RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Miguel「Kaleidoscope Dream」
miguel-kaleidoscope-dream-cover.jpeg

Mexicanの父とAfrican Americanの母を持つ、エキゾチックな佇まいが魅力的なシンガーMiguelの通算二作目となる『Kaleidoscope Dream』を御紹介。突如としてR&B界に登場した感のあるMiguel、前作でありデビュー作である『All I Want Is You』はそこまで大きな話題にこそならなかったかれど(個人的感想)、僕としてはかーなーりのお気に入りの一枚となっていました(愛聴)。その後もちょこちょこと客演なんかで見かけつつ、良質なMixTape『Art Deeler Chic』シリーズを三作ドロップし、順調に人気を拡大していたMiguel。本作の題名は“Kaleidoscope(万華鏡、絶えず変化するもの)Dream(夢)”、という訳でグルグルと残像浮かぶMiguelのジャケットも乙で御座います。
それでは簡単にちょっくら感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはじっとり濡れて潤いたっぷりな粘液性のシンセがトローリ光る妖艶スロウ「Adorn」で幕開け、先行シングルだったこの曲はMiguelが制作を担当。ポワンポワンと波紋が広がるようなメロディに、マッタリととろみのあるMiguelの少し不安定なファルセットがじんわり響く、不思議な感触で空間を蝕む一曲。「Don't Look Back」はHappy PrezとMiguelが共同制作、飛沫を上げる様な電子音の眩く鮮烈なベッタリサウンドに、ノイズがかったセピア色のMiguelのヴォーカルが燃え上がる様に熱く迸るエキゾチックなミッド。冷たく尖って暗くもあるし、それでいて眩くて鮮やかで滑らかでもある、まるで霜夜みたいにミステリアスな滴りミッド「Use Me」はWaren "Oak" WarrenとAndrew "Pop" Wanselのコンビが制作を担当。張り裂けんばかりのMiguelのヴォーカルは凍えたハートを貫通し砕く、誰かの温もり(体温)が痛みと共にフラッシュバックする様な感覚に陥ります。ポロリポロリと爪弾き零すアコースティックギターの弦律に、スウィートでドリーミーで艶美な澄んだ裏声を浸透させる「Do You...」はJerry "Wonda" Duplessisが制作(Co制作をArden "Keyz" Altino)。やはりJerry "Wonda" Duplessisが制作だからか、後から追っかけるようにほんのりとトロピカルで清涼なフルーティさも香るメロディで、途中の変則的で鋭利なビートの連打もナイスなアクセントに。Labi Siffre「I Got The」を下敷き使用した「Kaleidoscope Dream」はSalaam Remiが前作に引き続き制作提供(Co制作にはMiguel)、ずっしり重たく響くベース音に引き摺られ、Miguelの羽根のようにフンワリ軽やかに舞い降りるようなヴォーカルがエコー気味に響き渡るミッド。MiguelとPhatboizが共同制作した「The Thrill」は、ギターリフの効いた乾いたサウンドに、冷えたソーダみたいに透明で澄んでいてちょっぴり炭酸の刺激があるヴォーカルがグングン浸透する、瑞々しくてスプラッシュなミッド。Salaam Remi制作の「How Many Drinks?」はO'Donel Levy「We've Only Just Begun」をネタ使い、ブルージーな弦音を捻り出しながらもピュインピューンと流星シンセが飛び交い、広大な宇宙一面に花畑が咲くような不思議な配置を織りなす流麗なミッド。Waren "Oak" WarrenとAndrew "Pop" Wanselが再び制作した「Where's The Fun In Forever」は、なんとAlicia Keysがソングライトで参加(最後の方では声も聴こえる)。グイングインと彎曲するベースの渋い音にドスドスとキックするドラムス、その上でバーボンみたいに濃厚で粋で熱いヴォーカルを燃やすMiguelが壮絶に格好良くて、タフとソフトをバランス良く織り入れながらブルージーに歌い昇天するMiguelに感服するばかり。ザクザクと奏でる弦音にハンドクラップが弾ける「Arch & Point」はFisticuffsが制作を担当。聴いていてゾクゾクしてしまう官能性、聴いている者の脳内にエコーの様に浸食し広がるヴォーカル、ゆらゆらと揺れてぼやける灯火みたいなヴォーカルで、まるで幻覚を見ている様な気持ちになります(昇天気味)。静かに爪弾くギターの音色の隙間を縫うように、ゆっくり滴る雫みたいな潤いたっぷりなMiguelの歌声がたまらない極上スロウ「Pussy Is Mine」。制作はMiguel自身で、この焦らして濡らす様なスローモーションなテンポがもう病みつき、透明感のあるブルージーなメロディに寄りかかるMiguelの、無垢で、素肌を指先で撫でるような微睡んだヴォーカルが中毒性たっぷり。オーロラみたいに色彩を屈折させながら、美しく変調させて瞬く、分厚い光の層みたいな電子音が綺麗に輝く「Candles In The Sun」もMiguel自身が制作を担当。じわじわと燃え上がる青白い炎が次第に大きくなり、やがては全てを飲み込む波へと変わり滑らかに包み込んでしまいます(意味不明)。なんといいますか、炎と波という対局的なサウンド(感触)がこの曲には存在するというか、その温度差の中に生まれる滲みみたいな色味が限りなく美しく魅惑的に感じるのです(溺愛)

それこそ最近流行のアンビエントなR&Bと言ってしまえばそうなんですが、どうもMiguelは違っていて、独特のスパイしーな色香が漂っているといいますか、トローリとまろやかな中にもチクチクと気持ちの良い刺激があって。世に言う“ゆらぎ効果”の神髄ともいえる独特なマッタリ溶解サウンドが素晴らしい、しかしそんな中でもMiguelが時折と咆哮するので、ぼんやりした意識が突然と覚醒したりして、それがまた僕に中毒を起こさせるんですよねー(癒)。その題名通りにMiguelでしか出し得ない屈折した多面的な艶美世界、恐れ入りました(感服)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment