RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rihanna「Unapologetic」
Y4PRA.jpeg

いまだ完全無敵状態が続いているといえる世界のポップアイコン、Rihannaの通算七作目となる『Unapologetic』を御紹介。本当にアンストッパブルな活躍で息つく暇も与えないRihanna、一年に一枚は作品をドロップするという脅威の連打はやはり、世界が彼女を欲している事の裏返しなんでしょうね(あとはレーベルの方針)。しかしそんなRihannaも長期休暇を望んでいるらしいので(あのChris Brownと共に過ごしたいとかいう噂も......)、もしかしたらこの作品を機に少しブランク空くかも。黒髪で今度はペッタリなショートカット(ピクシーカットというらしい)にしましたね、これはあまり頂けないなー(我侭)。また胸の下に大きなタトゥー(エジプト神話伝承の女神“イシス”)を刺れましたね、これも頂けない。そしてChris Brownと急接近中で復縁したなんて噂も浮上、やっぱり頂けない。という事でちょっとテンションがた落ちな中で(個人的意見)リリースされた本作、でもこのジャケットはかなりアグレッシブでカッコイイです(認)。
それではまたザックリ適当な感想を書いちゃうと・・・・・・まずはブヨブヨと膨張を繰り返しながら、浸食するダークソリッドな波線シンセが耳に残る「Phresh Out The Runway」で幕開け。この曲はDavid GuettaとGiorgio Tuinfortが共同制作(PianoにはTerius Nashが参加)、ザクザクと刺激的な電子トラックが薔薇の棘みたいに美しく尖ったRihannaのヴォーカルにお似合い。本作からの先行シングルとなったのが、まるで映画『007』シリーズのテーマ曲にそのまま使えそうなシックに艶っぽく輝くドラマチックな「Diamonds」。制作はStarGateとBenny Blancoのヒットメイカーコンビ、このピアノ鍵盤の漆黒に輝く滑らかなメロディと、うねり渦巻く混沌寸前な嵐のような冷たいストリングスの協奏がとても、悲しく切なく愛おしい。「Numb」は今や引っ張りだこのWarren "Oak" Felderが制作を担当、これはKanye West「Can't Tell Me Nothin」をサンプリングに使用。どろーっと粘液っぽく垂れ落ちるRihannaの蜜味なヴォーカルが毒々しく、そのうえにEminemのすべてを容赦なく切り裂くエッヂーなラップが暴れる実験的な一曲で面白い(剣林弾雨)。これまた要注目なMike Will Made-Itが制作を担当した「Pour It Up」はいかにも彼らしいダークで重厚な鉄筋サイバーチューンで、Rihannaのサイボーグみたいに機械的でフラットな歌唱も印象的。本作でも最も重要な一曲だといえるのが、あのFutureが制作&客演(彼はProduce仕事まで引き受けたのだ!)している「Loveeeeeee Song」で絶対に決まり。ぷあーーと輪郭も朧げにじわーっと浸食し広がる。煌びやかでドリーミーな艶やかなシンセがまず詩的な程に美しい(魅惑)。このトローンとまろやかなメロディに絡み付くFutureの変幻自在な靄っぽいフロウがまたたまらなく官能的で凄い、熱気で蒸せ返る密室にいるような感触で完全にFutureがRihannaを喰っています(脅威)。StarGateとChase & StatusのRihanna作品常連が共同制作した「Jump」、徐々にパワーを溜め込みながら静寂を一気に蹴破る電撃シンセはフロア映えしそうなジャンプチューン(揺)。David GuettaとStarGateが共同制作した「Right Now」はいつもの如くで、何度どの曲を誰とやってて聴いてもDavid Guettaには惹かれないという(苦笑)。Parker Ighileが制作(Co制作をNathan Cassells)した激動のバラード「What Now」も圧倒的な迫力で素晴らしい仕上がり、特にフックに入る前のしとやかで繊細なピアノ旋律上を、優しく凛としてなぞるRihannaのヴォーカルにグググっと惹き込まれる。そしてそこから全てを飲み込み破壊する暴風雨のようにタフに荒れるフック、Rihannaの闇を切り裂くような歌声が綺麗。「Stay」では青田買いで注目の新人Mikky Ekkoを客演に起用、制作もそのMikky EkkoとElof Loelv、Justin Parkerが共同で担当。優美で穏やかなピアノ鍵盤の音色がポロポロと零れる内省的なブルージーミッドで、とても無垢で雪の結晶みたいに透き通った二人の歌声の重なりがとっても可憐で美しい(溜息)。「Nobody's Business」は複雑な気持ちにさせるChris Brownとの初共演、制作はThe-DreamとCarlos McKinneyが共同で担当。この急接近は嫌だけれど音楽的な意味ではハッキリ言って大成功で、まずこのちょっと懐かしくポップで甘酸っぱいフルーティなR&Bマナー全開なトラックが文句無しに素晴らしい。その上を楽しそうに跳ねて転がるRihannaの曲線的なヴォーカル、そして時に柔らかく時に荒ぶってMichael Jacksonが憑依したみたいな吠え声で歌うChris Brownもテクニシャンで面白い(完敗)。引き続きThe-DreamとCarlos McKinneyが共同制作した「Love Without Tragedy / Mother Day」もすこぶる素晴らしく、少し昔のロックを感じさせる曇った電子音のヒラヒラ舞い落ちる前半部分も、真っ白な雪が深々と降るような雪明かりみたいに仄かに光る幻想的なサウンドがColdplayっぽいテイストの後半部分も、シームレスに繋がりハートにすーっと沁み込んできます(鮮明)。「Get It Over With」はBrian Kennedyが制作を担当(Jemes Fauntleroyがソングライトで関与)、透き通るような雪原に浮かぶくっきり鮮やかなオーロラみたいな、幻想的で官能的なまろやかトラックの中で意識朦朧として漂流するばかり(耽溺)。ここでのRihannaの雫が滴るほどに潤いたっぷりな瑞々しいヴォーカルは、ぐんぐんとハートに浸透してきます(感動)。本作でも一、二位を争うぐらいに大好きな一曲です(溺愛)。No IDが制作(ソングライトには注目のSean "Elijah Blake" Fenton、KeysにはJames Poyser)した「No Love Allowed」は、Rihannaのルーツを体現したカリビアンテイストなレイドバックチューンで必ずこの手の曲は入れますね(愛国心)。「Lost In Paradise」はR&Bマニアの間では話題のLabrinthとStarGateが共同制作(ソングライトにはEster Dean)した話題必至な一曲。カラフルでクリアで眩くて壮麗な、いかにもLabrinth節なエレクトロニクスなメロディがバチバチと弾けて炸裂するアヴァンギャルドなアッパーで、Rihannaのソリッドで挑発的なヴォーカルを見事に活かし切った、目暈しそうな程に鮮烈で眩い光速アッパーでグッド(痺)。最後を飾るのはStarGateとNaughty Boyが共同制作(ソングライトにはEmeli Sande)した「Half Of Me」、ピアノ鍵盤のメロディに小粒な無数のダイアモンドみたいな電子音をまぶした、銀世界のように澄み切った美しさが胸に刺さるバラード。あとはオマケ的な「Diamonds (Dave Aude 100 Extended)」「Diamonds (Gregor Salto Downtempo Remix)」のRemix2曲を収録、まあこういう楽しみ方もありかなと。

なぜかあまり期待していなかったところ、やはりRihannaのブレない安定感抜群の攻め姿勢に改めて感服致しました(愚行)。なんだろう、これだけ豪華な製作陣がバックについているのだから、サウンドの幅はどんどん拡張して然るべきだとは思うのですが、それでもずっと進化しているのは実感するし、特にRihannaのヴォーカル技術がぐんぐんと表現力を増長させている気がします(上手い下手は別として)。バキバキと暴れる尖ったアッパー群はそこまで好きでもありませんが、メロディの立ったバラードやミッドはとても美味で素晴らしかった、文句無しです(礼賛)。なによりもRihannaのあのダークでソリッドなヴォーカルがギラギラしていて凄く魅力的で(黒薔薇)、この歌声が様々なサウンドを一枚にしっかり纏め上げています(軸)。Rihannaにしてはあまり話題になっていない気がしますが、これはかなり素晴らしい一枚だと僕は思います(警戒)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment