RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

8Ball「Life's Quest」
MlZuP.jpeg

8ball & MJGの片割れで巨体の方、8Ballのソロ通算七作目となる『Life's Quest』を御紹介。MemphisはTennesseeを代表する凶暴デュオ、勿論二人揃っては大好きで何枚か所持しているのですが、8Ballのソロ作品を買うのはコレが初めて。全て欲しいんですが、これがなかなか近くのCD屋ではそう置いておらず、本作もAmazonで購入しました。しかも発売されている事さえ知らなかった、これもTwitterしているおかげ(情報源)。本作はインディレーベル大手のE1 Musicからの配給、良い仕事しますなE1。
という訳で前置きはこのぐらいにして中身をスラリと紹介・・・・・・まずはKeelyn Ellisなる男性シンガーが制作と客演をこなしている「Indestructible」でしなやかに幕開け、これが冬に草木におりる霜のようにヒンヤリと儚く冷たく輝くような、繊細なピアノ鍵盤の音色がポロポロと零れるシルキーな一曲でもうたまらない(卒倒)。そんなスベスベしたトラックに溶け込む8Ballの少しゴツゴツした(でもゆったりと落ち着いた)無骨なラップが最高、加えてKeelyn Ellisの少し鼻にかかったアンビエントでトロトロな溶け声が抜群に美味い。「This That」はDJ Montayが制作で、男性シンガーのSingaが客演で参加。カラフルで煌びやかなストロボシンセが瞬くお洒落でスマートなミッドはスウィート、その上を8Ballの雷鳴声がふんわりと微睡んでコーティング、そして程よく甘酸っぱく加工されたSingaの清涼な歌声が素敵なスパイスになっております。南部の最重要人物に目下格上げ中のBig K.R.I.T.が制作を担当した「We Buy Gold」、そのBig K.R.I.T.と8Ballの永遠の相棒であるMJGが揃って援護射撃。Big K.R.I.T.らしい燻し銀で激渋な漆黒ソウルフルなメロディが溶ける美しい一曲で、こういう艶やかでメロウなトラックでもバッチリとカッコ良くラップを撃つ巨躯8Ballは勿論、けして優男でない骨太なBig K.R.I.T.とMJGもキッチリ混ざってビタースウィートな仕上がりになっています、やはり8Ball & MJGの揃い踏みには鳥肌が立ちますね(失神寸前)。Cory "LC" Rayfordが制作&客演したチキチキと機関銃を撃ち放つドロドロサウスチューン「Gothatway」は、8Ballが持ち前の怪物声でおどろおどろしく唸りを上げ、じわじわ火炙りにされている感覚に陥るダウナーな一曲。鉄板な仕事っぷりが売りのChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作を担当した「Don't Bring Me Down」では、突如として売れっ子となり引っ張りだこな2 Chainzが客演参加。絢爛で美しい装飾を施したシャンデリアが粉々に砕けて堕ちる様な、シャラシャラとした電子音の散るループがシンプルなだけにハートに降り積もって溺れてしまう(中毒)。最後にぬめっと入り込む2 Chainzもやはり面白い味出していて、あの咳き込む感じなんかハマってしまう(笑)。Rihanna意識かと思わせつつ全く違い、巨大な象がのしのしドシンと地面を踏みつけ粉砕するような野太いホーンビートが効いたGood Girl Gone Bad」は、Aramis "Red" GentryとDwayne "Duprano" Martinが共同制作。再びDrumma Boyが制作を担当した「Touch」では8Ballが低く囁く様に歌うフックが絶妙で、ブルージーに舞い上がるギターの爪弾きメロディがなんともスパイシーでセピア色の情景を思わせるナイス曲。「The Price」はCharles "Chawly Proppa" Holmesが制作を担当し、Ebony Loveなる女性シンガーを客演に招いております。これが蝶がひらひら舞いながら鱗粉をキラつかせる様な、キャンディーみたくほんのりと甘いスウィートシンセを散りばめ、Ebony Loveのコケティッシュなヴォーカルをザクザクカットしたフックも効いたメロウチューン。こういうトラックでも8Ballは魅力存分で、かえってそのグリズリー声との好対照さがコントラストを濃くしていますね(策略)。本作のハイライトとも言えるのが、あのAngie Stoneが客演参加した意表を突くコンボ技「Life's Quest」でしょう。Angie Stone召還なのですがそこは生音ソウルなトラックでなく、意外にもヒンヤリと冷たい宇宙空間を遊泳する様なシンセ駆使の一曲で、ピコポコ音にふわふわな泡シンセをくっつけて角を丸めたメロウチューンは流石はDrumma Boyといった仕事ぶり(拍手)。8Ballのドスの効いたグリズリー声に、Angie Stoneのコクと深みのある焙煎カフェインヴォーカルがよーく似合うんです(感涙)。「Lucky's Theme Song」はRoger "Mista Raja" Greene Jr.とYusef "Sef Mill" Alexanderが共同制作、ほど語り状態の8Ballがカッコイイですね。「You'll Never Know」は再びDJ Montayが制作を担当、ブルース調に哀愁たっぷりで爪弾くアコースティックギターの音色を、ポカスカと乾いたパーカッションが霞めるフォーキーな一曲。最後を締め括るのは元112のSlim(元Bad Boy Records所属の縁かな)が客演参加した「Good Days」、制作はDewayne "Duprano" Martinが担当。まるで雨上がりみたいにスッキリ晴れやかで眩しいばかりの和みメロウで、燦々と輝き照るようなSlimの爽やかでクリアなヴォーカルが乾いた鼓膜をゴクゴク潤すナイススムージーな一曲に。

思った以上にR&B寄りでしなやかジェントルなメロウ曲が多くて驚き、ジャケットの厳ついア表情からも、もっと重低音のドスドスと効いた爆弾曲が多いかと思ったのに(意外)。あれ、これはもっと話題になっても良い筈な隠れ名盤ではないでしょうか(疑問)。最近のRick Ross作品が好きな方なら、もしかしたらハマれるかもしれない可能性を秘めている一枚。しかし僕の再生回数は、Rick Rossよりも8Ballの方が少し多かったりします、かなりスルメな一枚で噛めば噛むほど味が出る的な一枚かな。強面なジャケットとは裏腹に、かなりメロディエッセンスの効いた滑らかな一枚で、(良い意味で)さらーり聴き易いんじゃないかと思います(薦)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment