RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2012年アルバムTop10[R&B部門]
IMG_8003.jpg

さてさて、前回に引き続いて年末総決算パート2。
今回は、僕が選ぶ2012年アルバムTop10[R&B部門]の発表です。
毎度ですが、選考に関して注意書きをひとつ。
選考対象は2010/12/16~2011/12/15の一年間に発売されたものです。
という訳で国内盤なんかは遅れて出たりするので、ちょっと古い盤が混じっているかも。
今年もR&B界はエレクトロからアンビエントへと移行した、新たな展開に。
新人もさることながら、やはりベテラン組の健闘が目立ったかな。
Rap部門以上に、いつもR&B部門の選定が混迷を極めるんですよねー。
まあ、比較して購入枚数が単純に多いからだとは思いますが。
では、僕の順位を書き書きしますと......



第十位 Me'Shell Ndegeocello『Pour Une Ame Souveraine』
R-150-4040535-1353255431-5362.jpeg

まずは第十位、Me'Shell Ndegeocello『Pour Une Ame Souveriane』をチョイス。これ、すごーく迷ったんですよねー。勿論とにかく大好きですし、今年の夜は結構この一枚をBGMに就寝していた気も。なんですがカバーアルバムって事で、このTop10に入れるのは止めようかとも思っていたのです。でもやっぱり好きなものは好き、結構僕好みなMe'Shell Nedegeocelloと偉人Nina Simoneとの合体なんて反則なんですが、やはりギリギリ十位に抑えてランクインさせました。ブルージーで深みがあり、その中でも独特な妖艶さと陰があるのが素敵。


第九位 Joy Denalane『Maureen』
94826.jpeg

第九位には、Joy Denalane『Maureen』をチョイス。このアルバムもとにかくまったりと心地いい流麗ソウルの極みといった感じで、特に今年の前半にはリピート率の高かった一枚です。Joy Denalaneのふくよかで気品溢れる香りのするヴォーカルにうっとり夢見心地、制作陣や演奏陣もなにげに豪華でしっかりと聴き応えのある煌びやかサウンドの連続です。僕個人のイチオシポイントとすればやはり、Bilalとの濃厚でド渋い共演が実現した「Should Have Never」の収録でしょうか。
アルバム記事はこちら


第八位 Frank Ocean『channel ORANGE』
20120716000356.jpeg

第八位にはなんと、Frank Ocean『channel ORANGE』をチョイス。まさかの早い登場に“こいつ頭おかしいのか?”と思われるかもしれません、でも第八位です(阿呆)。聴いた回数ではかなり多いです、でも僕にとっても物凄く心地よくすんなり聴けた一枚ではなかったかなーと(浅)。リリース前から期待値がかなり高かったというのもありますし、僕は本作よりも『Nostalgia, Ultra』の方が好きだったので。まあ、これだけ世間様で高評価され大絶賛されているんですから、歯牙ない僕の個人ブログでまで褒め称える必要もないかと思います(天邪鬼)。
アルバム記事はこちら


第七位 Anthony Hamilton『Back To Love』
13236373537qgwzub4trv9i265.jpeg

第七位には、Anthony Hamilton『Back To Love』をチョイス。やはりAnthony Hamiltonも現R&Bシーンにおいて唯一無二な存在で、とっても心に沁みる良ーい歌声をしています(温)。本作ではやはりBabyfaceが携わった「Woo」が大人気だった訳ですが、僕的には同じBabyface関与でいくと「Pray For Me」の方が好みだったり。渋いけど淡いこの独特な色彩がとっても綺麗で、夕暮れ時に何度聴いたか分からない一枚。
アルバム記事はこちら


第六位 Rihanna『Unapologetic』
Rihanna_-_Unapologetic-150x150.jpeg

そして第六位には、Rihanna『Unapologetic』をチョイス。Rihannaのガツガツ攻めの姿勢はずっと貫かれ、本作でも更に進化し、旬で斬新なトラックをふんだんに取り入れた意欲作。前作があまり良くなかっただけに期待していなかったんですが、本作ではいろいろな実験が悉く成功。Futureを指名した「Loveeeeeee Song」やLabrinth制作の「Lost In Paradise」新人Mikky Ekkoを大々的に起用した「Stay」と、意表を突くようなアグレッシヴなトラックがギラギラ光り輝いていました。特に「Get It Over With」での薄明かりみたいに透き通った、優しい歌声はRihannaのヴォーカルの進化も感じさせたナイススロウ。
アルバム記事はこちら


第五位 Ne-Yo『R.E.D.』
Ne-Yo-Red-2012-1700x1700s.jpeg

さてさて第五位は、Ne-Yo『R.E.D.』をチョイス。Ne-Yoが完全復活したぞ、僕は聴いた途端にそう思いました。なんというか最近のNe-Yoはいろいろと小難しいコンセプトをこなそうとしていたけれど、やはりNe-Yoの持ち味は清廉なメロディとクリアで爽快な歌声です。流行と彼の得意技を併せた「Let Me Love You (Until Me Love You)」を繰り出しきちんとダンスし盛り上げつつ、ネットリ濃厚で官能的な絡みを魅せる「Lazy Love」で大人の男の色香を匂わせる作戦も上出来。Tim McGrawを迎えてあんな自然に純朴で透明なミッドを歌えるのはNe-Yoだからこそ、そういう新しい挑戦もしつつ、これまで培ったメロディセンスを発揮させた意欲作。
アルバム記事はこちら


第四位 Miguel『Kaleidoscope Dream』
MIGUEL-Kaleidoscope-Dream-cover-620x620-150x150.jpeg

それでは第四位ですが、Miguel『Kaleidoscope Dream』をチョイス。デビュー作から異様な輝きを放っていたMiguelですが、本作でその才能と世界観を完全に花開かせましたね(見事)。ゆったりと揺らめき蠢く暗澹寸前の妖艶なメロディの連続で、Miguelの万華鏡世界にぐるぐると回りながら飲み込まれること必至。こういうアンビエント風味なトラックが確かに流行っているんですが、それでもMiguelの本作はそれを一線を画していた気がします。真夜中にうっすらとした灯りだけを残して、お酒を片手に誰かと囁き合いながら聴きたいナイスドリーミーな一枚。
アルバム記事はこちら


第三位 Tank『This Is How I Feel』
tank-this-is-how-i-feel--1336664572-1.jpeg

そしていよいよ第三位、Tank『This Is How I Feel』をチョイス。いやーこれを今年の十枚に入れる方は少ないでしょうね、そんなに好評でもなかったみたい(涙)。でも僕は物凄く好きで擦り切れるぐらいに聴いた、泣いた、切なくなった。いつもながらな鍛え上げられた強靭にしてしなやかなタフなヴォーカルは見事、でもそんな筋肉質でもなくちょっと哀しくて切なく甘い歌声なんですよね(胸打)。王道R&Bを極めに極めた極上ウットリネットリスロウ群は素晴らしく、客演陣との絡みも豪華で抜かり無し。でも僕は結局、本作の最後の三連コンボ「Next Breath」「Better Than Me」「Lost It All」の流れがたまらなかった(気絶)。切なくて儚くて、でもだからこそ(永遠でない事を知ったからこそ)の優しさも滲んだTankのピュアなヴォーカルに、ただただ涙が溢れるばかりでした。その三曲だけでプレイリストを創った程、この三曲の存在意義はデカイです。
アルバム記事はこちら


第二位 Melanie Fiona『The MF Life』
melanie-fiona-the-mf-life-1332408086-1.jpeg

栄えある第二位は、Melanie Fiona『The MF Life』をチョイス。これは非常に良く出来た、とってもバランスの均れた秀逸な一枚だと思います(賛辞)。ここ最近のトレンドであるアンビエントで少しダークな雰囲気を醸しながらも、Melanie Fionaのコクがあり情感たっぷりなソウルフルな歌声で濁流を起こす圧巻のスケール。そういう意味ではレトロな味わいにちょっぴりSFを足した様な不思議なサウンドで、すっごくクールだったと思います。あとは傑作「4AM」に繋げるT-Pain参加の「6AM」を配置した辺りも憎い作戦、本当に巧妙に出来ていたんです(罠)。ゲスト陣との絡みも素晴らしかったし、これからもっと愛聴するであろう名盤の誕生にニンマリしました(祝福)。
アルバム記事はこちら


第一位 Mint Condition『Music @ The Speed Of Life』
mint-condition-music-at-the-speed-of-life--1347899174-1.jpeg

堂々の第一位は、Mint Condition『Music @ The Speed Of Life』をチョイス。これだけとろとろアンビエントな曲が横行したら、やっぱりこういうベテランのマイペースな御馴染み味がとてつもないお口直しになる訳です。Mint Conditionも元々好きなグループなので、やっぱり気付けばかなりの再生回数になっておりました(溺)。まろやかでクリーミーなサウンド&ヴォーカルにスッキリ爽快になったり、じんわり温められたり、僕のハートを美しく調律してくれたスムーズな一枚でした(賞賛)。特にミッド群の爽やかですーっと抜けるミント風味がたまらなく良かった、僕のソウル心をくすぐり過ぎました(昇天)。なんだかんだでR&B界に様々な新味が出るんだけれど、結局はこういう甘ったるいソウル風味がとことん好きなんだと再認識させてくれました(感謝)。
アルバム記事はこちら



.........この十枚を僕は選びました、かーなーり難しかった。
でも一、ニ、三位は例年通りすんなりと決まったかな。
やはり今年は皆がFrank Oceanを第一位にしていましたね、ですよね。
僕も好きで聴いていたけれど、そこまで真っ直ぐ入って来なかったというか。
少し考えながら聴いている自分がいて、そこはちょっと反省かな。
あとは、まだまだ迷った作品は色々とあったんです。
最後の最後まで考えてたのはやはりAlicia Keys『Girl On Fire』でした。
とても良かったけれど、まだちぐはぐしている感もちょっとあって(混乱)。
リリースも年末でしたし、もっと聴き込んでいって大好きになるんでしょうね(惜)。
あとはT-Pain『Revolver』Lianne La Havas『Is Your Love Big Enough?』Michael Kiwanuka『Home Again』とかも迷いました。
あと他にも沢山記事に出来ていない盤もあり、それはまた来年から書きます(多忙)。



※番外編 Labrinth『Electronic Earth』
Electronic-Earth-250x250.jpeg

そしてこちらは恒例の番外編、今年はLabrinth『Electronic Earth』をチョイス。本作もとっても大好きでかなりヘヴィロテ状態だった訳で、最後までTop10の何処に入れようと考えておりましたが、敢えて外してここでピックアップ。というのもこれは純粋にR&Bではないんです、でもLabrinthの創るこの端麗エレクトロサウンドが、これからのR&Bの雛形になるのではという予感がありまして(実際にあのRihannaも彼を起用した)。ただ電気回路をいじくり繋げたっていうチープさはなく、あくまで情感と躍動感が混じったふんわりと舞い上がるような華麗さが乱舞していて、とにかく鮮烈で可憐で美しいんです。未来のR&Bの一翼を担うのはLabrinthかもしれない、そう予感させるぐらいにカッコイイし、要注意な人物だと思います(警告)。
アルバム記事はこちら
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment