RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gary Clark Jr.「Black And Blu」
GCJr-BlakAndBlu_500x500.jpeg

Texas州はAustin出身で、12歳からギターをプレイしているという期待の新本格アーティスト、Gary Clark Jr.のデビューアルバム『Black And Blu』を御紹介。Gary Clark Jr.といったら、ここ最近ではあのAlicia Keysの楽曲「Fire We Make」でも渋ーいギターをプレイしていたのが印象深いですね。しかもGary Clark Jr.は映画『Honeydripper』でブルースシンガーのSonny Blake役を演じるなど、俳優としてのキャリアも同時進行させている二枚目、本当にズルいと思います(羨望)。そして華々しいデビュー作がこの水彩画みたいな淡いジャケット、もう素晴らし過ぎます(目眩)。
それではザックリと稚拙な感想をつらつらと・・・・・・まずは楽曲の制作面に触れると、ほぼ全編に渡って手掛けているのはGary Clark Jr.当人と、様々ばアーティストに楽曲を提供しているベテランMike Elizondoが共同で行っているみたいです。Mike Elizondoが関与しているのはちょっと意外、ホント引き出しの多いProducerなんですね(驚)。まずはそんな二人で制作した楽曲から紹介、もうほぼこの二人で作られていると言えます。荒れたオフロードをオンボロなアメ車で轟音立てながら疾走するような「Ain't Messin 'Round」で豪快に幕開け、砂埃みたいなざらついたギターリフがタフでカッコ良い、そんな中でもまるで陽光みたく燦々と清々しくシャウトするGary Clark Jr.の歌声が摩擦係数を少なくしています。Hip Hop的な規則ビートにフワトロな電子音がぼんやり明滅する優美なミッド「Black And Blu」、じんわりと滲み出すような淡い色彩のメロディとホーンが官能的でネオソウル情緒。Gary Clark Jr.の艶っぽく柔らかな歌声が甘く蜜っぽく香るドリーミーな一曲で、途中のファルセットを幾重も織った部分なんかも綺麗でたまらない(恍惚)。明け透けな程の痛快ロックチューン「Travis Country」は、チャリンと何セントか硬貨を入れてジュークボックスから飛び出す様な、もうベタベタバキバキ過ぎて僕らの親父世代も思わずツイストして踊り出すであろう最高にホットなアッパー。どこまでも尖って刺々しいギターの暴れる音色がクールでカッコイイ「Glitter Ain't Gold」なんかも、荒々しくはあるもGary Clark Jr.の清涼で澄んだ歌声が颯爽と吹き抜けて、結局はどこかエモーショナルで甘酸っぱいタッチのロックに仕上がっていて爽快さ抜群なんです(水飛沫)。ぐにゃぐにゃと捻じ曲がって歪んだエフェクトの魔の手が伸びる「Numb」、ヴォーカルにもエフェクト施してどこまでもグラグラと燃え滾る熱波ロックで聴き手を焦がします(燃尽)。かと思えば、オールドファッションな王道ソウルチューン「Please Come Home」で全編を甘いファルセットで歌い上げる始末で困りもの(昇天)。満天の星空まで濡らしてしまうように澄んだ音色、それにトロトロと溶け合い絡む湿っぽくもスウィートで繊細なGary Clark Jr.の優美な絹ファルセットが素敵(骨抜)。「Third Stone From The Sun / If You Love Me Like You Say」はJimi HendrixとLittle Johnny Taylorの楽曲を繋ぎ合わせた独創的なカバー、僕はどちらも原曲を知らないけれどこの痺れ上がる格好良さなら痛いほど分かる(卒倒)。ゆっくりとトローリと鮮やかに色彩を変えゆく白昼夢みたいなミッド「You Saved Me」、仄照らされたギターの音色とGary Clark Jr.の真っ白い光芒みたく澄んだ歌声に吸い込まれ、行き着く先は奈落か天上か(彷徨)。最後を締め括るカントリーテイスト溢れる軽快でちょっぴり辛味の効いた「Next Door Neighbor Blues」、どれをとってもバーボンみたく躯を熱く灼く素晴らしい楽曲ばかり。Gary Clark Jr.とMike Elizondoコンビによる楽曲はここまで、あとは彼らに加えてRob Cavalloが参加し三人で制作した楽曲が数曲ありまして。まず、燻って煙立つようなギターのブルージーな音色がひらひらと美しく漂う哀愁ミッド「When My Train Pulls In」は三者制作、降り続く雨のように冷たく煙るようなじっとりしたGary Clark Jr.の歌声が痺れる。溜めを効かせたギターリフがドクドクと脈打つようにメロディをうねらせる、なんとも燻し銀でタフなブルースロック「Bright Lights」は、Rob CavalloとGary Clark Jr.の共同制作。まるで重油のように真っ黒にどぎつく光るギターとは対象的に、真鍮のように煌びやかで滑らかな輝きを放つGaryの歌声が素晴らしく、総じてどこか繊細で華やかな印象に収まった一曲。陽光に照らされ揺れる樹々のように眩い光が溢れる美しきミッド「The Life」、ここではもうラップみたいなタッチで軽やかにサクサクと羽ばたき駆けるGary Clark Jr.のヴォーカルが心地良過ぎる(気絶)。あとはこれまた昔のソウルチューンのように淡く温かなミッド「Things Are Changin'」も素晴らしい、とても柔らかくて華やかなメロディはとても優しく、雫みたく潤いのたっぷりなGary Clark Jr.のヴォーカルがぐんぐん浸透します(浄化)。

ハッキリ言って僕の好きなR&Bという訳ではないし、ロックとかブルースといった範疇なのかなという。じゃあ嫌いかというとそうでなく、やっぱりダンディズムを感じさせるキリっとした斬れ味のある渋い一枚でカッコ良かった。まあそんな中でもやっぱり耳を惹いたのは、生粋のしっとりシルキーなソウルバラード「Please Come Home」だったりする訳で、今度はもっとR&Bソウル寄りの作品にしてくれたら、間違いなく悶絶死すると思います(決定打)。ロック好きなんかは聴くと新鮮に感じるのかも、Lenny Kravitzとはまた違うテイストで良いんですよね。でも結局はソウル作品かな、どうなんだろう。どことなく一周回ってKid Cudiなんか好きな方は嵌るかもしれません、Alicia Keysが賞賛するのも頷ける洗練された有望なシンガーです(喝采)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment