RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maino「Day After Tomorrow」
maino-day-after-tomorrow.jpeg

今や衰退しているN.Y.のHip Hopを背負う新進気鋭、Mainoの通算二作目となる『Day After Tomorrow』を御紹介。そのムキムキのマッチョ体と男臭さを兼ね備えたMaino(Yung Bergを張り倒したなんて事も)、出身はBrooklynという事でやはり東海岸を応援してきた僕としては可愛がってしまう(笑)。まあ、N.Y.が廃れたというよりも、今やワールドワイドになった音楽世界で、地域性なんて話を持ち出している僕が愚かなのだろうけど。ただデビューアルバムである前作からは「Hi Hater」がヒット、多くのMCがこぞってこの曲をジャックした事からも人気ぶりが窺えましたね。それでも、こんな風に2ndが普通に届いたのはちょっと意外でした(失言)。
それではちょこっと感想を書く真似っこをしますと・・・・・・まずはBlast Off Productionsが制作を担当した「Never Gon' Stop」で華やかド派手に幕開け、ドコスカと鳴らす打ビートと朝焼けみたいに眩く力強く照りつけるシンセ。Mainoの男臭く猛々しいフロウと、そしてJ-Sonなる男性シンガーのハイトーンな歌フックも光る一曲。「Make That Money」もBlast Off Productionsが制作を担当、ビシバシと撃ち放つギザギザな有刺鉄線ビートと全てを叩き潰す鉄槌メロディの応酬が、血気盛んなMainoの豪腕ラップと相俟って破壊力MAXになっております(気絶)。Ryan Andrews「Love Feeling」を下敷きにした「Nino Brown」は、まさかのあのD.I.T.C.のBuckwildをProducerとして召還しております(唖然)。弦音の爪弾きと笛音のしっとり濡れた朝露のような輝きを魅せる甘く渋いメロウチューンは流石、僕の愛した90年代のサウンドを蘇らせてくれたBuckwildとMainoには心底から感謝したい。またMainoの少し曇ってハスキーな声がたまらなくド渋くて、スモーキーハイな雰囲気をバッチリ醸し出しております(虜)。Mista Rajaが制作&客演した「Need A Way」はストロボみたいなファッショナブルなシンセの明滅と、バチンバチンと炸裂するビートがフレッシュで華やかな印象を増幅させるエレクトロ味濃いめのポップ風アッパー。Mista Rajaの上手くもないドローリと粘液っぽい歌フックもなかなか味があるし、Mainoの前のめりで上昇してゆくラップもカッコイイ。聴いてすぐとUsherだと思った男性シンガーの歌フックが絶妙過ぎる(どこにもクレジット記載が無い)「Unstoppable」はGorilla Tekが制作を担当、硬質な打ビートを網目状に紡いだ滑らかで眩いメロディはキラキラと美しく、華やか且つちょっぴりドリーミーなエコーがかった一曲でグッド。Push MontanaとMouseを客演に迎えた「Gangstas Ain't Dead」はA-Squad制作、The Bovys「Give Your Guns」をサンプリングしたサクサクとフォーキーでスパイシーなギターメロディが旋回する香辛料たっぷりのミッド、若くも濃いマイクリレーも聞き所ですね。続く「Cream」はRoger "Mista Raja" Greene Jr.とYusef "Set Millz" Alexanderが共同制作、しかも客演にはT.I.とMeek Millsという人気者を揃い踏みさせております(布陣)。Mainoお得意の繰り返し連呼フックを皮切りに、雄臭くて獰猛な野郎でマイクを回し暴れてくれています。Sean St.Cyerなる人物が制作を担当した「Let It Fly」では、これまた意外な起用でRoscoe Dashが客演参加。Roscoe Dashのヌメっと滑らかでナヨナヨな歌フロウが背後を彷徨い、その中でMainoがガツガツと硬派なラップをぶつける対比が面白い。Dangerousが制作でJay-Z × Beyonce夫妻、Swizz Beatz × Alicia Keys夫妻、BarrackとMichelleのObama夫妻の名前が登場するソウルフルでしっとり濡れた甘美メロウ「That Could Be Us」も超絶ナイス。大人の男女がお酒を酌み交わしてそのまま情事に耽るような、そんな艶やかでじっとり濡れたメロディが鼓膜に浸透、Mainoの柔らかくてちょっと強引なフロウもナイスだし、Robbie Novaなる男性シンガーの甘酸っぱくて切ない震えヴォーカルも素敵。The Arcade制作の「Heart Stop」はTinie Tempahっぽい電光都市サウンドがギラギラとブルーに輝くミッド、ここでも高貴で美しい女性ヴォーカルが、ダイアモンドみたいに強く輝く歌声で、イイ仕事しているのですがクレジット無し(残念)。再びBlast Off Productionsが制作を担当した「Heaven For A G」は、The Emotions「I Could Never Be Happy」をサンプリングするというこれまた僕の大好物系。ふわふわと柔らかくまろやかなスウィーティサウンドが繊細で華やか、すこし空に抜けるような淡く煙たいラップを吐き出すMainoも巧者ですねー。「Messiah」はThe Colleaguesが制作を担当、ピアノ旋律のループが悲壮感たっぷりに吹き抜ける寂寞ブルーj−な一曲。GQ Beatzが制作を担当した「Glad To Be Alive」もドラマチックに目まぐるしくサウンドが展開し、Mainoの息継ぐ間もなく畳み掛ける(語りかける)ラップが荘厳でカッコイイ。表題曲となる「Day After Tomorrow」はBlast Off Productionsが制作、Paul Rivers Baileyなる男性シンガーの伸びやかな歌声も癖になる、未来の衰退都市を想起させる荒涼感と電子回路感のコンボ曲。

各音楽サイト等を見ても、それほど高い評価は受けていないMainoの本作。しかし僕はこのMainoの持っている雰囲気、結構好きですねー。なんだかんだでやはり、MainoのやっているフィーリングはN.Y.の持つシリアスで殺伐とした空気感な気がしました(憶測)。様々な新顔Producerをまんべんなく起用しており、こうやって聴いていると“やっぱり僕はソウル系統でミッドテンポなラップ曲が好きなんだなー”と実感、New York万歳とだけ言っておきます。もっと評価されていい気がする本作、聴き易さは抜群、僕はお薦めしたいと思います(太鼓判)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment