RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Aguilera「Lotus」
a4dixpgcuaee8tu-jpg-large.jpg

その圧倒的な歌唱力で見事にアイドルを脱却した骨太タフな歌姫、Christina Aguileraの通算五作目となる『Lotus』を御紹介。同じ番組出身であるJustin TimberlakeやBritney Spearsと共に、音楽界を席巻したChristina Aguilera、最近彼女を知った若者ならばやはり、アメリカの大人気番組“The Voice”での審査員といった印象が強いのかな。しかしその歌声を聴けば、誰もがぶっ倒れる事間違い無しな迫力と上手さ。Britney Spearsに比べるとかなり本格的なシンガーといった出で立ちで、ポップからソウルからR&Bまで歌いこなす才女。そんな彼女もみるみるブクブク太って、甥まではちょっとオバサン化してしまい、このジャケットからでもその寸胴みたいなボディがチラリ(涙目)。
まあ体型と作品の中身は無関係なんで泣き言はこのぐらいにして・・・・・・まずはAlex Da Kidが制作した「Lotus Intro」で幕開け、ボワンボワンとぼやけた電子音の膨らみトラックの中で、アンドロイドチックな微振動ヴォーカルでじわじわ遊泳するスムーズな滑り出し。そしてTracklacersが制作したズカズカと加速する硬質ビートと明滅シンセが華やかでエッヂーな「Army Of Me」は、流線形のメタリックトラックに乗っかり吠え立てるChristina Aguileraの激旨な歌声がガツンと響く。Lucas Seconが制作を担当した「Red Hot Kinda Love」はインディアンみたいに高揚しバキバキ跳ねるスパイシーな一曲で、力強く唸ったり裏声ですーっと抜いたりするヴォーカルが入り乱れ、なんだかまるで気ぜわしくもカラフルで愉快なサーカスを観覧しているような気分。またもやAlex Da Kidが制作を担当した「Make The World Move」では、盟友(?)となりそうなCee Lo Greenが客演参加、飛沫みたいに飛び散るアグレッシヴなホーンや電子音が眩い鮮烈アッパーで、ソウルフルで馬鹿力な二人のヴォーカルがぶつかって閃光を放つナイスなダイアモンドみたいな一曲。「Your Body」はMax MartinとShellbackによる共同制作、ビカビカと目が眩みそうなぐらいの強烈なフラッシュを連続させる、ギラギラで爆発力抜群の炸裂系のアッパーは十八番スタイル。でもけして速度は早過ぎずにじっくり間を取って、グイグイとグラインドする辺りが憎いメロディ運び、だからこそ一発一発をバチンと弾けるChristina Aguileraの歌声がカチリと嵌る訳で。またまたMax MartinとShellbackが共同で制作をした「Let There Be Love」は、もう飽き飽きな四つ打ちビートからの段階踏んで駆け上がるシンセサイザーの煌めきポップなんですが、やはり聴いたらテンションMAXで跳ねてしまうキャッチー過ぎるベタアッパー(悔)。ただやはりかなりメロディがゆるやか曲線でスマート、ギラギラ寸前のキラキラで止めて流麗で色鮮やかに仕上げているのは巧い(策士二人)。「Sing For Me」はStep Manahanが制作を担当、まるで時間を逆戻ししている様なザクザクと引き摺るピアノ旋律、荒び冷たくも芯のあるタフなバラードはChristina Aguileraの骨太艶やかなヴォーカルにとってもお似合い。同じくピアノ鍵盤の弾き語りによる純粋なバラード「Blank Page」はChris Braide制作、潤いと気丈さを含んだ清廉とした歌声に力強くも優しくきゅっと抱き締められる綺麗な一曲。激しく打ち叩かれる太鼓の大群ビートが押し寄せるも、どこか繊細で脆そうなガラスメロディが耳に残る「Cease Fire」、Alex Da Kid制作のドラマチックで凍てつき尖った痛々しいバラード。Dwayne "Supa Dups" Dhin-queeが制作を担当した「Around The World」は、硬質なビートとピコポコとレーザーみたいなシンセが激しく交錯しスプラッシュする強靭なアッパーでグッド。Alex Da Kidが制作した「Circles」はまるでRihanna印なトロピカル味のキュートポップで、フックでの捻れたエフェクトもカッコイイしなんだか病み付きになってしまうハジけっぷり。またまたAlex Da KidがJayson Dezuzioが共同制作した荘厳で雄大なパワーバラード「Best Of Me」は、Christina Aguileraの猛々しくも凛として輝く女性的な逞しさが光る一曲。番組『The Voice』繋がりでBlake Sheltonと共演した「Just A Fool」はSteve Robsonが制作、これはもうベタベタ王道な圧巻バラードなんだけれど、厭味もなく単純に聴いていて痛快だし心が鼓舞される躍動感たっぷりのラヴバラード(鳥肌)。一応ここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらにボーナス曲が追加されております。まずAlex Da Kidが制作した聖なる光が全てを包み込む後光バラード「Light Up The Sky」、これは下手すると大袈裟になりがちだと思うけれど、Christina Aguileraの威風堂々たる歌声がそれを感じさせず、またブリッジの少し南国っぽくユルく透かす辺りのメロディ運びも秀逸。Busbee制作の「Empty Words」もそういう意味では王道のバラードで聴いていて安心、こういうのが本当にお似合い。それら王道に対し、ジャングル臭い泥ビートに塗れるアグレッシヴなアッパー「Shut Up」は結構と奇天烈で楽しい。Alex Da Kid制作で下品に際どいひっちゃかめっちゃかな繁雑ビート&メロディが痛快。あとは「Your Body (Martin Garrix Remix)」「Your Body (Ken Loi Remix」がオマケで付いています。

んーーー、やはり物足らない仕上がりかなー(困惑)。やはり僕ら世代はガッツリ『Stripped』を聴いた身なんで、こういう一辺倒なポップ作品ごときでは物足らないというか。そういう意味では成功とまでは言えないまでも、失敗作と野次られる前作『Bionic』の方がまだ攻めていたし、尖った部分はあったか。でもAlex Da Kidは良い仕事しているし、ガッツリ歌うChristina Aguileraを楽しめるのは本作の方だし、なんとも難しいところ(微妙)。というかやはり、太り過ぎというのが一番大きいかな、その分Christina Aguileraの持ってたシャープでエッヂーな感触が薄れている気がします(詮索)。とか言いつつも普通にカッコイイし、楽しんで聴ける魅力はある訳で、やはりChristina Aguileraに対する期待度が半端じゃないってのが真理か(苦笑)。またバッチリ痩せて、ダーティなあの頃を取り戻して欲しいなー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment