RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Kanye West Presents Good Music Cruel Summer」
good-music-cruel-summer-cover.jpeg

もはや世界のトップスターへと登り詰めたKanye West、そのKanye West率いるレーベル“G.O.O.D. Music”初のレーベルコンピ『Cruel Summer』を御紹介。彼がデビューした時にここまでビッグになるとは、正直想像もしていませんでしたね(驚嘆)。今じゃ押しも押されぬ大レーベルと化しつつあるG.O.O.D. Music(ちなみに“Getting Out Our Dreams”の略称である)、若手もベテランも含んだラインナップはやはりKanye Westの持つ強烈エゴに惹かれた結果ではないでしょうか。と書きましたが、現時点でG.O.O.D.に誰が所属しているのかがちょっと分かりません(公式サイトは何処?)。Commonって今は離れていましたっけ、そんなレベルです(苦笑)。しかしこのジャケットは某コーヒー販売店のロゴに似ているとか揶揄されたりしていましたが、僕は結構好きです。
それでは簡単になりますが内容について触れますと・・・・・・まずはあのR. KellyとKanye Westが初共演した「To The World」で幕開け、制作は脂が乗りまくっているAndrew "Pop" Wanselが担当。雪の結晶みたくキラキラ透き通ったシンセが揺らめくクリスタルチューン、強烈なビートと流麗なストリングスも混ぜ込んでとっても凝った作りに。そんな中で一際輝くのはやはりR. Kellyのエフェクトかかった壮大な歌いっぷり、全てを飲み込むダイナミックで神々しいヴォーカルが冴えます。若手注目株のHit-Boy制作の「Clique」ではBig Seanに加え、帝王Jay-Zまでも参加する徹底ぶり。毒々しいブワブワと膨張したシンセが浮遊するウイルスチューンで、その退廃としたビートの中でマイクを回す三人(特にスピード強弱を駆使するJay-Z)が曲者感満載でカッコイイの明らか。本作からの先行カットとなったのが「Mercy.1」でLiftedが制作を担当、Kanye WestにBig SeanにPusha Tに2 Chainzがマイクを回す濃厚G.O.O.D.チューン。神経質で危険極まりないピアノ線みたいなシンセがほろほろと崩れるヒリヒリした感触トラックに、じっと睨みつけるような全員の気迫が滲んで伝わる一曲。Kanye West制作(Co制作にBoogzとTapez)の「New God Flow.1」ではKanye West、Pusha T、そしてGhostface Killahが客演参加。サンプリングにGhostface Killah「Mighty Healthy」やG.I. Townsend「Sermon Fragment」なんかを使用していて、ピアノ鍵盤の悲しみを帯びた激動のメロディとバシバシとしばく硬質ドラムスが荒ぶるダークでファンキーな一曲。Pusha TにCommon、2 Chainz、Cyhi The Prynce、Kid Cudi、D'Banj、そしてまたもやWu-Tang ClanからRaekwonが参加した「The Morning」はCraig BalmorisとJulian Nixsonが共同制作、Alan Jay Lerner & Frederick Loewe「Get Me to the Church on Time」をサンプリング。スカスカな空間に点滅するピコピコ音がイルでサイバーでクールな感触を生んでいて、その宇宙空間の中でキレキレなラップをかます面々がナイス。Kanye West主演の「Gold.1」は職業不明な(笑)DJ Khaledが参加、光線みたいに眩しく闇を切り裂く電光シンセチューンの制作はHit-Boy。引き続きHit-Boyが制作したアラビアンテイストも織り交ぜたオリエンテッドな「Higher」では、Pusha TにMa$eにThe-Dreamという異色過ぎる組み合わせが実現。全員が鼻から抜けるようなヤワヤワで(良い意味で)府抜けたヴォーカルの持ち主で、煙を燻らせたようなヘロヘロな蜃気楼メロディがなかなか癖になる一曲。Travi$ Scott制作の「Sin City」はそのTravi$ Scott当人に加え、Teyana Taylor、Cyhi The Prynce、Malik Yusef、そしてJohn Legendをラインナップという濃い人選。ダーティで歪んだ殺伐ビートの中で艶やかに舐め上げる様なTeyana Taylorのヴォーカルがかなり効いている、ゾンビチックにじわじわと迫り来る腐敗臭漂うビートがかーなーりカッコイイ。Kanye WestにBig Seanに2 Chainz、そこにMarsha Ambrosiusという華を添えたピアノ基調の繊細バラード「The One」、制作はまさかのMannie Freshが担当(Co制作にはAnthony Kilhoffer)という事で本当に腰抜かす程の驚き。Dave & Ansell Collins「Double Barrel」をサンプリングした壮麗なメロディが可憐で美しく、そんなドリーミーなメロウの中をゆったりと泳ぐ三人のラップと、Marsha Ambrosiusの穏やかでフローラルな歌声が堪らない(恍惚)。Dan Black制作の「Creepers」はKid Cudiの独壇場、陽光みたいに燦々と輝く壮大なメロディの上を転がるKid Cudiの歌う様なラップが心地良い一曲。Hudson Mohawke制作(Add制作にMike DeanとAnthony Kilhoffer)の「Bliss」は、Teyana TaylorとJohn Legendのデュエット曲。最初はこの手合わせを見て不安を感じたのですが、星空みたいに冷たさと煌びやかの混ざったスムージーなメロディに、Teyana Taylorのふわっと吐息に近い滑らか悩殺ヴォーカルがなかなか綺麗で素敵な仕上がりでした(意外)。最後を締め括るのはKanye WestにPusha TにBig Sean、そして若手Chief KeefとベテランJadakissという振り幅の広い人選を施した「Don't Like.1」、制作はYoung Chopが担当でG.I. Townsend「Sermon Fragment」をまたもやサンプリング。やっぱりサウンドは格別に違うんだよなー、そして最後に奇声を発して斬り込むJadakissの鋭さがナイス。

本当にいちいちカッコイイ、それは浅はかな僕も認めます。でもなんというか、Kanye Westがガッツリ関与すると面白みは薄れるというか、あまりに完璧に構築し過ぎてて僕の想像できる遊びの部分(余白みたいなもの)が無くて、それでそれほどまでのに楽しめないって感じになります。とまあ、そんな感想を書いている時点で浅はかなんですよね、猛省します(笑)。従来のHip Hopとは一線を画す徹底した美術的サウンド、という訳で昔ながらのHip Hop愛好家ほどハマれないのではないでしょうか(憶測)。G.O.O.D. Musicに関わらず参加したゲスト陣も豪華ですし、聴き応えは抜群にありますね、まあ当然の話ですが(苦笑)。でも僕はKanye West信者にはきっとならない、それはずっと思っています。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment