RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Meek Mill「Dreams And Nightmares」
meek-mill-dreams-and-nightmares-album.jpeg

Rick Ross率いる“Maybach Music Group”の若頭的存在、注目の有望株Meek Millの記念すべきデビューアルバム『Dreams And Nightmares』を御紹介。新人ながらレーベルコンピにも度々登場しているし、発表したMixTapeも軒並み高評価でしたし、なによりかの“XXL Freshman”にも選出された経緯のある実力者。しかし驚くのはMeek MillがPhiladelphia出身であること(意外)、あと彼はRick Ross以前にT.I.のサポートも受けていたんですね、ちょっと知らなかったなー(無知)。そしてMeek Millはその後、かのJay-Z率いるRoc Nationとマネジメント契約しませんでしたっけ、ちょっとうろ覚えです(陳謝)。という訳で新人ながらも、かなり期待され待望された一枚だった記憶があります。
それではちょっくら感想を書かせて頂きまして・・・・・・まずはTone The Beat Bullyが制作した「Dreams And Nightmares」でスタート、MMG特製の上質シルキーな肌触り(鼓膜触り)なピアノ流麗ミッド。中盤からドスドスとグロテスクなビートが乱打され、Meek Millも吠え出す沸点超えの瞬間がカッコイイ。いかにもMMGらしいおどろおどろしく重圧たっぷりな鉄塊チューン「In God Trust」はBlack Metaphorが制作、ティロティロと煌めき流れる電子音の細やかなメロディの上で、ブチ切れ寸前で吠えるようなフロウが厳つい。新進気鋭のJahlil Beatsが制作した「Young & Gettin' It」はKirko Bangzが客演参加、ボウンボウンと膨張気味な打ビートが大きくうねってバウンスし、機械でグラフィカルに加工された両者のフロウがサイケに交錯するポリゴン的爆発を繰り返す一曲。「Traumatized」はBoi-1daが制作を担当、いかにもBoi-1daらしい降り続く雨の様にメランコリックでドラマチックなメロディ、バチバチと硬質で切り裂くようなドラムスビート、その中で淡々と言葉をぶつけるMeek Millの気迫がカッコ良くて痺れてしまう一曲。Young Shunが制作した「Believe」では、大ボスであるRick Rossが援護射撃。まあこれでもかってぐらいのMMG印で、僕はこういうドロドロした溶解マグマトラックってのが苦手であまり受けつけない(苦笑)。そのRick Rossに加え、NasとJohn Legendまで共演という濃密過ぎる渋い人選が光った「maybach Curtains」はInfamousとThe-Agencyが共同で制作。ゆったりと艶光りするピアノ鍵盤と笛音とホーンがまろやかに甘美に溶け合うスムースな色香のミッドで、これはもう完全にNasとJohn Legendが喰ってしまっている感が否めないか。KeY WaneとJahlil Beatsが共同で制作し、Doobie Brothers「Minute By Minute」をサラリとお洒落にサンプリングした一曲で、この感じで駆け出しの頃のKanye Westを彷彿とさせてちょっと懐かしい感じ。ふわふわとした柔らかで温かな感触のオルガンとピアノの鍵盤の協奏が、素晴らしくエレガントで思わず微笑ましくなってしまう一曲。ここではDrakeが客演参加しているんですが、それよりもクレジット無しで参加しているJeremihの方がガッツリ耳に飛び込む、聴いただけでJeremihと判るあたりは彼のヴォーカルの個性の強さか。バシバシとキックして砂埃を上げるタフでハードなざらざらしたトラックが無骨でたまらない「Young Kings」はLee Major制作、この曲なんかは90年代のN.Y.を思わせるサウンド(つまり僕の中での黄金期)でこのザクザク切り開き突き進む感じが最高、Meek Millの全てを吹き飛ばすようなノンブレスな突破ラップもキレキレでグッド。冒頭のTrey Songzの昇天ファルセットで一気に意識は飛んでしまう艶麗キラキラミッド「Lay Up」は、他にもレーベルメイトのRick RossとWaleが脇を固めた分厚い一曲。タタタタタと叩く連打ビートと、仰け反るようなギターの音、熱いモノが迸るようなスプラッシュ感が鮮烈で刺激的。こうやって聴くとMMGのマイクリレーというのは堂に入っててやはり手練集団、そのゴツゴツ部分を滑らかに繋ぐTrey Songzの濃厚蜜味なヴォーカルがナイス。再びBoi-1daが制作した「Tony Story Py. 2」の悲哀っぷりときたらない、しとしと延々と降り続く雨のように冷たく穏やかなメロディが、まるでオルゴールのように寂しくキラキラ鳴り続く一曲。Tommy "TBHITS" BrownとTravis Saylesが共同制作した「Who Your Round」、客演には女王様ことMary J. Bligeが参加。もうこれはMJBを迎えただけあって上質でソウルフルなトラックで、とにかくストーリーを繋いでゆく重厚で壮大な一曲。Cardiakが制作した「Polo & Shell Tops」なんかはまるでEminem的な、カチカチ硬質ビートと冷徹でシリアスなメロディが凍てつく氷点下トラック。Louie Vを客演に従えた「Rich & Famous」はJahlil Beats制作、最後を飾るホラー寸前な鬼火チューン「Real Niggas Come First」はKanoeとGot Kokeが共同で制作。

うん、平均点な一枚で御座いました。というか英語分からない僕では所詮は語れないんですよね、質感とかトラックとの相性みたいな雰囲気でしか味わえない(無知)。だから結局は声質とかフロウによって好き嫌いが別れるんですが、結局はMeek Millも好きかどうか分からなかったというのが本音(阿呆)。ただそんな耳にも残らないし(あくまで個人的な感想)、コレといった美味しい曲も見当たらなかった、客演してる時のMeek Millはもっと熱く感じたのだが。ただそれでも結構聴いてはいたんですよね、でもパッと思いつく曲がなくて、結果昨年には買ってたのに今更ブログに書いている始末。次回作に期待しています、ちょっとMMGから離れたところでの作品を聴いてみたい気も。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment