RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brandy「Two Eleven」
55HuP.jpg

もう二十年近くもR&Bシーンの最前線で活躍続ける、Brandyの通算六作目となる『Two Eleven』を御紹介。人身事故を起こした時にはもはやこれまでのキャリアも潰えたかと思われましたが、見事に息を吹き返しましたね(安堵)。最近では、音楽業界で働く恋人のRyan Pressとの婚約も発表、と公私共に順調の様でなによりで御座います。先に述べておくと本作『Two Eleven』は、Brandyにとっても10年ぶりにBillboardのR&BチャートでNo.1を獲得したそうで、完全なる復活作として彼女の第二のキャリアのスタート地点とも言えるかもしれませんね。
それではちょくちょく感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはTha BiznessとSean "The Pen" Garrettが共同制作した「Wildest Dreams」でひんやり幕開け、それこそBrandyの歌声ってとてもアイシーで冷たく霜降り声(脂の意味でなく、美しい霜が降りるという意味)なので、こういうスムージーで冷たく澄んだエッヂの効いたミッドにとてもお似合い。Shondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作を担当した「So Sick」は、電流チックにビリビリ流れるシンセにキラキラと瞬く流星群みたいな電子音が瞬く流麗トラックに、Brandyのスッキリ透き通ったヴォーカルがひらひらと舞う一曲。小さな水泡がブクブクと浮かび上がって消えるような、バブルシンセが神秘的に響き渡る「Slower」はSwitchが制作を担当。流石はSwitchといった無機質な電子音にメロウを吹き込むほんのりシュガーテイストな仕上げは魔法に近い、R&Bに革命を起こしそうな予感の人物。Jim JonsinにMr. Morris、Rico Loveが共同制作した「No Such Thing As Too Late」も透明感溢れるクリスタル構築な一曲で、透けて色彩の見えそうなBrandyの繊細で滑らかな歌声にウットリ骨抜きにされます(腰砕)。Shondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作した「Let Me Go」もやはりかなり変則的で、ブーインブーインと排気ガスみたいなシンセを垂れ流しつつも、基軸にはちょっぴり南国トロピカルメロディを通したトリッキーな一曲。新進気鋭のH-MoneyことHarmonyが制作を手掛けた「Without You」は、ゆったりと穏やかなメロディの中にも焦燥感にも似たドキドキ感が昂る、ヒリヒリとドラマチックなトラックでBrandyの歌声が映えますね。またもやShondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作した、本作からの先行カット曲「Put It Down」はChris Brownが客演で参加。ヘンテコな早口声の呪文がグルグルと回る、どこかマヌケなんだえれどそれが毒気たっぷりな一曲。吐いた息がそのまま純白の結晶となって零れ落ちるような、そんな凍てついて透き通ったメロディが鮮麗に響く「Hardly Breathing」は、Rico LoveとPierre Medorが共同制作したしんみり系ミッド。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手Mike Will Made-Itが制作(Co制作はP-Nasty)した「Do You Know What You Have」は、ふわふわと宙を遊泳するような無重力状態を味わえる不思議な感触のとろとろミッドで、Brandyのネットリ艶っぽくもなぜだか透明感の凄まじいヴォーカルが冴え渡るドリーミーチューン(溺)。Warryn Campbellが制作(Co制作にBreyon Prescott、ソングライトにはあのFrank Oceanが参加)した「Scared Of Beautiful」も一筋縄ではいかない美しさで圧倒、セピア色の風景を逆回しして観ている様なミステリアスな魅力で、甘い蜜を滴らせる薔薇みたいな変幻自在な曲線を魅せる濃厚なスロウ(酔)。かのMario Winansが制作(Co制作にBrandon Ramon Johnson)したエキゾチックで壮大なミッド「Wish Your Love Away」も素敵、どこか最果ての地で愛するものに想いを馳せ焦がれる様な、そんな美しさとチクっと痛い刺激もあるメロディは、往年のBrandy曲を思わせる安定の仕上がり。Rico Love、Earl, EにPierre Medorが共同制作の「Paint This House」は、いつものRico Loveらしいじんわりと沁み込むスポンジミッドで一辺倒なのが気がかり。DanjaとRico Loveが共同制作した「Can You Here Me Now」は、ホラー寸前なゴーストシンセが濃霧のように辺りを妖しく冷たく包み込む一曲。「Music」は最近ちょくちょく名を見かけるベテラン、Mike Cityが制作という事で嬉しい限り。小気味良いパーカッションと、ひらりと舞い上がる花弁のような麗しく潤い含んだメロディが優麗で素敵。Shondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作の「What You Need」も、滑らかで艶美なメロディを流すかと思いきや、突然と低く重たいビートを落としてまるで工業オイルっぽいテイストを滲ませるあたりが憎くてたまらない(一撃)。

僕としては先行シングル「Put It Down」に全くハマれず、そのせいか発売からほどなくして買うも、あまり聴く回数が乏しかった一枚(リリースラッシュ&仕事多忙な年末だったというのも大いに関係あるけれど)。しかしチャートアクションも好調だったみたいですし、なにより年間ベストであちこちにランクインしていた本作。僕も年を空けてじっくり聴いていると、やはりBrandyの魅力が詰まったナイスな一枚だったと痛感しております(悔)。それでも僕は、あまり世間での評価は高くなった前作『Human』の方が断然好きですが(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment