RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Abiah「Life As A Ballad」
0001869320_500.jpeg

N.Y.を拠点に活動する熟練シンガーソングライター、かつてはJeremiahの名で作品を出した経緯も持つAbiahの通算ニ作目(Jeremiah名義のファースト・アルバム『Chasing Forever』を含めて)となる『Life As A Ballad』を御紹介。Abiahは十歳で作曲を始め、その後は大学でオペラを専攻してたのだとか。Abiahはその後、George MichaelやAmel Larrieux、Yolanda Adams等のバックヴォーカルを務めていた時期もあるとか。そんなAbiahといえばやはり、かのRobert Glasperの従兄弟というのが大きなトピックとなっていますね、ここ最近の風潮でいえば仕方ないのですが。そして本作はかのN.Y.レーベル“Purpose”からの配給という事で、通ならば確実に手に入れたい一枚。
という前置きはこのぐらいにして・・・まず本作の全曲を制作したのは、Jeremiah Abiah本人とKeith Wittyの二人。あとは先述のRobert Glasperが全曲に演奏で参加しているのも大きなトピック、今や天下のRobert Glasper様ですからね。まずは本作からの先行シングルとなったのが「September」、それこそピアノ旋律のポロポロと零れ落ちるような儚げで柔らかな音色がたまらなく美しいバラード。凛として淡いメロディの上で、Abiahの濃厚なんだけどスウィートな力強いヴォーカルがひらひら舞う素敵な一曲。僕的に驚いたのが続く「Doves」で、これはかのPrince「When Doves Cry」を大胆にアレンジした意欲的なカバーで御座います。ただこれ、一聴しただけではそれと分からない程のアレンジで、原曲の持つ棘や鮮烈さやタフさを徹底的に削ぎ落とした、ピアノとストリングスを基調とした清冽で透き通った珠玉のバラードへと昇華しています(驚)。ただAbiahの月に吠えるようなドラマチックなヴォーカルは、時としてPrinceみたいな妖艶さを放っていて凄まじくクール。アコースティックギターの雨曇りみたいなじっとりした音色が沁みる「Foolish Heart」も素晴らしい、まるで柔らかに煙る様な夕立の中を濡れながら歩くような、そんなウェットな感触と緩やかなメロディが溶け合う一曲。「This Time」もAbiahのちぎれ雲のようにぼんやりとした輪郭のヴォーカルがふわふわ漂う、アコースティックなナンバーで聴いていてぐっとくる。じっとりと濡れた艶やかなAbiahの歌声にじわじわと酔いが回るジャズっぽいナンバー「Goodbye」、とにかく天へと突き抜ける一筋の光明のようなAbiahの繊細なファルセットが心地良く、ウィスキーを片手にゆらゆらと聴き淀んでいたいアダルトなナンバー。さらさらと爪弾くアコースティックギターの音色が鮮やかに響くミッド「Next Time Around」はほんのりスパイシー、そのメロディ上を清廉と美しいAbiahの歌声が流れに沿って漂い去る一曲。ほんのり仄暗くドラマチックな「Life As A Ballad」はRobert Glasper節な気のする漆黒のバラードで、Abiahの歌声の発する熱だけが鮮やかに照り、そのまま空気を焦がしてモノクロにしてしまう迫力で、その色彩のコントラストが鮮明で綺麗なとっても力強いスロウ。やはりしとしとと降り続ける雨のように、静かで優美なAbiahの歌声にそろそろと溺れてしまう「September (Reprise)」もエレガント。最後を飾る「Turn The Light On」も脆く儚げなピアノ旋律にそっと歌声をすり寄せ、物憂げにしっとり降り続く細雨のようなAbiahの歌声にウットリ、徐々に世界が色を涸らせてモノトーンになってゆくような感覚がかえって心地良い珠玉のバラード(賛辞)。

なんだか巷では“Robert Glasper関与”というのが一人歩きしている気がして、もっとAbiahだけにスポットを当てていい一枚だと思うんだけど(悔)。かくなる僕はRobert Glasperが関与しているとはつゆ知らず、「September」のMVを観て途端に惚れ込んだ次第です。どこまでも純朴で温もりのあるソウル作品で、この一枚を聴いていると見つめる景色がすべて色を失い、モノクロに転調して、だからこそすべての景色の線が美しく鮮明に浮き上がって、よりハートの深部に刺さるのです(感動)。雨の日にじっくりゆっくり、読書でもしながら聴きたくなる一枚、梅雨時にまた引っ張り出してしまう予感がしますね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment