RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Curren$y「The Stoned Immaculate」
FRxf6.jpeg

素晴らしいMixTapeを量産し続けながらも、メジャー配給でも全くクオリティを落とさずに作品をドロップし続ける、Curren$yの通算四作目となる『The Stoned Immaculate』を御紹介。といってもWikiで調べるとどうやら八作目のスタジオ作品らしいけど、僕の数えでは四作目の筈(プレスされているか否か)。最近では自身のレーベル“Jet Life Recordins”も設立し、多くの有望な若手を抱える立場となっているCurren$y、どうやらビジネスマンとしての手腕もありそうで将来が本当に楽しみ。
という訳で前置きはここいらで止めておいて内容を・・・・・・まずは小雨が降り煙立つような、虚ろな潤いが辺りを包み込む煌びやかな退廃的幻想スロウ「What It Look Like」でしっとりと幕開け。制作は僕の大好きなB!nkという事で納得の美しさ、客演にWaleを迎えているのですがここ最近でのWale仕事(彼のソロも含めて)の中でも群を抜いて良い出来映え。この艶やかなスロウの中で飛行船の様にプカプカと浮かび上がるCurren$yのフロウが最高にイルで、聴いているだけで骨抜きになってグニャグニャと平伏してしまいます。不規則にパラパラと崩れ落ちる硬質ビートと、マーブル模様でメルティな甘い電子音がメロディを伝い滴る「Privacy Glass」はRashad制作。ふんわりとバックで聴こえるハンドクラップもイイ感じで、じわじわと鼓膜に浸透する真水メロディが心地良いです(目暈)。Young RoddyとTrademarkのJet Life軍団が揃い踏みの「Armoire」はMonsta Beatz制作曲、民族音楽みたいな武骨で荒削りなシンセのざらつきと殴打ビートが突き刺さる粘様性の高い一曲で、全員がスモーキーで毒々しいフロウを充満させるのであっという間にハイになりますね(昇天)。シルキータッチなスベスベした艶っぽいシンセが魅惑的な「Take You Three」はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作を担当、しかも客演にはMarsha Ambrosiusが参加という素晴らしい演出。そっと灯るキャンドルの灯りみたいなささやかで官能的な揺らめきにもう骨抜き間違いなしで、そこにビタースウィートなMarsha Ambrosiusのヴォーカルがふんわり芳しく香り、Curren$yのまったりバターみたいにとろける甘美な浮遊フロウもナイス過ぎる(鳥肌)。The Futuristiksが制作を担当した「Showroom」は、オンボロ宇宙船に乗って、時空の歪へとゆっくり吸い込まれてゆく様なトリップ感の味わえるソウルフル且つSFなスペイシー曲。The Innovators制作の「Capitol」では2 Chainzが客演参加、ヒュイヒューと流星のように飛び抜ける笛音が滑らかで、レイドバックしてまったりと燻らせる煙たいフロウの絡まり具合が最高にカッコイイ(痺)。ブカブカでルーズに浮ついたゴーストシンセが漂うドロドロスロウ「No Squares」はThe Futuristiksが制作を担当、Gerard Marino「Death Of Kratos」を下敷きにした悪魔的にダウナービートに紛れて、朧げに出現するWiz Khalifaも加わる事で余計に怪しさは倍増します(妖術)。Monsta Beatz制作でZAC「No Boca Do Sol」ネタ使いの「Sunroof」は、Corner Boy Pが客演参加。曇った空の切れ間からサンシャインが降り注ぐような、屈折した光の三原色みたいなトラックがナイス。「Chasin' Papers」はPharrell Williamsが単独で制作&客演で参加、Five Stairsteps「Ooh Child」をネタ使いしたブツ切りな声ループとボコスカビートは毎度のように面白くて鼓膜にこびり付くし、少しエフェクト加工し蜃気楼みたく揺らめくPharrellのスムージーで甘酸っぱいヴォーカルもやっぱりナイス隠し味。再びJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作を担当した「That's The Thing」ではEstelleが客演参加、御伽話みたいにキラキラ眩く輝くラグジュアリーな美メロウでバッチリお洒落にキメてくれています(紳士)。Tone Pが制作した「Chandelier」はベース弦の野太くて燻し銀な響きがファンクネスを増幅させるブルージーテイストな一曲で、灼ける様に熱いバーボンみたいなアルコール度数高めのトラックが鼓膜を焦がして酔わせます(泥酔)。「Fast Cars Faster Women」ではなんとあのDaz Dillingerが制作&客演で参加、Curren$yとは好対照にザクザクと尖って鋭いDazの援護射撃が素晴らしい化学反応を起こしています(奇襲成功)。最後を締め括るのはBig K.R.I.T.が制作し、Wiz Khalifaと揃って援護射撃する「Jet Life」。もうこれは言うまでもなく相性抜群で、泥臭くてファンキーなぬかるみトラックで全員がスモーキーなラップを宙に浮かべます。

まあ、僕自身がCurren$yのファンなのでやはり本作もヘヴィーローテーションしています。これまでの作品同様にスモーキーな作風は貫いていて、そこにハマれなかったらきっとずっと好きになれないだろうという危険性もありますが(笑)。そんな中でも本作は比較的にいろんなProducerやゲストと絡んでいますし、より多くのリスナーに聴き易い一枚になっているのかもしれません(予想)。このイラストジャケットも他と一線を画していて好きなんですが、そろそろCurren$y自身が写ったジャケットも個人的には見てみたい。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment