RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Game「Jesus Piece [Deluxe Edition]」
Jesus_Piece_deluxe_Artwork.jpeg

50 Centのフックアップで華々しくデビューしたCompton精神の継承者、The Gameの通算五作目となる『Jesus Piece』を御紹介。50 Cent率いるG-Unitと訣別した後も、悠々と活動を続けキャリアを積んでいるThe Game(結局はGameでなくなったのか)。多くのミュージシャンが彼の作品に参加する辺りをみても、彼は業界内ではかなりの信頼を得ているのでしょうか。50 Centがなんだか陰ってしまっている感もある昨今、そういう意味ではThe Gameの方が順調に音楽活動を出来ているのは複雑な心境だったり。
それでは愚痴はこの辺でやめて内容をちょっぴり・・・・・・まずはMMGの若頭Meek Millが客演参加した「Scared Now」はBlack Metaphorが制作を担当、夜霧のように冷たくミステリアスに包み込むナイトメア風味なヒリヒリミッドに、The GameとMeek Millのデンジャラスで煙たいラップがじわじわ広がります。同じくBlack Metaphorが制作の「Ali Bomaye」は、Rick Rossと2 Chainzというこれまた勢い抜群な二人が客演参加。Florence & The Machine「Seven Devils」をサンプリングした、これまた悪夢に似た蝕み系のひんやり刺さるシンセが蠢く怪しい一曲。Kanye WestとCommonという贅沢極まりない客演を招いた「Jesus Piece」は、Kanye West(最近は楽曲提供しなくなった)でなくStephen "Koz" KozmeniukとThe Maven Boysが共同制作。ひらりひらりと翻る花弁の様なピアノ鍵盤に、クワイヤっぽい声のブツ切りが塗された古い教会みたいな荘厳さが香るクラシカルな一曲。なだけにやはりCommonが登場した途端に持って行かれている気がする、Commonの知性とスマートさで急激にトラックが優雅さを増す。「Pray」は個人的には応援しているCool & Dreが制作を担当、客演にはJ. ColeとJMSNが参加。ここではじわじわと燃えてくすぶるような曇った音色が、まるで陽炎のようにゆらゆら揺らめく不思議なスロウで、その上をスルスルとすべやかにフロウを流すThe Gameがなかなかカッコ良くてお気に入り。ただJ. Coleもやはり負けておらず、比べて少し芯のある太くタフなラップで応戦していてナイス。続いてはKing ChipとTrey Songzという異色な組み合わせが実現した「Church」はK. Roosevelt制作、乾いたハンドクラップの拍子にトロトロと溶けるほんのり甘いTrey Songzのヴォーカル、そしてThe Gameの擦れて灼けたフロウが焦げ臭い。D'Angelo「Lady」をモロにネタ使いした反則技ネオソウルチューン「All That (Lady)」はCool & Dreが制作、このネタチョイスだけで反則なのにLil WayneにBig Sean、Fabolous、Jeremihまで引っ張り出して円陣組むんだから卑怯このうえない(笑)。D'Angeloの声ループが濃過ぎてJeremihが霞んでいますが、それでもこの面子がスムーズかつナヨナヨとマイクを回すのは気持ち良いか。再びCool & Dreが制作を担当した「Heaven's Arm」はやっとこさThe Game単体の曲、ミステリアスかつ冷たく刺々しく点滅する電子鍵盤の音色がダークで妖艶。SAPが制作した荘厳な教会風な「Name Me King」はPusha T客演、サンプリングネタにはまたもやFlorence & The Machineの「Breath Of Life」が使用されていて驚き。Boi-1daが制作を担当した白昼夢のように朧げなまやかしシンセが揺らめく「See No Evil」は艶やかかつダークでクール、客演にはKendrick Lamar(この手のサウンドは彼の十八番なので、少しThe Gameを喰っている)とTankという事で豪華極まりない、Tankの咽せ上がるような熱を放出するヴォーカルが爛れ具合がたまらない。Cool & Dreが制作し、K. Rooseveltが客演参加した「Can't Get Right」なんかも厳粛で硬質なサウンドがザラザラと流れる荒廃曲。Jamie Foxxがコク深い滑らかなヴォーカルを華麗に披露する「Hallelujah」は今一歩、代わりに新星のElijah Blakeが客演参加した「Freedom」の方が上手くはまってる。Antwan "Amadeus" ThompsonがCharles Mann「Say You Love Me Too」を45回転早回ししたトラックは、一時期の温故知新サウンドで懐かしく耳にとってみ馴染みます(懐)。Bone Thugs-N-Harmony「1st On The Month」を直球ネタ使いした「Celebration」は、フックを担当するChris Brownをはじめ、TygaにWiz KhalifaにLil Wayneまでボンサグっぽい緩急つけたラップで滑走するから困り者(笑)。Yung Ladd制作(Add制作にCool & Dre)の「I Remember」ではFutureとYoung Jeezyという曲者を起用、ただこれはもう脇役二人が目立ち過ぎている気が。Symbolyc OneことS1が制作した「Blood Diamonds」は、以前にThe GameがヒットさせたJunior Reid使いの二番煎じっぽくてハッキリ受けつけない。

うーん、やっぱりゲストが多いんだよな。The Game単体でもカッコイイんだと思うのだけど、やはり他の演者に耳が行ってしまうのも事実(僕だけかもしれないが)。でもこれだけの豪華な面子が集結するのだから、やはりThe Gameって相当な魅力があるんだろうな(理解不能)。いや、カッコ良いんですよ、カッコ良いんだけどなー......でも最終的に、いつも僕にはもの足らなさが残るのも事実。並みな一枚だと思う、評判はとても良いみたいだけれど(困)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment