RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rhye「Woman」
Rhye-Woman.jpg

Robin HannibalとMike Miloshで結成されたソウルデュオ、Rhyeのデビューアルバム『Woman』を御紹介。まずRobin Hannibalは、いま要注目といわれているQuadronの頭脳的存在。そしてMike Miloshは、かのBilalも所属していた芸術的嗜好の強いレーベル“Plug Research”在籍の白人ソウルシンガーソングライター。その二人がなるべくして結託して結成されたのがこのRhye、いやー濃い奇跡ってあるのですね(遠目)。そしてその二人の姿は全く写らずに、裸の女性が仰け反るような首元を写したこのジャケット、もう素晴らしいの一言に尽きますね。今年のジャケット大賞は、早くもこの作品に捧げても良さそうであります(下馬評)。
それでは早速中身を拙い文章で綴らせてください・・・・・・勿論、全曲がRhyeの二人による制作で御座います、一応書いておきますね。まずは夜が明けて雲の切れ間から朝陽がスーッと光芒を照らすような、神々しくも煌びやかなスタート「Open」からしてエレガント。Mike Miloshの女性の透き通った白肌みたいな、中性的で淀みのない無垢な天使ヴォーカルがふんわり鼓膜を包み込む一曲。ピアノ鍵盤のひらりひらりと翻るようなメロディと、ちょっぴりエキゾチックで刺激的なベースとビートが滑らかに絡み合う「The Fall」もなんだかミステリアス。ちょっぴりゾクゾクさせるストリングスのもぞもぞした音、そんな中でMike Miloshがそれらを蜜で絡めとるように、甘く繊細に紡ぎ上げる感触がたまらなくセクシー。電子鍵盤のベッタリした音色に、サクサクと弾ける弦リフがつーっと滑らか鋭利に光る「Last Dance」の、異国情緒な感じとMike Miloshの霧っぽいじっとりしたヴォーカルが、なんだかSadeを彷彿とさせるエレガントスパイシーな一曲でグッド。そんなSadeっぽさをより色濃く滲ませた官能的スロウ「Verse」、ちょっぴりチープで平べったい電子音がポツポツと滴り落ちる事で、空間より鮮明に感じられて圧倒的な静寂に飲まれてしまう幻想的なスロウ。しかもここでのMike Miloshのじんわりじんわりと、ゆらりゆらりとなだらかな曲線を描きながら色めくヴォーカルが見事で、それこそ女性のうなじから背筋からお尻までの芸術的な曲線美を賛辞するかのような、鼓膜を伝い落ちて意識の奥底に溜まってゆくような囁きヴォーカルがたまらないです(鳥肌)。「Shed Some Blood」のざくざくエッヂーな感触と、深夜の冷たい風を胸いっぱいに吸い込む様な、冷たくもムーディな味わい、もうこれもまるでSadeに匹敵するエキゾチックブルーといった仕上がりのストリングス曲。「3 Days」の自転車で新緑の中を走り抜けるような朗らかさ、僕は好きですねー。Mike Miloshの催眠術に近いふわふわな砂糖ヴォーカルが意識の奥底で溶けてゆく「One Of The Those Summer Days」の暈やけ具合も絶妙で、まるで繊細で淡く柔らかな印象派の絵画を観ているような感覚で(夢現)。ゆっくりと夜空が白んで気温が上がり、朝靄が溶けて消えゆくような、そんな微温の滲み方が心地良くて目眩がしてしまう「Major Minor Love」も美しいの一言に尽きます(溜息)。ハンドクラップにベースのブイブイいうリフ、そしてビカビカとチープに輝く電子音の交錯がしっとりファンキーな「Hunger」も懐かしディスコテイストでもとってもクール。最後を飾るのもベッタリした電子オルガンみたいな音色がプカプカと浮かぶメルヘンソウルな「Woman」、紺碧の海の中の色鮮やかな珊瑚礁の間をゆっくりと泳ぐ様な感覚とでもいいましょうか、とにかく神秘的で雄大なんですよね(解放)。

何度も文中でSadeを引き合いに出して悪いのですが、やはりどこかそういうテイスト&雰囲気を感じずにはいられなかった本作。それはでも猿真似だとかいう訳でなく、とっても心地良くて創造性にも満ち溢れていて、すごく刺激的でいた穏やかな一枚で始終ウットリで御座いました(骨抜)。でも甘過ぎないんですよね、とってもアダルトでちょっぴりアンニュイな空気も漂っていて。なんというか、ブラック珈琲に角砂糖をポトンと落として、それがはらはら溶けて甘味が広がりゆくような、そんな絶妙な芳醇さが香り立っている一枚(意味不明)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment