RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ryan Leslie「Les Is More」
img-1349085639-e49bcc7580255e6e4c577355222949cc.jpeg

かのハーバード大学卒という秀才なProducer、Ryan Leslieの通算三作目となる『Les Is More』を御紹介。Ryan Leslieといえばやはり、Cassieのデビュー作品を完全バックアップした人物という印象ですが、それより以前にもNew EditionやDonell Jones等の作品にも参加していたというから驚き。そしてCassieを完璧に送り出した後に自身もアーティスト活動を開始、09年に『Ryan Leslie』と『Transition』の二作を一気に発表するという精力ぶり。その後は音楽や映像のデータが入ったMacBookを車の中から盗まれ、そのPCに100万ドルの懸賞金をかけるなんて騒動もありましたね。本作『Les Is More』も当初は映像やヴィジュアルを絡めたビデオアルバムにする、なんて構想も語っていましたが、結局は普通のCDアルバムとしてお目見え。紆余曲折ありましたが、無事にリリースされて良かったです(笑)。
で気になる本作はどうなったのかって事で・・・・・・まず本作を語る上で欠かせないのが、Ryan Leslieはこれまでとは違い、R&Bでなくラップに挑戦しているという事(驚愕)。ハッキリ言って彼はこれまで素敵なR&B曲を量産してきた訳で、僕もそれを期待していたし、ちょっとどうなのかなと(不信感)。まず全曲の制作は勿論、Ryan Leslieが担当しており、相変わらずの八面六臂の活躍を遂げています。まずはブルージーに煙たいエレキギターをかき鳴らすロック風味な「Glory」で燻し銀に幕開け、これがギターとドラムのブレイクと終盤のクワイヤっぽいヴォーカルが印象的な、ハード且つ哀愁たっぷりな一曲で、Ryan Leslieのトラックメイクセンスを実感できる一曲。どこかつんのめる様な変則寸前なリズムを刻むビートに、Ryan Leslieらしい輪郭ぼやけた電子鍵盤音がキラキラと輝く「Beautiful Life」は、かなりサッパリしたラップは聴き易い、でもやはり途中でフックを甘酸っぱく歌うRyan Leslieが憎いハイブリッド演出。香水の残り香みたくフワフワと甘く漂うRyan Leslieのヴォーカルがスマートでカッコイイ「Good Girl」も、都会的で滑らかなほんわか柔らかなシンセの音色が幻想的、Ryan Leslieのラップと歌声の交錯具合も良好でとっても聴き易いドリーミーなミッド(目眩)。本作からの先行シングルだった「5 Minutes Freshen Up」はオルガンみたく曇った鍵盤音に、すーっと氷結アイシーなRyan Leslieの歌声を重ねた“はあーあーあー♪”のフックが鼓膜に浸透する感じが超クール。Sharon Robinsonとの共同制作となる「Dress You To Undress You」はDrakeも驚きな歌とラップの融合で壮絶グッド、Ryan Leslieのソウル趣味エッセンスもきっちり濃密に絡めた艶美なメロウでもうたまらない(濡)。昔のソウル曲を聴いている様なヴィンテージサウンドは芳醇そのもの、男女が汗で濡れたカラダをネットリ絡ませる様な官能的なメロディ&フックで昇天してしまいます。途中の音を全て消して、ボコボコと打音だけ鳴らす演出なんかはちょっとThe Neptunesっぽい遊び。これまた昔のソウル曲を再現したような甘く華やかなミッド「Maybachs & Diamonds」も最高に気持ち良い、セピア色に映る街の景色みながらドライブする様な和やかで爽やかなメロディ、そしてふわっと春風みたいに裏返るRyan Leslieの優しいファルセットも素敵です(溜息)。ぶわわーっとひねり出すホーン音のシンフォニーと鍵盤の単調な鳴りがピッタリ同調する壮麗な「Swiss Francs」もカッコイイ、ここでは全く歌っていないのですが充分に聴かせてくれてナイス。今にも雨が降り出しそうな雷鳴を背景にピアノとストリングスが冷たく響く「Ups & Down (Prelude)」から、そのままちょっぴりアジアンテイストな旋律を奏でるミッド「Ups & Downs」へ。これらまるでしんと静かでヒンヤリする森林の奥で水のせせらぎを聴くような、しっとりした潤いとマイナスイオンがたっぷりなオリエンタルな一曲でやはり魅惑的。そういう意味では蒼く輝く鍾乳洞の中に滴る雫みたいなシンセの音色が神秘的な「Ready Or Not」も潤いたっぷり、Ryan Leslieのじっとりと濡れた男前ヴォーカルもセクシーでグッド。宇宙船から交信みたいなヴォーカルエフェクトのかかったRyan Leslieの歌声が不思議な魅力をじわじわと滲ませる「Lovers & Mountains」もカッコ良くて、まるで宇宙の中でゆっくり遊泳している様な無重力感を味わえるトラックは秀逸、水面に映るグニャグニャした映像という感覚にも似ているかも。そしてCardiakとの共同制作となる「The Black Flag」は硬質なビートとブワブワと膨張した電子音がカラフルに散る、どこか日本的な淡く繊細な色彩を感じてしまう美しくタフな一曲(贔屓)。「Jean Of Arc」は乾いたメロディが泥臭い西部劇っぽいメロディで、Ryan Leslieのニヤリとニヒルに笑う姿が浮かぶざらついたラップもナイス。最後は親交の深い(っぽい)Fabolousが新たに客演した「Beautiful Life (Remix)」まで収録、またRyan LeslieのカラフルシンセとFabolousの相性が抜群で鉄板な仕上がりです(天晴)。

あれ、ナニコレ、僕は好きだな(笑)。Drakeがアリならば、Ryan Leslieのコレもアリなのではないでしょうか。とにかくRyan Leslieの作るサウンドが僕は大好物で、そこまでヴォーカルも大好きって訳ではないけれど、それでも彼の作品を聴くのはトラックが秀逸だから(その点ではThe-Dreamもそうかもしれない)。ボワンとぼやけた蛍光みたいな電子鍵盤を駆使させたら最強なRyan Leslie、とってもスタイリッシュでインテリな匂いがぷんぷんする辺りも僕は結構好きですよ(笑)。夜中にこれを聴きながら車を運転すると非常に気持ち良くて、窓の外を流れる夜景を見つめている僕は、30%増加で二枚目になっていると錯覚します(阿呆)。ってぐらいにスマートで流麗な一枚で素直にカッコイイ、“Ryan Leslieが歌どころか、ラップって......”と閉口した貴方、聴かず嫌いすると結構損するかもしれませんよー(警告)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment