RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Internet「Purple Naked Ladies」
Purple Naked Ladies

Syd Tha KidとMatt Martiansによる男女デュオ、The Internetのデビューアルバム『Purple Naked Ladies』を御紹介。彼らは御存知、Tyler, The Creator率いる音楽集団OFWGKTAの一員、という事で本当に得体の知れないOFWGKTAの面々の幅広さを痛感しますよね(恐怖)。シンガーでもありProducerでもあり軍団のDJでもあるというSyd Tha Kidと、ProducerでありイラストレーターでもあるらしいMatt Martians、いやはやどれだけの特技を持っているんだと驚くばかり。本作は最初はデジタル配信のみされていて、ずっとCD化されないかと期待していたんですが、すぐとプレスされたので素直に喜んだのを覚えています。という訳で否が応にも期待と邪推が高まってしまう本作、紫のトーンで静まり返ったキッチンのジャケットもなんだか不思議な魔力を放っています。
それではちょっとだけ中身について無意味に語らせてくださいね・・・・・・まずはThe Internetが制作を担当した「Violet Nude Women」で幕開け、冒頭からインストで始まる辺り、やはり一筋縄ではいかない(笑)。ミステリアスで不気味に一歩手前なソワソワ系のシンセがざわつく。そんな中で遠く彼方からヒラヒラと、幽霊チックな声が響いてくる。「They Say」もThe Internetが制作を担当し、男性シンガーのTay Walkerが客演参加。硬質なビートにプカプカと所在無さげに浮遊する海月みたいなぼやけシンセが妖しくて魅惑的、しかし底辺にあるメロディラインはしっかりした古典的マナーを則り、意外と順直なソウル路線だったりする(趣深)。それもこれも囁くように滑らかなSyd Tha Kidの顔に似合わぬ(失礼)パフューム声と、Tay Walkerの程よく太く端正なヴォーカルの賜物。そぞろでおどろおどろしいゴーストシンセの中で、キラキラと光を受けて輝くスノウダストみたいな電子鍵盤音が繊細で美しい「She Dgaf」。気だるくどこか虚ろなSyd Tha Kidの歌声が、The InternetとFrank Ocean(!)が共同制作したちょっぴりジャジーな感覚のサウンドでゆったりと絡みつく、虚脱感たっぷりなミッド。「C*nt」はThe Internet制作、Interlude的な一曲ながらやはりその毒気のある酩酊サウンドが印象的で喰らいます。The InternetにLeft Brainが制作&客演で参加している「Cocaine」は、どことなく微量に中華風なメロディ使いが癖になる飲茶シンセチューン。「Ode To A Dream」はPyramid VritraとThe Internetの共同制作で、早くもシーン要注目人物となっているKilo KishとCoco O.が客塩参加。やはりここはサイボーグチック且つコケティッシュなKilo Kishのメタリックで華やかなラップが魅力的で鼓膜から離れない(虜)。Pyramid Vritra参加の「Gurl」はMatt Martians制作、なんというかブクブクと音を立てながら濁流の中を飲み込まれ流される様な感覚に陥る。Syd Tha Kidのシンガーとしての柔らかさや色香をひしひし感じて痙攣してしまう「Love Song -1」はFrisco制作、およそ一分半の短い曲ながらかなり官能的で濃密なトリップ感に溺れる、背筋を舐める様なエロティズムが充満して漏れている極上スロウ。Matt MartiansとLeft Brainが共同制作し、そのLeft BrainとMike Gが援護射撃する軽快な電子鍵盤がザクザクと散乱する「Lincoln」は、どことなくOutKast的なテイストを感じるミニマルな宇宙ファンク。仄暗い水の底に沈みながら、意識の遠退いてゆくのを感じる「Web Of Me」はFriscoによる制作。ズカズカと無愛想に叩く歪んだ硬質ビートに、まるで散文詩のようにポツポツと零れるシドの艶やかで冷たいヴォーカルが所々で青カビみたいに膨張する摩訶不思議なネットリスロウ(骨抜)。やんわりじっとりと吐息混じりなシドのヴォーカルが悩ましく官能的に纏わり付く「She Knows」、制作はMatt MartiansとLeft Brainの共作。人肌らしい生温かなメロディに、機械的でフューチャリスティックなピコポコ電子音がちくはぐなんだけど、なぜかそのうちに骨抜きハイにさせられる妖艶ミッド。華美で鮮やかなピアノ鍵盤の曇った音色が心地良く浸透する「Fastlane」はPatrick the Greatによる制作、本作の中でも比較的ふわっと軽やかで爽やかなミッド。Coco O.を招いた退廃的なスロウ「Visions」、水底から湧き出るような輪郭のぼやけたSyd Tha Kidの妖しい人魚ヴォーカルが漂う「The Garden」の二曲はThe Internet制作。

いやはや、なんですかこの白昼夢みたいな微睡んだサウンド構築は(焦)。Syd Tha KidがProducerとして素晴らしいのは薄々感じてはいましたが、シンガーとしてもなかなか艶っぽさとミステリアスさが共存する魔性のヴォーカルの持ち主で驚きでした(金縛)。なんというか、The NeptunesとErykah Baduが溶け合ったみたいな感触でしょうか。こういう喩え方はアーティストに対してとても失礼だと百も承知ですが、それでも敢えて僕の印象を分かり易く表現するならそんな感じを受けました(浅)。シーンと静まり返った真夜中に、誰もいない水族館を徘徊して、水槽でプカプカ浮かぶ鮮やかな魚(一見すると綺麗な様だけど、よくよくじっくり見つめるとグロテスクに感じてしまう)に見入ってしまう様な、そんな緊張感と幻想感が溶け合ったドリーミーな一枚。コレ、下手するとFrank Oceanのデビュー盤よりも優れているという称賛も浴びかねない、なかなか美しく前衛的な一枚かと思います(誉)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment