RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Grenique「Grenique」
Black Butterfly 1

Motownが送り出した1999年の隠れた秀作、Greniqueのデビューアルバムにして唯一のアルバム『Grenique』を御紹介。僕は全くGreniqueの事を知らずにこれを購入、だってこの俯き加減の表情で綺麗なのが伝わって来るじゃありませんか(結局)。とまあ、僕の美人好きも確かに購入のキッカケではあるのですが、実はコレ、Motownの社長に就いた当時のKedar Massenburgが輩出しているのですよ(狂喜)。という訳でExective ProducerはKedar Massenburgが担当しており、それだけで僕はすんなり購入したという訳です(素直)。
それではかーなーり薄いのですが内容について感想を書き書き・・・・・・まずはGerald Isaacが制作を担当した「Black Butterfly」でクールな滑り出し、アコースティックギターをビンビンと爪弾きアクセントにした好ミッド。これがGreniqueの魅力を見事に表現した一曲で、それこそ彼女の凛としていて高貴で気品のあるヴォーカルは黒い蝶のよう(虜)。この曲も生音を使いながらもどこかエッヂのあるサクサクしたミッドで、Greniqueのけして甘過ぎないビターな歌声にピッタリ。ポワポワとシャボン玉のようなメロディが浮かぶ華やかなミッド「Let Go」、Dahouldが制作を担当しているのですが、特筆すべきはBack VocalにあのBilal Oliverが参加している点です(強調)。この大きな曲線を描きながら上下する華美メロディに、ちょっぴりキンキン寸前なファルセットでシャウトする“あーあー♪あーあー♪あーあーあー♪”フックがたまらなく心地良い。「Star Of A Story」はまさかのChico DeBargeが制作を担当(KeyboardsではEl DeBargeまで参加)、夜の帳が降りた後に草木を濡らし輝かせる露のような、そんなちょっぴり冷たくも儚く潤んだメロディ&ヴォーカルがナイスなSade風のねっとりスロウ。再びDehouldが制作を担当(ソングライトとBack VocalにBilal Oliver)した「You Say」は、ベインベインと低く唸るベース弦のまどろんだ音色と、ウィスキーみたいに芳醇な香りと悩ましい輝きで魅せる、いまにも溶けて消えそうな官能的な愛液メロディがたまりません(酩酊)。「Trials And Tribulations」はEddie "Gypsie" Stokesが制作を担当、砂漠をひたすら歩く様な蜃気楼チックなぼやけたメロディの輪郭に、どこか枯渇したように震えるGreniqueのヴォーカルが妖しい魅力を放つミッド。またもやDehouldが制作を担当した「Anything」は電子鍵盤のパラパラと降り掛かるような雨音メロディがロマンチック、Greniqueの幾重にも重ねたヴォーカルがヒラヒラとはためく感触もマッタリと美しくてウットリなJazzyチューン。再びGerald Isaacが制作を担当した「Should I」はホーンのべったりとした音色が喘ぎ声の様に悩ましげに響き渡る、闇夜に吸い込まれるように朧げに消え入る月光のような艶っぽさ。その路線をそのままシームレスに繋いだムーディーな極上スロウ「Love Within」はDehould制作、ゆらりはらりとほどけて堕ちるようなGreniqueの情熱的な歌声にうっとり骨抜き。Eddie "Gypsie" Stokes制作の「Wonderland」も汗かいて濡れたグラスをじっとり撫でる様な色香が漂い、Vada Nobles制作の「Disco」はちょっぴり荒削りな電子音がチクチク痛い硬質ビートダウナー。最後を飾るのはなぜかインスト版の「Should I (Jazzapella)」、まあナイススムースなトラックなんで心地良いですが。

うーん、どうしてこれだけの高水準で仕上がったのに、たった一枚のみで消えたのか(不可思議)。“売れる”という事はなんと難しい事、とかウジウジ考えてしまうぐらいに僕はお気に入りの一枚。確かに突出した一曲ってのはありませんが、だからこそ一枚通してじっくりゆっくり味わえるし、すごく収まりのイイ秀作ですよ(念押)。黒アゲハ蝶みたいな空気を醸し出している魅惑の一枚、可愛過ぎず、といってタフ過ぎずに揺らめき、でもクール(難解)。結構、艶っぽいミッド&スロウが多いのだけれど、Greniqueはそこまでエロスを感じさせない、これが果たして良いのか悪いのかが分かりませんが(迷)。言っている事は毎度と意味不明ですが、とっても潤滑にして高潔なソウル盤、しかもルックスが綺麗です(執拗)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment