RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ne-Yo「R.E.D.」
Ne-Yo-Red-2012-1700x1700.jpg

R&B界の紳士、天才シンガーソングライターのNe-Yoの通算五作目となる『R.E.D.』を御紹介。Jay-Zに見初められ加入したDef Jamを離れ、老舗名門のMotownへ移籍(しかも彼はそこでA&R部門の副部長に就任)。そのMotown Recordsから初配給となる本作、やはりR&Bファンとしてはすごく気になる転機なのではないでしょうか(憶測)。Ne-Yoを象徴するハットを被った横顔のみを映したスッキリとしたクールなジャケットも、僕はがっつり好みで御座います。
それでは皆もう聴いてるだろうから不要でしょうが感想を・・・・・・まずは少しくぐもった響きのキラキラ音色がノスタルジックなまろやかさを生み出している極上ソウルチューン「Cracks In Mr. Perfect」で幕開け、制作はNe-Yoの右腕(?)ともいえるShea Taylorが担当。どこまでもソフトにまろやかに歌い上げるNe-Yoのスウィートな歌声はもう魔法、カップに入ったコーヒーをクルクルかき回し、そこにポトンと落とした角砂糖がほろほろと崩れるような、そんなほんのり甘味が香り立つミッド。そして本作からの先行カットとなったのがShea Taylor制作の素晴らし過ぎる官能的ミッド「Lazy Love」、今にも目暈がして眩みそうな程に胸の奥底から鼓動が突き上げる情熱的な一曲。そんな鼓動に似たバクバク打つビートと、繊細で美しい透明感のあるピアノ旋律、身体をよじらせ悶えるかの様なNe-Yoの熱いヴォーカルがネットリ絡み合う究極のベッドソング。これはもうNe-Yoの専売特許に認可してもいい清涼スッキリ四つ打ちアッパー「Let Me Love You (Until You Learn To Love Love Yourself)」、制作はNe-Yoには欠かせないStarGateが担当。眩い閃光を放って空間を滑り抜けるNe-Yoのスマートで爽やかな歌声が活き活き、電子鍵盤のギラギラした輝きは銀河系も真っ青な程にシャイニーでグッド。「Miss Right」はStarGateが再び制作を担当、これもポワンポワンとぼやけて明滅するシティライトみたいなシンセの柔らかな色味に、後ろで絶えず聴こえるハッハッというブレス音がアクセントになったまろやかミッドで、Ne-Yoのそっと手を取るような優しく紳士的なヴォーカルが聴き手を骨抜きにします(誘乗)。いかにもNe-Yoらしい甘酸っぱくて切ないミッド「Jealous」はもうとにかく最高の仕上がり、制作は意外にもPhatboizなる人物が担当。ステンドグラスみたいに光を受けて淡く美しく煌めくメロディは溜息モノで、Ne-Yoの今にも昇天しそうな透き通ったファルセットもとにかくたまりません(失神)。「Don't Make Em Like You」では売れっ子ながらも予想だにしなかったHarmony "H-Money" Samuelsが制作、そして客演にはこれまた意外なWiz Khalifaを配置するという周到さ。ズカズカとキックする硬質ビートにクラップに直角的に上下するエレクトリックなメロディ、そしてWiz Khalifaのスモーキーでちょっぴりぼやけたラップが最高にホット。StarGateが得意のキラキラ電子音を弾けさせたディスコ風味のポップチューン「Be The One」も、今にも走り出しそうなんだけれど、結局はジリジリと焦らしてそのまま光の交錯の中に閉じ込めてしまうトリックが巧い。「Stress Reliever」はShea Taylorが制作を担当、シルキーで潤いたっぷり滑らかなピアノ鍵盤と、洩れる光芒のようなシンセがなんとも綺麗なおしとやかな珠玉のバラード。Ne-Yoの少し薄めで透けてみえる、繊細なヴォーカルがナイス。爪弾くギターに乗せて、春風みたいに穏やかで柔らかな匂いが漂うフォークミッド「She Is」はLuke Lairdが制作を担当。ここでは客演になんとあのTim McGrawが参加という嬉しい驚き。寄せては吸い込まれて消えゆく波打ち際の波のように、優しくてなだらかなアコースティックサウンドが、陽光のように降り注ぎ霞んでしまうほどに眩しい。またNe-YoとTim McGrawの相性が最高に抜群で完璧シームレス、こういうタッチの楽曲をスルリと歌えてしまうところにNe-Yoの旨味は凝縮されていますね。Jesse "Corporal" Wilsonが制作を担当した「Carry On (Her Letter To Him)」もポップ風味の強い純白系のスロウで、深々と降った雪が一面を白く冷たく彩るような、そんなしんみりと沁みるメロディと白い吐息みたいなNe-Yoの研ぎ澄まされたヴォーカルが胸に刺さります(涙)。StarGate制作(Co制作にPhatboiz)の「Forever Now」は流行路線をキッチリ踏襲した、ギラギラバシバシとシンセが交錯し点滅する電光石火なテクノチューン、なんだけどやはりピアノ鍵盤の音色が混じる事で壮麗さが生まれていてグッド。そういう意味ではEmanuel "Eman" KiriakouとAndrew "Goldstein" Goldsteinが共同制作した「Shut Me Down」の方が、ベッタリと分かり易いディスコ風のテクノポップで痛快ダンサブル。またもやPhatboizが制作を担当した四つ打ち丸出しの「Unconditional」、これは光が闇をすっと遮るような眩さと壮大さがメロディがカッコイイ一曲。「Should Be You」はまさかのSalaam Remiが制作を担当、客演にはFabolousとDiddyが参加。Ne-YoとFabolousは相変わらずの相性の良さですっきりクール、こうなるとDiddyは邪魔かなと思いつつ、やはり慣れ親しんでいる僕は聴き入ってしまう(笑)。Mountain「Long Red」とKool & The Gang「N.T. (Parts 1 & 2)」をサンプリングしている「My Other Gun」も意表を突くNo I.D.が制作を担当、なるほどノスタルジックでどこかザラザラした感触が癖になるセピア色のミッド。再びSalaam Remiが制作を担当した「Alone With You (Maddies Song)」は、とろーりクリーミーで無垢なメロディとNe-Yoのスウィートな歌声にどっぷり浸かれるドリーミーなスロウ。最後はオマケ的な「Let's Go」で御存知Calvin Harrisとの共演曲、この二人は相性良いとう評判みたいだけどどうだろう、あまりCalvin Harrisの音楽がまだ分からない(阿呆)。そして国内盤にはあのBENIを客演に迎えた別テイクの「Let Me Love You (Until You Learn To Love Love Yourself)」も収録、これは......必要ないのでは(蛇足)。

すっごく良かった、なぜだろう、本当に好きなアルバム。前作『Libra Scale』も悪くはなかったけれど、コンセプトに拘り過ぎてちょっと聴き難かった。Ne-Yoって意外とアルバム単位で考えると、いろいろと違ったスタイルを試していて(そんな気がする)、それがしっくりこないとアルバム自体がバラついた感触になる時がある様な。本作はそれがなく、極めてNe-YoらしいスムースなR&Bをバッチリ完成。僕は彼の傑作デビュー盤『In My Own Words』の頃の甘さを思い出しました、なんというかNe-Yoはやはりギリギリにポップ寸前でR&Bを歌うというのは上手いし、それが一番魅力的に聴こえる。でもデビュー時より現在のNe-Yoは成熟している訳で、それが艶っぽさとなって表出しているのが一層と格好良かったです(惚)。これは僕は好きな作品、Ne-Yoをデビューから追いかけている方こそ喜んでニヤついているのでは(勘繰)。ぐるっと一周回って、またNe-Yoに一撃ヤラれました(嬉)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment