RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyga「Hotel California」
I1ZAVoL.jpg

YMCMBの若頭(Drakeはそういう感じじゃない)的存在、Tygaの通算三作目となる『Hotel California』を御紹介。僕が知らなかったのはTygaのステージネーム由来、これって“Thank You God Always”の略なんですね(驚愕)。TygaがYMCMBに合流した時はかなり驚きましたし、それは今でもなんとなく違和感としてあるんですが、本作もYMCMBからの配給という事でまだ残留している模様。私生活ではストリッパー(モデル?)のBlac Chynaとの間に男の子を授かり、正に順風満帆で御座います(祝福)。本作では高級リゾートホテルで撮影したような感じで、傍には虎が寝そべっている、このストレートにタイガーな感じが僕はツボです(笑)。
それでは中身についてちらほらと・・・・・・まずはRyan Huntが制作を担当した「500 Degrees」でおどろおどろしく幕開け、このタイトル曲に元締めであるLil Wayneが参加しているのは御愛嬌か。トラックはなんて事ない不穏でヒリヒリする冷気シンセが重く漂い、その中でTygaの辻斬り並みに軽やか鋭いラップと、Lil Wayneのネッチリ粘性の高いラップがひっつくまんまな一曲。FKiがDr. Dre「Deep Cover」をサンプリングした「Dope」ではRick Rossが参加、音数少なくベッタリ重たい直角メロディにクラップとガス漏れシンセがアクセント、二人もなんともベッタリ抑揚ないラップで転がるチープ寸前なシンプル曲。「Get Loose」ではRonald "Ron Sizzle" Smithが制作を担当、これまた音数少なく洞窟内でぽたぽた雫が滴るようなこもったピコポコ音とクラッシュビート、その中でノンストップでサクサクと切り抜けるTygaの軽妙なラップがイルに響く一曲。Frederik「Viskra」を下敷きにした「Diss Song」はCool & DreとJess Jacksonが共同制作、この曲の持つ哀愁具合とか荒涼感とかはまるでKanye Westっぽいタフでドラマチックな雰囲気で素晴らしい。Tygaも冷めた鋭い中にも少し熱っぽく荒いラップを閃かせていて、こういうシリアスな曲も難なくこなせるのかと感心するばかり。DJ Mustardが制作した「Hit'em Up」ではまさかのJadakissが参加、この手のヒリヒリシリアスな鍵盤コツコツループ曲は仰山ある訳で、そこに"ヒャッハー♪”と叫び煙に巻くJadakissを迎えてド渋く燻し銀にキメ込んだのが上手い訳でして(演出勝利)。Cederic GervaisにWiz Khalifa、Mally Mallが参加している「Molly」は、Dez DynamicとJamal "Mally Mall" Rashidが共同制作した妖艶なスモッグチューンで視界不良な煙幕シンセのオンパレード、そこに呪文みたく渦巻く“もーり♪もーり♪”フックが耳に残る一曲。Lil'CとMursが共同制作した「For The Road」はChris Brownが客演参加、しかもサンプリングネタにSWV「Rain」を使うという鉄板反則技を駆使。繊細で柔らかくしとやかな淡いメロディにTygaの華奢なラップはお似合いで、Chris Brownが器用なファルセットでふわふわ舞う華麗なフックも見事。Detailが制作した「Show You」ではFutureが客演参加、ひらひら花弁みたく舞うピアノ鍵盤の音色に降る指スナップ、そしてFutureのオートチューンで歪曲したほろ苦い珈琲の湯気みたいな歌フックが最高にマッチ。あまりにFutureがトラックと相性抜群過ぎて、Tygaがちょっと陰ってしまっている気もしますが(苦笑)。Cool & DreがTony! Toni! Tone!「It Never Rains (In Southern California)」をベッタリ丸々使う粋なサンプリング魔法を繰り出した「It Neva Rains」が最高、トークボックス使ったりSaadiqの声をそのまましっとり降らせた甘酸っぱくも爽快なメロウ。Tygaもこういうちょっぴり爽やかで晴れやかなトラックでこそ軽妙で颯爽としたテイストを発揮できてるし、またThe Gameが焦げ臭くもナイスなラップでクールにキメていて心底憎いんです。FKi制作の「M.O.E.」では再びWiz Khalifaが客演参加、これはどこかサイケデリックで異空間浮遊なシンセの瞬きが独特で美しいスロウジャム。スピーカー越しに聴こえるようなWiz Khalifaのアナウンス調の歌フックもナイスですし、スベスベして滑らかな二人のシームレスなラップの掛け合いも聴いていて心地良い。League Of Starz制作の「Hijack」では2 Chainzが参加、彼が絡むといつも平坦単調な仕上がりに感じてどうも面白くない(苦手)。同じくLeague Of Starz制作の「Get Rich」もそんな面白味はないかな、こういうグドグド系はTygaに似合わない気が。SapがCorinne Bailey Rae「Young & Foolish」をサンプリングしたオーガニックスロウ調の「Enemies」はイイ、ギター弦のスルスルと擦り抜けるしとやかなメロディ、チャカチャカと叩く民族楽器みたいな打楽器ビート、その中で淡々と吐き出すスピーディなTygaのラップが味わい深い。「Drive Fast, Live Young」はDavid D.A. Domanが制作を担当、ブルージーで擦れっ枯らしなトラックがとってもドラマチックで燻し銀な一曲。最後はThe Olympicksが制作した「Palm Trees」で柔らかセクシーに幕切れ、夕暮れに染まる海岸沿いみたいな骨抜きメロウな鮮やかさが眩いまったりドライブチューンでグッド(恍惚)。

なんというか、どれだけ柔軟な男なんだとほとほと痛感した一枚。デビュー作ではPatrick Stumpと絡んでロックで軽快な作風、MixTapeではChris Brownとポップで鮮麗なメロディアス作風、二作目ではDrakeに寄せつつも上手く自分で消化した陰鬱で芸術的な作風。そして本作ではこれまでの様々なエッセンスを散りばめながら、なんだか一周してHip Hopの醍醐味みたいなものを感じさせる、バランス感覚重視な一枚で手堅く聴かせます。Drakeがある意味で一辺倒に感じる分、Tygaの方が意外と長生きしちゃうんじゃないかと期待値上がってしまう感じです。ゲストも多いんだけど、なんか無理矢理呼んだとかでなく自然とコラボしちゃった感じに感じるのは何故?


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment