RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Fast & Furious: Original Motion Picture Soundtrack」
Fast  Furious

Vin Diesel、Paul Walker、Michelle Rodriguez等が出演したカーアクション満載のアクション映画のサントラ盤、『Fast & Furious: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。これは大人気シリーズ“ワイルドスピード”シリーズ四作目、邦題では『ワイルドスピードMAX』となっていますが、原題では一作目とほぼ変わらないので同じ作品だと勘違いしそうなややこしさ。本作では一作目のメンバーが再び最集結、ただ大好きなMichelle Rodriguezがかなり最初の方で死んでしまうのでちょっとガックリ(あとは映画を御覧下さい)。
それでは気になる中身をほんのりと御紹介しますと・・・・・・まず映画の舞台が半分ほどが南米を舞台にしており、それを反映した作りとなっている事を前置きしておきます。そしてこのサウンドトラックを監修したのがStar Trak、そうあのThe Neptunesが率いるレーベルで御座います。という訳で大半の楽曲をThe Neptunesが制作しており、まずはそんな楽曲群から触れておきますね。まずはThe Neptunesとの相性は抜群過ぎるBusta Rhymesが登場する「G-Stro」、Busta Rhymesの息継ぎ無しの連打連打連打な破壊力MAXのラップが火を吹くアッパー。電子音とハンドクラップで空間スカスカな程度に埋めたバウンスチューンで、Pharrellの例のハアハア息遣いや女性の喘ぎ声(?)もナイスアクセント。メタリックな中にもどこかレゲエっぽいメロディセンスも感じるホットな一曲、やはりBusta Rhymesの奇天烈で怪物なキャラが立っています(派手)。「Loose Wires」は男性シンガーのKennaが登場、KennaはChad Hugo(The Neptunesの片割れ)と組んでアルバムを一枚出していますね。ボンワリと妖しげなシンセ光線を瞬かせる電子チューンはThe Neptunesの専売特許、そこに乾いた常夏パーカッションが響き、蜂蜜みたいにとろーり黄金色に輝くKennaの甘美な歌声が面白い一曲。「Blanco」は今や大人気となってしまったPitbullが単独で登場、ブアーーーンとグラインドしながらのっぺり広がるホーンに似た電子音、ドカドカポコスカ突き進むダンサブルなビート、そして熱気ムンムンでジュンプしながら突進するPitbullと向かうところ敵無し状態。そのPitbullにTego Calderonが客演した「You Slip, She Grip」もブイブイな電子音塗れでギトギトになってしまうオイリーな一曲で、正にThe Neptunesサウンドのど真ん中。「Head Bust」ではShark City Clickなる男性MCが登場、これはガチガチな電子音にトライアングルっぽい間抜けなキンカン音、そしてロックテイストな尖ったギター音がつんざめくゴチャゴチャ混ぜ感が面白い一曲。「Bad Girls」ではPitbullとRobin Thickeという異色な組み合わせが実現、これもStar Trak仕切りだからこそ実現した共演。Robin Thickeが甘くソウルフルなファルセットを響きかせるだけでもう痺れる、単独でも良かったのに。ここまでがThe Neptunesが制作した楽曲、他には数曲は外部Producerが制作しておりまして。本作の幕開けを飾る「Bang」はBlaqstarrが制作、最近デビューアルバムを完成させたRye RyeとM.I.A.が揃って登場。まるでマシンガンみたいに散弾ビートでダダダダダダダダと高速で疾走するトラックでアドレナリン大放出、二人のキュートなんだけど生意気なラップが良いですね。PibullにLil Jonが援護射撃というお祭り以外のなんでもない(笑)「Krazy」はFrederico FranchiとLil Jonの共同制作、ブイブイと捻れる電子音にこれでもかってぐらいにリピートするフックでだんだん神経麻痺する暑苦しいアッパー。レゲエ界の大御所Don Omarが登場する「Virtual Diva」はArmando Rosarioが制作、僕は初めてDon Omarの声を聴いたんですが意外と甘くスッキリした声で驚きました。J. Drew Sheard II制作の「La Isla Bonita」はTasha登場、これは誰もが知っているMadonnaの歌っていた名曲のカバーでやはり夏には最適なスパニッシュ風サウンド。

ほぼPitbulが主役状態なので、Pitbull好きでない僕はあまり興味の湧かず、むしろThe Neptunes狙いで聴いた一枚です(笑)。でもThe NeptunesサウンドとPitbullの相性はなかなか良く、イイ感じにお祭り騒ぎしていて、残る夏の日々のドライブには最適な一枚で御座います。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment