RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dwele「Greater Than One」
Greater Than One

Detroitが生んだ可憐で繊細なシンガーソングライター、Dweleの通算五作目となる『Greater Than One』を御紹介。Slum Villageの故J. Dillaに見初められてシーンに登場したDwele、アルバムのセールスこそあまり揮わない感じしますが、通なR&B愛好家からはかなり愛され重宝されている実力ある男性シンガーの一人ですよね。Kanye Westの楽曲にも客演したりと、客演仕事でも結構良い味出しているので、業界内での信頼も厚いのではないでしょうか(予想)。作品も大体二年ぐらいの周期で定期的にドロップしてくれているので、順調といっていいのではないでしょうか。本作も前作と同様にE1 Musicからの配給みたいなので、レーベルとの仲も良好なのでしょう。
それでは気になる内容をのんびり気ままに書き綴りますと・・・・・・まずは短い仕様ながらも魔力を最大限に発揮するDwele制作の「Greater Than One」で幕開け、スタートからDweleは残像揺らめく重ねヴォーカルで聴き手を美しい霧の中へと誘います(誘惑)。そのままふわっとした流れで入り込む「Going Leaving」もDwele制作曲、淡いパステルカラーなふわとろメロディが柔らかに空気を包み込む中、Dweleのまろやかクリーミーなヴォーカルと、時折叩かれる硬質なビートがアクセントになっている一曲。Dwele制作でタンゴっぽいメロディを冒頭にちょっぴり流す「Takes22Tango」、ブワワワワンと微振動しながら横に広がる歪曲シンセとDweleの幻想的なヴォーカル、首筋を伝ってゆっくりと滴り落ちるようなセクシーなフメロディのフックが恍惚モノ。Dwele制作であのRaheem DeVaughnが客演に参加した「What You Gotta Do」は、巧者二人のちょっぴりビターで香ばしい歌声が絶妙に溶け合うドリーミースロウで想像通りにグッド。本作からのシングルとなった「What Profit」は重鎮Mike Cityが制作を担当、少し空間に余裕を作った弦音を爪弾いたグルーヴは、どこか近未来的なスベスベしたフォルムのメロディで超クール。途中で入る“ああー♪”みたいな声はMike Cityだろうか(Background Vocalsでクレジットされている)、途中で挟まるノイジーな音と相俟って、楽曲を洗練されたソウル曲に仕上げています。Dwele制作でトロトロと重たいストリングスに引きずられて電子鍵盤の音色も出現する、毒のように蝕み浸食する感覚の麻痺スロウ「Obey」もDweleならではの変態加減。「This Love」はPrince "BlkMagic" Damonsが制作を担当、スッキリと爽やかなミントグリーン味の薄荷メロディに、まるで朝の陽射しみたいに眩く輝くDweleの歌声がカラダに浸透するアップ。J. TaitにL'Renee、Black Milkまで参加した豪華な「Must Be」もDwele制作、ピコポコ系の浮ついた電子メロディに硬質なビートが被さり次第にビートアップしてゆく加速チューン。「Swank」もDwele制作でこれは前半部分をまろやかJazzyなホーンで彩ったインスト使い、後半部分でやっとDweleとMonica Blaireが登場して角砂糖みたいにキュートで甘いデュエットを披露します。同じくMonica Blaireが客演参加した「PATrick RONald」もDwele制作、パシパシとフラッシュが瞬くように、海月シンセが冷ややかに妖しく艶めくミッドでそそられますね(興奮)。「Special」は再び鉄人Mike Cityが制作を担当、小粒な電子音を綺麗に散りばめながらも、生音に近いクリーミーなメロディを甘美に鳴らした好曲。「Love Triangle」はG1とRekの共同制作、ラインストーンみたいにキラキラ輝く電子音が美しくラグジュアリーな装い、Dweleのエスプレッソから香り立つ湯気みたいなヴォーカルが心地良く全てを包み込みます(夢見心地)。最後を締め括るのはDwele制作の「Frankly My Dear (I'm Bennett I Ain't Innit)」、ひらひらと花弁が舞い散るようなフローラルでスウィートなメロディに、Dweleの幾つもの音階ヴォーカルが繊細に折り重なり、昇天寸前に甘美なミルフィーユとなって鼓膜をとろけさせる極上スロウ(溜息)。

深煎りのエスプレッソを飲みながらケーキをつつく様な、そんなほろ苦スウィートなテイストがたまらない直火焙煎なエスプレッソソウルで非常に美味(高品質)。何層にも重ねた甘美なファルセットはまるで職人技で作られたミルフィーユみたい、Dweleは自作自演で何人も分身を作り、流水の動き(ヴォーカル)で必殺の攻撃(音楽)を繰り出してきます(防御不可能)。聴いているうちに気付かずに深みに嵌ってしまう危険な甘さ、Dweleって毎度と結構変則的でトリッキーなんですよね。朝九時から十時半の間に一枚まるっと聴きたい感触のサウンド、つまり新鮮で清々しくて気持ち良いと言いたいのです(賛辞)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment