RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe Budden「No Love Lost」
joe-budden-no-love-lost-new.jpeg

N.Y.はHarlem生まれ、New Jersey出身の鉄人MCことJoe Buddenの通算三作目(デジタル販売を除く)となる『No Love Lost』を御紹介。Joe Buddenといえば彼の代表曲でありHip Hopの歴史でも重要な超特大ヒット、「Pump It Up」があまりにも有名(制作は御存知のJust Blazeで、Kool & the Gang「Soul Vibrations」ネタ使い)。その「Pump It Up」を含んだアルバム『Joe Budden』は全米8位ランクインという大ヒットを記録するも、その後はなかなか表舞台に出現できない苦渋の日々(客演はアレコレこなしていましたが)。しかしそんな中でかの玄人軍団Slaughterhouseを結成し、そのままEminemのレーベルと契約、メジャーの舞台で華々しく復活しました(祝福)。そんな勢いを取り戻したJoe Buddenが満を持して発表したのが本作、配給はE1という事で流石の取り揃えですね。やはりデビューアルバムのキャップを被っている印象が強くて、彼がCommonに負けないスキンヘッドだと知った時は、なぜか衝撃でした(笑)。
それでは早速どんな中身になっているか触れたいと・・・・・・まずは幕開けを飾る「Our First Again (Intro)」があまりにしっとりしなやか上品な滑り出しで面食らう、制作はSLVなる人物が担当。ここではKeyshia Cole似な艶やか華やかヴォーカルのWakenna Rosadoがじっとりと素敵な歌声で華を添えます。そのままヒンヤリとした夜風みたいなシンセを纏って滑走するミストミッド「Top Of The World」はMizfitz Soundzが制作を担当、客演にはKirko Bangzが参加。これはもうモロにDrakeっぽいゆらゆら蜃気楼みたいなメロディが立ち昇る一曲で、特にエフェクトかけたKirko Bangzのヘロヘロで低く這うような歌声が肝。それとはお構い無しにズタズタと切り裂き進むJoe Buddenの、渋くて骨太なラップが厳つくてカッコイイ。T-Minusが制作を担当した「She Don't Put It Down」は、Lil WayneとTankというなんとも豪華な取り合わせが実現。熱気がムンムンと立ちこめるような湿度の高い、蒸し蒸ししたシンセの揺らめきトラックが妖艶で病み付き度が高い。Joe Buddenの重量級ながらも小回り効くラップ、Lil Wayneのチロチロ舌を出す爬虫類ラップ、Tankの筋骨隆々のくせして柔らかセクシーなヴォーカルと全てが上手く噛み合っています。VinylzとBoi-1daが共同制作した「NBA」では、Wiz KhalifaにFrench Montanaと勢いのある若手二人を援護射撃に起用。毒々しい光化学スモッグ模様のシンセをボヤボヤと浮遊させる気だるいサウンドに、三者三様なラップが絡み合う面白い一曲。Cardiak制作(Co制作をKdotonthebeat)した「You And I」では、もうJoe Buddenの右腕化している男性シンガーEmannyが客演で参加。しんみりと切なくて儚げなピアノ旋律が涙のように零れる繊細メロウで、しっとり穏やか静かに淡々と語るJoe Buddenのラップが耳にじんじん沁みるし、Emannyの甘酸っぱくて果汁たっぷりな歌声がほどよくスウィートでたまりません。Vinylzが単独制作した「Castles」も内省的でドラマチックな一曲で、しとしと降る電子音とビートのみで音数少ない、エコー気味の鍾乳洞サウンドにJoe Buddenのラップがしんみりと深部まで浸透する一曲。SlaughterhouseよりRoyce Da 5'9"と、僕的には要注目だと思っていたKobeが揃って客演した「All In My Head」はCardiakが制作を担当。これもポロポロとピアノ旋律がひび割れながら奈落へ落ち消える内省的スロウ、この二人だから貫禄と味わい(佇まい)が完璧でしんみり聴けるし、なによりやっぱりKobeの歌声が僕は好きなんだけどな(応援)。これまたSlaughterhouseよりJoell OrtizとCrooked Iが客演参加した「Skeletons」、制作はFrequencyでフックを担当する女性はKaydenceなる方。これもとてもシルキーかつソウルフルで気品高い一曲で、寂寞感と哀愁が爆発し充満し漂っている孤高のミッドでグッド。Emannyが再び客演参加した「Ghetto Burbs」は、なんとSean C & LV(Sean CはSean Combsでなく、Sean Caneである)の激渋いコンビが制作を担当。潤いと艶っぽさが爆発した流麗なナイトクルージング曲で、Joe Buddenの抑え気味なシャープで滑らかなラップが走るのが最高に心地良いし、Emannyの香り立つようにフローラルで甘美な歌声もバッチリ似合っててグッド(昇天)。A6が制作したドロドログドグドなサウス仕様なマグマビートが痛快な「Last Day」は、Juicy JとLloyd BaknsというHip Hop愛好家垂涎の手練二人を召還。全員が燻し銀でダークでソリッドなラップをぶつけていてキレキレッ、中でもLloyd Banksの焦げ臭いラップはやっぱりイルでカッコイイ(卒倒)。Cardiakがまたもや制作を担当したカシミヤ仕様の壮麗ピアノバラード「Switch Positions」、Omarionが客演しなんとも官能的で曲線的な淡い吐息ヴォーカルを燻らせていて、これがシャンパンの様に高貴に輝くトラックと相俟ってじんわりとトローリ鼓膜を溶かす美しい旋律で素晴らしい(骨抜)。「Tell Him Nothing」はSLVが制作&客演を担当、これがもうじわじわと光を洩らすスベスベしたトラックでとても煌びやかでスマートで堪らない(痺)。SLVのトラックメイクも素晴らしいしなによりファルセットでふわふわ浮遊するフェザータッチな歌声もイケる(美味)、ゆったりとふくよかな曲線を描くドリーミーサウンドにただ溺れるばかり(悶絶)。ジャカジャカかき鳴らすスパイシーなギター旋律が荒涼と響く「Runaway」は、Beewirksが制作を担当したEminem好みな哀愁ロック調なナンバー。Darknightと8 Barsが共同制作した「My Time」はクレジット無いけれどEmanny参加、凍てつくストリングスが吹き荒ぶドラマチックで棘のある一曲で壮大。最後を締め括る「No Love Lost (Outro)」はCardiak制作、最後の最後まで味のあるざらついたラップを聴かせるJoe Buddenに拍手喝采です。あとラストにはオマケ的な「She Don't Put It Down (Remix)」を収録しており、Lil Wayneに代わってFabolousとTwistaを投入するという嬉しいオプション仕様。こういうトロトロと粘液性の高いトラックでのFabolousはまず無敵、でも光速でキンキン突き進むTwistaの怪物ラップもやはり癖あって面白い(流石)。

Joe Buddenがここまでメロディ立ったアルバムを創ろうとは、ちょっと驚きでした(面食)。なんというか、悪く言えばDrakeっぽいアプローチなのかもしれないけれど、幸運にもJoe Budden自身は歌っていないので良かったかな。かなり豪華なゲストを迎えつつも、きちんと主役はJoe Buddenで名脇役Emannyとの相性も抜群で聴き易い。ただ、我侭を言うならばやっぱりキャッチーで激しく厳ついドカドカしたアッパーを聴きたかった、まあこの中では不釣り合いで完全に浮くかもだけど。ただそこはシンガーを上手く起用して、サッパリ清涼に流れるメロディ物が欲しかったかなー。でも格好良いですよね、ナイスでした。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment