RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2012年アルバムTop5[Other部門]
IMG_4408.jpg

さあ、年も明けて2013年になりました。
なのに過去の話を年初めからします、新年も過去の延長線上。
年明け一発目は、僕が選ぶ2012年アルバムTop5[Other部門]です。
ご存知の通り、僕はBlack Music専門なので、あまり他は知らない。
というか全然知りません(笑)。
そんな僕が、偏狭な知識で幾つか買った盤から選出。
しかも五枚、なので即決定しました。



第五位 WZRD『WZRD』
wzrd.jpeg

それでは第五位、WZRD『WZRD』をチョイス。Kid CudiとDot Da Geniusで結成、Kid Cudi好きとしてはやはり悶えたこのユニット。いま聴いてもちょっと難しかったりするんですが(いつでもどこでも、時間も場所も選ばず聴ける聴けるって感じではない)、それでもやっぱり車の運転中に聴きながらかなりハイになっていました(高揚感)。やっぱりカッコイイと素直に感じた、それがKid Cudiの持つ最大の魅力ではないでしょうか。普段はあまりロックとか聴かない分、余計にこのドローリまったりしたサウンドは病みつきでした(曲者)。
アルバム記事はこちら


第四位 The Fray『Scars & Stories』
B006362ZR609SL150.jpeg

さてさて第四位、The Fray『Scars & Stories』をチョイス。普段は黒音楽しか嗜まない僕ですが、The Frayは大好きで全作品持っています。彼らの緩やかで鮮麗で滑らかなロックって、聴いていて心が洗われるし、生き生きと潤いを取り戻せるんですよね。本作はこれまでの作品と比べてもかなり躍動感溢れる、それでいて叙情的な一面もあったりして、晴れた日にドライブしながら聴くと爽快になること間違いなし(洗浄)。


第三位 Jesse Boykins III & Melo X『Zulu Guru』
2000000977713_p1_L.jpeg

さあいよいよ第三位は、Jesse Boykins III & Melo-X『Zulu Guru』をチョイス。これはR&B部門かRap部門に入れようかと思ったんですが、どちらでもない(折衷)なんでこのランキングで選出。彼らはトロトロとしたスペイシーな電子音を満天の星空みたいに散りばめながらも、メロディの根底にはどこかアフリカっぽいルーツを感じさせる、不思議な世界観を構築していて良かった。Jesse Boykins IIIとMelo-Xの相性も当然抜群で、二人の入れ替わりがシームレスに繋がっているので違和感なく聴ける最強のコラボ。Mara Hurbyの参加もあったりしたのは高得点、これからもことあるごとに引っ張り出して、この盤で宇宙遊泳の旅に出ると確信しています(飛行)。
アルバム記事はこちら


第二位 Twin Shadow『Confess』
twin-shadow-confess_cover2012-250x250.jpeg

栄えある第二位には、Twin Shadow『Confess』をチョイス。これ、結構好きで聴いているんですが、ジャンルとしては何なんだろう(笑)。それこそテクノポップっぽいテイストしながらも、どことなーくR&Bに近い要素も含んでいて、だから僕はすごく取っ付き易かったです。全体を通してピリピリと心地いいぐらいの刺激があって、それが鼓膜を通して僕のハートを大きくゾクゾクさせてくれた一枚。彼のヴォーカルはアヴァンギャルドなんだけれど、まろやかな部分もあって、だからキュービックなエレクトロサウンドもじんわりと沁みるように浸透するという不思議な仕組み。

第一位 How To Dress Well『Total Loss』
c78d4_1244291.jpeg

そう堂々の第一位は、How To Dress Well『Total Loss』をチョイス。これも年末の夜にずーっと流していましたねー、これは夢魔に近い魔力でよーく眠れるんです(熟睡)。How To Dress Wellもアンビエントな中にも、R&Bな要素がとっても強くて聴き易い。とにかく綺麗で、青い夜空にぽっかり浮かぶ綺麗な満月を見つめるような、そんな吸い込まれて消えてしまいそうな感覚がたまらない。少し冷たい夜霧みたいな妖しさも漂っていて、艶っぽくてエレガントです。もっと評価されていると思っていたんですが、そんなに取り上げられていない素晴らしい一枚(惜)。



とまあ、これが僕が選んだ五枚です。
最後まで迷ったのはやはりLana Del Rey『Born To Die』かなー。
再生回数でいえば、この五枚と比べても最も多かったかもしれません。
でも来日ドタキャンで遊んでいたのを知り、一気に冷めました。
この五枚はBlack Music専門の僕でも楽しめた、本当に素敵な盤ばかり。
とってもお薦めです、どれも大好きです。

スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment