RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

JJ DOOM「Key To Kuffs」
11292.jpeg

Jneiro JarelとMF DOOMで結成された強力デュオ、その名もまんまなJJ DOOMのデビューアルバム『Key To The Kuffs』を御紹介。MF DOOMといえばあの鉄仮面を被った(Metal Faceの略でMF)謎のMC、といってもKMDというグループでZev Love Xという名で活躍していた人物。そのMF DOOMがアングラで活躍している実力派ProducerのJneiro Jarelと手を組んだのがこのJJ DOOM、最近はこういう合体企画が多いですね、でも僕は結構楽しめているのでこういうの素直に好きです(照)。とはいっても両者共にしっかりと作品を聴くのはこれが初めて、MF DOOMはずっと気になっているんだけれど、付近のCD屋では全く見かけないんですよねー(田舎)。
それではザックリと適当な感想を書き連ねてしまいます・・・・・・まず全曲の制作は当然とJneiro Jarelが担当し、ひたすらMF DOOMがマイクを握るという戦法を執っています。スクラップ鉄工場が稼働し始めたようなガチャガチャ音がこだまする「Waterlogged」でまずは幕開け、このトラックだけのイントロでもう一気に彼らの歪で尖ったソリッドな音楽世界へと迷い込んでしまいますね。そして崩れかけたバラバラな瓦礫音を万華鏡のようにクルクルと回転させて朦朧とさせる「Gov'nor」、MF DOOMの重たくてズルズルと引きずる様なフロウが屈折しながら侵略するグラグラチューン。湿地を素早く這うモンスターみたいな、悪魔的な歪んだ電子音をバウンスさせながら速攻する「Banished」も恐ろしい。ロック寸前な重圧的にメロディがザクザクと斬りかかる感覚、でもMF DOOMの鈍器みたいなラップが鈍さを際立たせて不思議な感触に変化させてる。MF DOOM得意の変則的で字余り的なベコボコビートが乱打される「Bite The Thong」は、BlurのDamon Albarnが客演参加した異色曲。捉えようの無いこの不規則ベクトルなシンセの突き刺さり方がなんともエグい、串刺しビートで怪物みたいな不穏なMF DOOMのラップがギラギラ光っています。それに比べるとベタベタな電子鍵盤のメロディ展開が耳に残る「Rhymin' Slang」を切り出し、正当にリズムに乗っかり繰り出すラインがカッコイイ。ベッタリねっちりなラップで変化を効かせた「Dawg Friendly」はMF DOOMのラップ巧者ぶりを遺憾なく発揮、ブレス無しでカクカクしたラップを組み立て、バキバキな打撃音と猛獣の唸りを混ぜ込んだ不穏な一曲、最後を霞んだドラムビートでサクサクとスイッチする辺りが憎い。ぼうーーんぼうーーんと遠くで低く唸るホーンの機械的なメロディが、まるで重油みたいなベットリドロドロな感触を生み出す「Borin' Convo」。ギター弦とストリングスを多用しながらも、美しさ皆無で凍てつき悲壮な後味だけが残る「GMO」。工場の中の音をそのまま録音しトラック構築した様な、電光石火なスピードチューン「Bout The Shoes」ではBoston Fielderのヴォーカルを大々的に起用。そのBoston FielderとMuthawit Orchestraがストリングスを担当した「Winter Blues」は、そのストリングスの上から心臓が脈打つ様な生々しいドクドクビートが被さる、血腥く滑らかなミッドチューンでやはり毒がある。僕的に本作一番の注目曲は、あのKhujo Goodieが客演参加した「Still Kaps」で決まり。Khujo Goodieのせいか、この感覚はやはりどこかOutKastっぽい冷たい惑星チューンといった趣に感じてしまう(笑)。歯車が軋みながら奏でるような工場シンセが犇めき合う「Retarded Fren」、ブブブブンと跳ねるビートに光芒のようなメロディが冴えるインスト「Viberian Sun Part II」、プーンプーンとTVゲームみたいなチープな電子音が弧を描いて空に消える「Wash Your Hands」と、最後まで一筋縄ではいきません。

絶対的に聴くべき一枚、という訳ではないけれど、巷ではこれがドープともてはやされるのでは(憶測)。どこまでも歪んだピッチでのたのたと進むゾンビチューンの連続、でもMF DOOMの曇りフィルターがかった不穏なラップがそれを際立たせ昇華させているのが分かります。一曲一曲が短いですし、正直モノ足らなさがありますが面白い一枚である事に違いはありません。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment