RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chris Brown「Fortune」
Chris-Brown-Fortune-Cover-HQ.jpg

若手男性R&Bシンンガーの中でも圧倒的な人気を誇り、もはやポップシンガーとしても絶対王者となりつつあるChris Brownの通算五作目となる『Fortune』を御紹介。なんだかんだでトラブルに巻き込まれながらも(いや、自分で引き起こしながらも)全く人気の衰える気配のないChris Brown、むしろ登り詰めてしまっている気もしますね。ハッキリ言って彼の素行の悪さは明瞭ですし、そういう所が僕はとても嫌いです(断言)。なので本作はもう買うまいかと思っていたんです、しかし音楽的な事はそれとは切り離して考えようと思いやむなく購入(涙)。
とまあ不満タラタラな感じですが内容に触れて・・・・・・まずは先行カットされナイスヒットとなった「Turn Up The Music」で勢いよく幕開け、まずこの曲が超お気に入りだったので購入したと言っても過言ではない。クレジットを確認して驚いたのが、これはあのThe UnderdogsとFuegoによる共同制作だったんですね(愕然)。バシャバシャと電光石火な飛沫を上げて炸裂するシンセビートに、どこかアフリカンな躍動ビートが乱れ弾ける最強ダンスチューンはChris Brownの独壇場もいいとこ(笑)。フックでの閃光感はChris Brownの良い意味で青臭いハイトーンがもたらす功績。@popwanselが制作を担当した「Bassline」はベッタリと扁平なChris Brownのエフェクトヴォーカルを、真っ直ぐビートに突き刺したダウナーな一曲。それとこの曲、どことなくKeri Hilsonの「The Way You Love Me」に似ている気がする。Big SeanにWiz Khalifaと若手急先鋒なMCを取り揃えた「Till I Die」はDanjaが制作を担当、水道管の中を水が行ったり来たりしている様なバブルビートが印象的で、ハッキリ言ってMC二人の援護射撃はあまり機能していない気も(苦言)。H-Moneyが制作した「Mirage」はNasが客演参加、Miguelが提示していた様などこかレゲエっぽい節回しの効いたドローリ粘性のダウナーなメロディが退廃的でカッコ良く、そんな蜃気楼の様なメロディだからこそ燻し銀なNasのラップが冴えますね。じんわりやんわりとささやかな電子音が浸透し色彩を変化させる滑らかな雪解けスロウ「Don't Judge Me」はThe Messingersが制作、アンビエントで耽美的なサウンドは抜群だし、Chris Brownのそっと囁くような純朴で透き通ったヴォーカルは目を見張るものがあります(畏怖)。「2012」はAdonisが制作(Co制作をKevin McCall)、マッタリと柔らかに溶け合う女性の細い指先みたいに美しいシンセが、そっと絡んで解けず落ちてゆく幻想スロウでグッド(溺)。「Biggest Fan」は久々のThe Runners制作(Co制作をThe Monarch)で、ここではそれこそ元Rich GrilのSevynのBack Vocalが効いていますね(絶妙)。真夜中の都市をぼんやり照らすネオンみたいな優しく淡い音色が美しく、でもそんな中でも熱く迸るような感情が洩れるのがまた悩ましく曲線的。Polow Da DonとJason "JP" Perryが共同制作した「Sweet Love」、時折ザザザザとギザギザに尖って響く引きずりシンセのメロディが、散々愛し合った昨夜のベッドを思い出す感覚と重なって余計にエロい甘美なベッドチューン。Tha Biznessが制作でKevin McCallが客演参加した「Strip」も巧い作りで、バキバキと氷柱をへし折るようなクリアな尖りビートと、指スナッピンでいきなり速度をロウに落とす(音数も落とす)感じ、でKevin McCallがラップで斬り込んでくるタイミングと全てナイス。「Stuck On Stupid」はあのBrian "BK" Kennedyが制作を担当(Co制作をDante Jones)、雄大かつ荘厳なピアノバラードはまるで大地を颯爽と駆け抜ける風のよう、そこにChris Brownの宙に叫ぶ様な清廉なヴォーカルが胸に沁み入り涙へと温度を変える素晴らしいバラード(感動)。またもやPolow Da DonとTommy Hitzが共同制作した「4 Years Old」は、繊細なストリングスの美しい人生歌でアコースティックで温もりあるトラックにジーンと来ます(響)。再びBrian "BK" KennedyとBoi-1daが共同制作した「Party Hard」もどこか澄んでいて清らかなメロディが印象的、そのままChris Brown制作の「Cadillac (Interlude)」に流れ込み、ここではSevynが正式に客演参加。サクサク爪弾き奏でるアコースティックギターの弦音から一転して電子音を爆発させて眩く輝くSFダンスチューン「Don't Wake Me Up」、制作はBenny & Alle BanassiとFree School(Co制作をBrian Kennedy)。この曲にも正直ヤラレていて、完璧スプラッシュ弾けるエレクトロなんだけれどどこかフォーキーさも仄かに残していて、そこにどこか憂いめいた繊細なChris Brownの咆哮が重なり、変にエモーショナルな気分にさせられるんです(刹那)。Sabrina Antoinetteが客演参加した「Trumpet Lights」はPolow Da Donが制作(Co制作をJerome "J Roc" Harmon)、四方八方に飛び散るスライムビートがヘンテコで面白くこのジャングルビートでは手も足も出ず跳ねるだけ(踊疲)。とここまでが本編の内容で、あとは国内盤のボーナス曲に。引き続きPolow Da Donが制作(Co制作をJerome "J Roc" Harmon)の「Tell Somebody」、これもひんやりスムージーな清涼感あるシンセが広がってゆくスロウでドリーミーに揺らめく。「Free Run」はまたもやThe Underdogsが制作、湧き水みたいに透き通った潤いたっぷりなメロディにゆっくりとChris Brownのファルセットが浸透するポップバラード。Free SchoolとChris Brownが共同制作(Co制作をJonas Jeberg)した「Remember My Name」はSevynが客演参加、H-Money制作の「Wait For You」はピコポコとカラフルな風船みたいな電子音が飛んでゆく様なメロディ、R.A.P. 1220なる人物が制作の「Touch Me」もSevynのキュートでポップ系なヴォーカルがナイス、最後を飾る「Your World」はThe Messingers制作で爽やかで壮大なポップミッドに。

やはり音楽的才能は確か、しかも前作『F.A.M.E.』より本作『Fortune』の方が数倍良かったですね(正直)。こういうエレクトロというかポップサウンドを身につけてのChris Brownは最強になっている気がする、この路線をUsherも『Raymond Vs Raymond』(というより『Versus』?)『Looking 4 Myself』と取り入れてますが、やはりこの手のサウンドだとChris Brownに劣る気がします(困惑)。これでもっと大人になったらなーとつくづく思う、どれだけ音楽が良くてもやっぱり少しマイナス点が入る、かな。でも本作は良かった、Chris Brownの魅力が充分に発揮されていますね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment