RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2 Chainz「Based On A T.R.U. Story [Deluxe Edition]」
dWC9y.jpeg

MixTapeで人気を博しその後に様々な客演に引っ張りだこ、人気赤丸急上昇の2 Chainzのソロデビューアルバム『Based On A T.R.U. Story』を御紹介。この2 Chainzは元々、Ludacris率いるDTPに所属したラップデュオのPlayaz Circleの片割れであるTity Boi。という訳で僕は結構Tity Boiで覚えてしまっていたので、近年になって2 Chainzとして出現し始めた時は、彼だと知りませんでした(驚)。あと、結局2 ChainzはKanye West率いるG.O.O.D.のメンバーなんでしょうかね、濃く絡んでいる気がしますがよく分かりません。しかしこの二本の金チェーンが輝くジャケットのデザインを担当したのは、Kanye Westが設立したデザイン会社“DONDA Design”が担当したらしいです。
それではザックリぼそぼそと感想を書きますと・・・・・・まずはLil Wayneを客演に迎えた、StreetrunnerとMatthew Burnetが共同制作した「Yuck!」で幕開け。コチコチに硬い鼓笛ビートと、きりきりとつんざめき響くストリングスの上を転がる2 Chainzのもさいフロウと、Weezyのヘロヘロと不気味に垂れ落ちるフロウの掛け合いがなかなか絶妙。続いてはSouthsideが制作を担当した「Crack」、チュクチュクなスクラッチ音とゴーストシンセをぞわぞわと漂わせた腐敗ビート。奇天烈なビートを開発するBangladeshが制作を担当した「Dope Peddler」は、子供っぽいメロディと声部分をループさせてちょん切ったチープさが輝く凸凹チューンで面白い。Mike Will Made Itが制作(Co制作にはMarz)の「No Lie」はDrakeが客演参加、これまた不穏でダークなおどろどろしい電子メロディでDrakeにお似合いでちょっと喰われている気も。本作からの先行カットされたのは「Birthday Song」、Sony Digitalが制作でKanye Westが客演(Co制作にも)で参加。本作を語る上ではこのシングルは重要で、全体を纏っている死神的なサウンドの雰囲気はこれと同様のタッチのものばかり。つまりこれに嵌れなかったら、このアルバム自体を気に入るのも難しいのではないかと(懸念)。Dijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作を担当した「I'm Different」は、ピアノの甲高い鍵盤音が真っ暗闇の中でコツンコツンと壊れて落ちる、やはりダークで静寂を基調とした一曲。Terius "The-Dream" Nashが制作&客演した「Extremely Blessed」はやはりThe-Dreamのぼやけた艶やかな幻想世界が広がるマッタリスムージーなメロウで、真夜中に月明かりだけを頼りにバスタブに潜るような、そんな密室感とウェットなシンセの音使いがたまらなくグッド。YoungStarr Beatzが制作を担当した「I Luv Dem Strippers」ではNicki Minajが客演返し、うーんまあ可もなく不可もなくで拍子抜けな印象は拭えないか(辛口)。AneshaのMJB風な熱くて甘美な歌声が最高に気持ち良いんですが、客演クレジットはDolla Boyのみ(そしてDolla BoyはPlayaz Circleの片割れ)となる「Stop Me Now」はKeonとGot Kokeが共同担当。Cissy Houston「Nothing Can Stop Me」をネタ使いした燻し銀でソウルフルなトラックは最高、そしてやっぱりPlayaz Circleとしてマイクを回した方がメリハリあって良い気も。Drumma Boyが制作の「Money Machine」はスクリュー手前でストップした2 Chainzの声エフェクトと、鉱石チックな歪な輝きを放つ明滅シンセがなかなか滑らかでグッド。Mike PosnerとLil Ronnieが共同制作し、そのMike Posnerが客演参加もしている「In Town」。Mike Posnerの鼻にかかった高くてニュルっとしたヴォーカルが怪しく響くフックがナイスで、そこに2 Chainzの工学スモッグみたいなモクモクしたフロウがぼんやりじわじわ広がる感覚はナイトメア。Carlos Broadyが制作した「Ghetto Dreams」は本作の要注目、John Legendと南部の首領Scarfaceが揃って参加。重厚で貫禄のあるこの二人に対して2 Chainzは少し軽過ぎて残念ですが、Scarfaceの灰汁の強いどっしり重たいフロウを聴けるだけ幸せ。AC BurrellとPKが共同制作した「Countdown」はChris Brownが制作、トランスフォーマーみたいに電撃走らせながら形態を変える電工メロディに、これまたバキバキに電流を汲んだChris Brownの回路エフェクトかけたヴォーカルがナイス。Manoが制作した哀愁漂うギター弦の爪弾きをループさせたマイナー調の「Like Me」、Don Cannon制作でWillie Tee「Loneliness」を下敷きにしたホーン鳴り散らすソウルフルアッパー「I Feel Good」、DJ Spinz制作でソワソワ系の金縛りシンセを滑らかに鳴らす「Riot」でエンディング。

モグラみたいなモゴモゴ声のせいか、どこかモッサリとした印象を受けた一枚。スタイリッシュな面々を揃えながらも、やはりどこか蛇口から漏れ出る水みたいな庶民臭さが面白かったり。でもま、あんまり僕としては面白くなかった、一本調子でずっと聴いていると飽きるといいますか。やはり南部出身という事でトラップっぽいトラックが多いけれど、Young JeezyやGucci Maneと比べると弱い。ならばソウル路線とかエレクトロっぽい曲とかやったら、もっと面白いのかなー......うーん、わからない。次回作に期待、と言いたいけれど次はPlayaz Circleで聴きたいかな。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment