RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「The Fast And The Furious: Original Motion Picture Soundtrack」
The Fast  The Furious

Vin Diesel、Paul Walker、Michelle Rodriguez等が出演したカーアクション満載のアクション映画のサントラ盤、『The Fast And The Furious: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。僕は全く車には興味が無いのでこの映画はストーリーに惹かれて観たって訳ではなく、やはりシリーズ通してブラックミュージック系のアーティストがこぞって出演しているから(単純)。そんな人気シリーズの第一弾作品のサントラがこれ、ちなみにブラックミュージック系のアーティストではJa Ruleが少し登場していますね。
それではすっごく簡単な感想を書かせて頂きます・・・・・・まず特筆すべきは本作の監修を務めたのがあのIrv Gotti、御存知Murder Inc Recordsの社長でございます。まあHip Hop、R&B好きだと優れたProducerとしての印象も強い彼、当然その内容にも期待が高まってしまう訳です。まずはFaith Evans「Good Life (Remix)」で幕開け、客演にはJa RuleにVita、Caddillac TahというMurder Incの面々が揃い踏み。Irv Gottiと7が共同制作し、The Whole Darn Family「Seven Minutes Of Funk」をサンプリング(Jay-Z「Ain't No Nigga」と同ネタ)ベースの野太く唸るグルーヴが真っ黒に光るトラックに、Faith Evansのちょっぴり潤んだ冷たい歌声が響いて超クール。しかもJa Ruleの太く吠えるもメロディ感じるフロウや、Vitaのお茶目で尖ったラップも混じって最高にホットな仕上がり。Caddillac Tahがそのままブンブンフロウを振り回す「Pov City Anthem」はMr. FingazとIrv Gottiが共同制作、携帯電話のボタンプッシュ音みたいなチープな電子音を繋げてメロディにしたトラックも面白いし、Caddillac TahのJa Rule顔負けな暑苦しく弾けたラップもキレキレ。7とIrv Gottiが共同制作した「When A Man Does Wrong」ではAshantiが登場、まったりととろけてゆくキャンドルの灯みたいな、奥行きがある濃密なスウィートチューンにAshantiのチョコソースみたいな歌声がかかります(骨抜)。Irv Gotti制作の「Race Against Time Part 2」はTankが登場、今程に濃厚で蒸すような熱いヴォーカルでなくサラーリ流麗に煌めくTankは少し不思議な感覚(笑)。客演にJa Ruleも参加し、ゆるーくマッタリ仕上げていますね。Dat Nigga RebとIrv Gottiが共同制作した「Furious」はJa Rule、客演にVitaと01が参加。ザクザクとノコギリで押して引いて切るような電子メロディに乗っかり、ガンガンと衝突クラッシュするJa Ruleの濁声が痺れる。でもここで一番美味なのはVitaのキュートで刺激的なフック、ナイスな配置で御座います。続いてはあのR. Kellyが自作自演で登場する「Take My Time Tonight」、ギターの仄かなメロディが甘く香り立つ艶美でまろやかなビタースウィートなバラードでやっぱり素晴らしく、ちょっぴりゴスペルチックな清純系の澄み切ったヴォーカルを奏でるR. Kellyが神懸かり。南部の大物であるScarfaceが登場(客演にI.G.)する「Suicide」はDLとIrv Gottiが共同制作、緊迫感あるスリリングで殺伐としたトラックにScarfaceの喉奥から滲み出るようなフロウがモクモクと黒煙上げて聴き手を圧倒します。「The Player」はGeeとIrv Gottiの共同制作で、Murder Incの肝煎りBlack Childが登場。鍵盤音をジャカジャカとゆったり鳴らし、西海岸っぽいヒュールリ電子音を伸ばした一曲。SPK制作の「Tudunn Tudunn Tudunn (Make U Jump)」はFunkmaster FlexにNoreagaが登場、しかし客演がNoreagaで主役はFunkmaster Flexというヘンテコなコンボ(笑)。Fury ¥制作の「Hustlin'」はFat Joeが登場(客演にArmageddon)、いかにもN.Y.っぽいざらついていて荒涼としたサウンドにFat Joeのドカドカ踏み込む男気ラップがカッコイイ。僕的には結構好きだったデュオ、Boo & GottiがDr. Dreの名曲「The Watcher」トラックでフリースタイルを披露する「Freestyle」も聴き応えアリ。本作で最も異色かつド派手なのが、Limp Bizkitを主軸にDMX、Redman、Method Manとこれ以上ない凄腕濃いキャラが脇を固めた「Rollin' (Urban Assault Vehicle)」ですね。しかも制作はあのSwizz Beatzなので鉄筋ガチガチな硬質アッパーでもう尖りまくり、その上を全て砕け散らすヘヴィー級のMC三人が木端微塵に突進する痛快さね(失神)。Damizza制作のちょっぴりサイバーでテクノ風味な滑走アッパー「Life Ain't A Game」はJa Ruleの独壇場、グングン加速しすぐとMAXに達し切り裂くJa Ruleのラップはやはり脂乗っていますね。同じくDamizza制作の「Cali Diseaz」はShade Shiest、Nate Doggが客演で参加。歪なストリングスをぎらつかせたドロリと重たいトラックでは、やはりNate Doggの灰汁が強過ぎて全て彼の功績になってしまっています。Petey Pabloが少しだけ柔らかく滑らかに仕立てた重油トラック「Didn't I」は既出曲ながら、このサントラ盤の流れにピッタリ沿っていてナイス。Ja Rule「Put It One Me (Remix)」はVitaとLil' Moが援護射撃のメロウな一曲、Lil' Moの柑橘系のソウルフルヴォイスに負けず、滑らかで麗しい歌フロウを駆使するJa Ruleが最強。最後は7とIrv Gottiが共同制作の「Justify My Love」、VitaにAshantiが客演というMurder Incの女性陣が奮闘。

映画云々は置いておいて(いや、ストーリーは普通に面白かったです)、やはりこの頃のMurder Incは良かったなーと回想してしまいますね(残念)。Ja RuleとAshantiの二大看板スターで荒稼ぎしていたIrv Gotti、Produce手腕はある筈だから、なんとかまた息を吹き返して欲しい気も(犯罪は駄目、罪は償うべき)。Ja RuleとAshantiが好きな方はまだ多い筈、特に僕みたいな三十代近い人ならば。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment