RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas「Life Is Good」
nas-life-is-good.jpg

泣く子も黙るHip Hop界の神童、そして今や神に近い存在であるNasの通算十作目となる『Life Is Good』を御紹介。いまなおHip Hop愛好家には根強い、いや絶大な支持を誇るのがこのNas。一時期は低迷していたような感もありますが、それは単にデビュー作『Illmatic』が凄まじ過ぎたばかりで、やはり一定の高水準で作品をドロップし続けているのは周知の事実。毎度とそのアルバムタイトルだけで話題となるNas、本作で掲げたのは“Life Is Good”。結婚に離婚、息子の誕生を経て呟くこの言葉の重みはやはり途轍もないものがありますね。そして遠い目をして腰掛けるNasの膝にふわりとかかったモスグリーンのドレス、これはKelisが結婚式で実際に着ていたものなのだとか。はたしてNasは何を見つめるのか、なんて想像も膨らむジャケットが最高ですね(鳥肌)。
それではもはや感想不要でしょうがチョロっと書かせて頂きまして・・・・・・まずはしっとりと静寂のなか響き渡る歓声とピアノ鍵盤が美しい「No Introduction」、制作はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが担当。絹のドレスの裾をつまんでなびかせ走り抜けるような、流麗なピアノ旋律がなんとも高貴にして上品な耳触り。No I.D.が制作で、Nasのデビュー当時から親交のあるLarge Professorが客演しシャウトする「Loco-Motive」も渋い。タイトル通りにゴトゴトと列車が走るような音が背景で鳴り続け、そこにカーボンみたいに真っ黒な弦音の不気味なループが纏わりつく重低音の効いた一曲。Run DC「Peter Piper」やSalaam Remi「Queens Story」をネタ使いした「A Queens Story」はSALAAMREMI.COMことSalaam Remiが制作、まるで映画音楽みたいな壮麗でスケールの大きいストリングス&ホーンがすべてを飲み込み、織り上げ、それを硬質で歪な打ビートがブツ切りにしてタイトにしているアッパー。Norman Feels「They Said It Couldn't Be Done」とMC Shan「The Bridge」をネタ使いした「Accident Murderers」はNo I.D.が制作、客演にはRick Rossが参加。重厚で滑らかなストリングスのなかにも、オルガンみたいな鍵盤音の半狂乱に弾けるメロディがぶつかる事でハードでギラギラしたタッチに仕上がっていて美味。Nasの優しく柔和なフロウが響く「Daughters」もNo I.D.が制作、Cloud One「Dust To Dust」とWayne McGhie「Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye」をサンプリングに使用。セピア色にぼやけたメロウなサウンドがじんわりと洩れてハートに沁み入るドラマチックな一曲で、父親になってまた違った感情を抱くNasの生真面目で大きな愛で膨らむ、円熟したラップが目頭にきますね(涙目)。旧友であり永遠の友でもあるMary J. Bligeを客演に迎え、DJ Hot Dayがスクラッチ参加した「Reach Out」はSalaam Remi制作、サンプリングにIsaac Hayes「Ike's Mood」を使用。ゴツゴツした荒くタフな鉄屑ビートがぶつかり合う中で、光を受けて舞う美しい埃みたいなピアノ旋律がひらひらと浮遊するトラックは柔と剛の対比がとても素晴らしい。Anthony Hamiltonを迎えるという反則スレスレなド渋いトラック「World's An Addiction」もSalaam Remi制作、やっぱりNasとの相性が抜群なのは彼ですね。淡々と徐々に体温を上昇させながら、燃え上がり美しい灰を散らすモノクロ仕様なトラックでの貫禄たるや(青息吐息)。これはもはやNasの十八番だという上に、更にAnthony Hamiltonの燻りながら熱を放出し続ける熟成されたヴォーカルが重なり、より芳醇にして燻し銀な仕上がりになっております。本作の中で一番異質だと思われるのが、あのSwizz Beatzが制作を担当した「Summer On Smash」ではないでしょうか。いかにもSwizz Beatzらしいフィヨルドの様に冷たくザクザクに尖った電子音の連なりに、ひたすら煽るフックがやはり中毒性高しですね(危険)。しかしこれだけでは重たく厳つい鉛っぽいトラックになるのですが、そこにMiguelがヴォーカルをコーティングする事で、滑らかで美しい妖艶な銀(しろがね)みたいなトラックへと生まれ変わっています(錬金術)。90年代っぽいR&Bマナーが光る艶やかなメロウグルーヴの「You Wouldn't Understand」も素敵、制作はあのBuckwild(!)でネタ元はMiles Jaye「Let's Start Love Over Again」をスッキリ使用。これはもうフルーティで瑞々しく潤い溢れるメロディが最高で、客演の女性シンガーVictoria Monetの色香漂うローズみたいな芳しい声で余計にスウィートでエモーショナルな仕上がりになっております。No I.D.制作の霧が立ちこめる殺伐とした街を駆け抜けるような、ザラザラとしたサウンドが印象的な「Back When」はBarry Moore「Double Agent Jones」とMC Shan「The Bridge」を再使用。「The Don」は急逝したかのHeavy Dの置き土産、彼とSalaam RemiとDa Internzが共同制作。これがまたSuper Cat「Dance In New York」から声ネタ引っぱりグルグル巻いたフックもさることながら、四方八方から発破ビートが弾道変えて飛び交い、かと思えばサイレン音にチャイムに曲線メロディが雁字搦めになりながら突き進むハチャメチャなアッパー(撃沈)。ネットリと蜜みたいに垂れ落ちる甘美なホーンがたまらなくそそるムーディなスロウ「Stay」はNo I.D.制作、LA Carnival「Seven Steps To Nowhere」を下敷きにしたこのしっとりウェットで悩ましいトラックはNasでないと乗りこなせない(捌)。世間様的には大きなトピック曲はAmy WinehouseのヴォーカルをFeat.したSalaam Remi制作の「Cherry Wine」でしょう、二人の相性は抜群で月夜の下でグラス片手に抱き合い踊る様な軽やかなスウィングが素敵。Salaam RemiとNoah "40" Shebibという突飛なコンボが制作した、Kelisとの別離の心境を思い起こし歌った「Bye Baby」がこれまた最高。Guy「Goodbye Love」をベッタリ下敷きにした甘酸っぱくも切ない、ラグジュアリーで煌びやかなメロウチューンに、Aaron Hallの迸るヴォーカルをまんま挿入した反則な出来映え(失神)。とここまでが本編の内容で、ここからは国内盤のみのボーナス曲が収録されておりまして。まずは先行カットされファンの間では人気の高かった、Salaam Remi制作の「Nasty」がまさかのボーナス扱い(驚)。Salaam Remi得意のドコスカ太鼓ビートを詰め込み袋叩きにした殴打アッパーで、喧騒の中を鋭く駆け抜ける神速のNasのラップが最高にイル(死語)。「The Black Bond」もSalaam Remi制作で、タイトルのせいもあってか映画『007』のようなダークで高貴な雰囲気が漂う滑らかな一曲。「Roses」は要注目なAl ShuxとDan Wilsonが共同制作、重厚で壮麗なピアノ鍵盤のクラシカルな旋律をループさせたドレッシーな一曲でやはりシックでカッコ良い(痺)。Cocaine 80s(No I.D.やJames Fauntleroy等で構成される)が客演参加した「Where's The Love」はNo I.D.制作、3rd Bass「Brooklyn Queens」をネタ使いした妖しく揺らめくナイトメアチューンでやはり毒々しく癖になりますね(虜)。あと最後に付け足しみたいになりますが、James PoyserがあちらこちらのStringsで関与しているのも味噌かと。

まあ、Nas様ですからね、あえてここでまで絶賛する必要もないでしょう(畏敬)。やっぱりNasはNas、こういうソウルフルなトラックを武器にしたら最強。ここ最近はけっこう若手シンガーなんかも起用したりと、新たなアプローチも続けていたけれど、こういうサウンドの方がしっくり来るかな。パーソナルな面をガッツリ盛り込んだ本作、対訳を読んでいるだけでもかなり興味深くて惹き込まれます。“人生は素晴らしい”という信念(思い込み?)と共に、“Nasは素晴らしい”と実感した一枚でした(拍手喝采)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment