが共同制作、電撃を走らせながらかなり古びたディスコサウンドを展開させる「Doin' Dirt」はShellbackが制作を担当。アコースティックギターを奏でるフォーキーで柔らかなスロウ「Beautiful Goodbye」はBenny Blanco制作、男女に美しいサヨナラなんて無いと思いつつ、この曲を聴くと零れる涙のは輝く未来を映しているから美しいのだと思わせてくれる魔法があります(涙拭)。とここまでが本編の内容で、あとはボーナス曲が何曲か収録されておりまして。まずJ.R. Rotemが制作した碧色の海へダイブして泡が奏でる音色と戯れるような壮大感が気持ち良い「Wipe Your Eyes」、Sam Spiegel制作でベッタリしたホーンとベース弦でファンキーなグルーヴで骨太に迫るシンプルイズベストな「Wasted Years」、Maroon5制作でまるでEivis Presleyさながらなロカビリー曲「Kiss」となかなか聴き応えアリ。あと国内盤にはあのChristina Aguileraと共演し話題となった「Moves Like Jagger」もオマケ収録し、ついでに「Payphone (Supreme Cuts Remix)」「Payphone (Cutmore Remix)「Payphone (Sound of Arrows Remix)」と正にオマケなRemix三曲を追加収録しております。

うん、これまでの内容に比べるとかーなーりーポップ路線を突いてきたといいますか、まあMaroon 5はどんどんポップ化していたから進化と捉えるべきなのかな。でもデビュー当時のどこか艶っぽさと甘酸っぱさが混同したようなソウルフルっぽさが好きだったリスナーは(特にR&B信者は)、ちょっと敬遠しがちかもしれません。でも夏にはとっても聴き易い一枚かな、やっぱりAdam Levineのあの歌声には弱いんだよなーとつくづつ(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment