RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monifah「Mo'hogany」
Mohogany.png

今は亡きHeavy Dのバックアップで華々しく(?)デビューした歌姫、Monifahの通算二作目となる『Mo'hogany』を御紹介。最近はR&Bシンガーが集う人気リアリティショー番組“R&B Divas”にも出演するなど、やっぱり往年のR&B愛好家が唸る実力者であることは確かですね。Heavy Dの亡き今、またMonifahのソロの新作を聴きたいものです。という訳でMonifahの全作品はコンプリートしている訳で、さあブログに記事を書こうと思っても、2500枚近くあるCD棚から探すのがもう一苦労で(笑)。10分かかってやっと見つけました、なんかもう疲れてしまったけれど。
それではどういった楽曲が収録されているかというと・・・・・・まずはRob Fusariが制作を担当したザクザクと尖ったロックエッセンスの効いたハードなナンバー「Monifah's Anthem/Bad Girl」でスタート、Queen Penのシャキーンとエッヂの際立ったラップも交えながら鋭く斬り込むBad Boy風なキャッチーサウンドを展開。Vincent HerbertとRob Fusariが共同で制作した曇天小雨なじっとりスロウ「Suga Suga」、低く垂れ込める暗雲みたいにどんよりしたメロディが妖しく艶っぽく、そんなじっとり濡れたメロディに甘くエロく絡み付くMonifahの吐息に近い淡いヴォーカルがたまらない(骨抜)。「Touch It」は僕が個人的に大好きなJack Knightが制作を担当、Laid Back「White Horse」を絶妙ネタ使いしたピコポコデジタライズされた、ファンキー且つサイケデリックな電光基盤チューンはダンサブルで壮絶クール(痺)。その上をさらりと滑走するMonifahの微熱程度な靄がかったヴォーカルがまた良いし、冒頭にラップで少し登場するJack Knightに悶絶してしまいました。「Would You」はMonifahの後見人といえるHeavy Dが制作を担当、どこか民族的で放浪感のあるフォーキーサウンドが切なさを加速させるし、それに乗せて“おーなーなーななーな♪”と異国情緒溢れるフックが揺らめく作りも僕はお気に入り。「Have You Ever Been Loved」はなんとMario Winansが制作を担当、Chet BakerによるJazzの名曲「Ann, Wonderful One」を微かにループさせるという、なんとも粋な職人技を惜しげもなく披露しております。ここでもまるで霧が晴れる寸前の霞んだ美しさに似た、朝露みたいな潤いを含んだMonifahのヴォーカルが綺麗。「Fallin' In Love」はあのQueen Latifahが制作した純朴の王道ラヴバラード、リボンをかけたプレゼント箱みたいにドキドキとソワソワが詰まったMonifahの歌声にウットリ。またもやMario Winansが制作を担当した「Better Half Of Me」は、いかにも彼らしいマイナー調の枯れたピアノ旋律が脆く崩れ落ちる哀しきスロウ。Enad Holt「Serious, Sirius Space Party」をサンプリングしたクールなグルーヴィー曲「What's The Deal?
がまた小気味良くスウィングしてて心地良い、制作にはJack Knightが再登場してラップも撃ち放っています(卒倒)。負けじとMario WinansがCurtis Mayfield「Freddie's Dead」をサンウリングし制作した、真っ黒ソウルチューン「Why」も骨太でカッコイイ。Chad ElliottとAlvin Westが共同制作した(Rufas Blaqがラップで参加も)「Whatcha Gonna Do」も、アラビアンな蜃気楼っぽい空気感がナイス。1曲目の続編である「「Monifah's Anthem/Bad Girl II」はN.O. Joeが制作、ここではQueen Penに加えてTotalのPamela Long(通称Pam)も参加していますね。Heavy DとTony Dofatが共同制作したゴスペル風ナンバー「I'm Loving You」もいいですねー、沁みる、クワイヤを伴ってAretha Franklinばりの濃厚ヴォーカルを振りかざすMonifahの堂々たること素晴らしき(誉)。最後に国内盤にはボーナス曲として「No One」が収録されているのですが、これにはなんとあのK-Ciが参加しているんですよ(失禁)。オルガンをやんわりと跳ねさせてまろやかで煌びやかなグルーヴを紡ぐ美メロに、二人のカフェインたっぷりな濃厚ヴォーカルが溶け合う最高のデュエットです。

何気にこうやってクレジットを眺めながら聴くと、かなり豪華な面々(というより僕好みの面々)が裏方を務めていて驚きですね。それは安定した仕上がりになりますよね、保証書付きで御座います(安心)。この時Monifahが25歳というのだから更に驚き、こんな大人な色香が出せますかね。ジャケットも結構カッコイイし中身も勿論と上々、腕に入れてある漢字入墨も確認がてら購入しても損はしませんよ(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment