RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

De La Soul's Plug 1 & Plug 2「First Serve」
1339602572_1.jpeg

90年代にニュースクールという新たなムーヴメントを牽引したDe La Soul、その構成員であるKelvin MercerとDavid Jude Jolicoeurが、Plug1とPlug2として発表した『First Serve』を御紹介。なんだかよく分からないんですが、De La SoulのMC二人の別称として元々、Plug1とPlug2はあったのでしょうか、彼らとフランス出身のProducerチームChokolate & Khalidがタッグを組んで制作されたらしい本作(一応、名義はDe La Soulになっているみたい?)。先述のMC二人がそれぞれJacob "Pop" LifeとDeen "D" Witterなるキャラクターを演じ、その二人がN.Y.はQueensでラップを通じて世界へ飛び出す物語をコンセプトに制作されたらしいです。
小難しい話は分からないので省略して内容に・・・・・・まず制作は述べた通りChokolate & Khalidが担当、彼らはそれこそ本作で2&4というキャラクター設定になっているみたいです。まずはホーンとストリングスが優雅に華やかに絡み合ってスピードを増す「Opening Credits」で幕開け、ここからして劇調になっていて台詞たっぷり、英語は分からない僕にはキツイ(笑)。「Pushin' Aside, Pushin' Along」ではピアノ鍵盤の高音をコツコツ叩くメロディループを軸に、それこそ90年代に栄華を極めた45回転早回しのヴォーカルネタをあしらって聴き易さ抜群。テンションだけで勢いよく畳み掛けるようなパワフルアッパー「The Work」も良い意味で古臭く、ザクザクと適度に切ったメロディに乗せて力で捩じ伏せるような2MCのフックが最高にホット。弦を爪弾き燻らすド渋いメロディがまるでブラックムーヴィーみたいな胡散臭さを漂わせる(褒言葉)「Small Disasters」、ゆっくりじわじわと捩じ上げる様な二人の落ち着き払ったラップがキマっていますね(貫禄)。ギュルギュルと擦り上げるスクラッチ音と共に、とっても華美で輝かしいソウルフル路線を踏襲したレトロチューン「We Made It」は極端に心地良い、単純に楽しく明快な造りは昔ながらのHip Hopファンにはたまらないパーティーチューン、ネタ元とかは分からないけれど一時期のKanye Westなんかがやりそうなソフトで眩い胸キュンメロディ物。ちょっぴりJamiroquaiっぽいディスコテイストを感じさせる軽快ビートの効いた「Must B The Music」、途中の女性コーラスも最高にシャイニーで綺麗だし、この電子音をギラギラと飾ったフロアバンギンなトラックはベタベタだけど良い。ブルージーなハープで始まる「The Book Of Life」もエレキギターの煙たいリフを聴かせ、電子鍵盤の渋く埃っぽいメロディも重なった燻し銀な一曲で最高にクール。Eminemまではいかないけれど、なかなかシリアスで重厚なドシドシビートの「Clash Symphony」もカッコイイ。キラキラと眩いキラメキを纏った柔らかなドリーミーチューン「Pop Life」は昇天モノの心地良さ、こういうメロウで体の芯からリラックスし切ったユルユルの曲(でもどこか上品な高級生地なスベスベ感もアリ)って最近は少ないから希少。ザクザクしたリフを軸に進む「Tennis」、間を空けてクドクドとメロディが唸るオールドスクールな明快曲「The Top Chefs」と分かり易過ぎてなんだか面白い。これまたベタベタな電子音のけばけばしい音色点滅が面白い「Move 'En In, Move 'Em Out」、そのままポップな電子音を引き継ぎエンドロールを流す「Ending Credits」と最後までまるでアニメチックな流れ。

まあ、De La Soulもそうだけれど、あまり難しくなく明快単純な音&ノリを貫いたポップなHip Hopアルバム。遊び心が効いている、とういうより遊んで創り上げたようなキャッチーな仕上がり。という訳で絶対に聞き逃せないって感じでもなく、まあちょっとした息抜きには良いかなという感じ(失礼)。いや、同じユルさ&明快さでいえば、絶対にDe La Soulの諸作を聴いた方が良いと思うのでそういう評価。サイドプロジェクトとして成立してるのかよく分からないけれど(英語分かって物語を読むと違うのかも)、またDe La Soulの音を聴きたくなる一枚。出さないかなー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment