RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelis「Flesh Tone」
kelis-fleshtone.jpg

The NeptunesにフックアップされR&B界に震撼を与えたThunder Bitch、ことKelisの通算五作目となる『Flesh Tone』を御紹介。The Neptunesとの最強タッグでガンガンとヒット曲を飛ばしたものの、なぜかStar Trakを離脱してしまい、それからはちょっと失速している気もするKelis。Nasとの結婚は僕個人としてはかなり嬉しくて、その後に泥沼離婚してしまった事は(今は関係良好の様ですが)かーなーり残念でした(悔涙)。そんなKelisが心機一転して(?)、will.i.am率いる“will.i.am Music Group”へ移籍して創られた一枚。
それではザックリと感想をつらつら書かせて頂ければと・・・・・・まずは本作の収録曲数、たったの9曲とかなりコンパクトで御座いましてEP的な一枚かもしれません。まずはBurnsが制作を担当した「Intro」で幕開け、これもれっきとした一曲で、ブバブバと微振動しながらじわじわ広がる細波シンセに、Kelisの低く地面を這う紫煙のようなヴォーカルが毒々しい。ボツボツと叩き続ける四つ打ちビートにそわそわハートが疼いてしまう「22nd Century」はBoys Noizeが制作を担当、電子音でザクザクとした角度をつけつつもメロディは華麗で滑らか。ふわふわとしながら強力な磁場を創る波動みたいなKelisのまろやかヴォーカル、それを取り巻くピュインピュイーンな電子音の軋みもナイスアクセント。DJ AmmoことDamien Leroyが制作を担当した「4th Of July (Fireworks)」は、オルガン鍵盤をパラパラと弾き零したメロディがまるで流星群、白い吐息みたく冷たく繊細でドラマチックなKelisの歌声は、フラットで無味無臭に思わせるが実際は柔らかくじんわりと温度が伝わる生々しいもの(刺激)。幾つもの閃光が駆け抜けてザクザクと突き刺さる滑走チューン「Home」はFree School制作、バシバシと眩く瞬くストロボシンセにKelisのぼんやりとした蛍光ヴォーカルがクール。「Acapella」はあのDavid Guettaが制作を担当(Co制作にFred Riesterer)、TVゲームみたいなレーザー音がビヨンビヨンと跳ね回す機械仕掛けな派手メロディが面白い一曲。同じくDavid Guettaが制作(Co制作にEl Tocadisco)した「Scream」、これはピコポコ電流を走らせるトラックもナイスだけど、サイボーグみたいにカチカチなラップ風ヴォーカルを聴かせるKelisが最高でして(痺)。とにかく何も考えず感じるままに音を浴びてジャンプするしかない「Emancipate」はAlle & Benny Banassiが制作を担当、Kelisの腫れぼったくてじわじわ熱を帯びるヴォーカルが妖しく曲線的に立ち昇るディスコチューンでグッド。同じくAlle & Benny Banassiが共同制作した「Brave」もビヨビヨと波線系の電子音がグラインドするアッパーなダンスチューンで、クールに斜に構えた感じでKelisの歌声が蜃気楼に包まれるエフェクトが最高。最後を締め括る「Song For The Baby」はFree Schoolが制作を担当、冒頭でホーンを散りばめたり滑らかやんわりとメロディが溶けてゆく感じは、ファンクっぽいグルーヴも感じられてイイ。まるでEW&Fを蜜で固めたような黄金ツヤとカチコチ感、華やかにドリーミーな歌声を解放するKelisに飲み込まれる快感かな。

当時この盤が出された時は、それこそエレクトロ氾濫期にありまして(今もそうだし、むしろほぼそうだが)。結構と思い入れの強いKelisまでもがその作風に没するかと、なんだか悲しくなって買わないままでいました(天邪鬼)。で、かなりの月日が経ってからやはりKelisだからという事で購入。こうやって聴くとやっぱり攻めていて、Kelis特有の電撃的なネットリ艶やか感も健在、やはりカッコイイ一枚に仕上がっていたんだなと懺悔(土下座)。まあ、それでもやっぱりKelisは歌えるんだから、もっとメロディの立った曲を聴きたいってのもありますが(本音)。ハッキリ言って、発表するのが早過ぎたのかもしれません、最近のSolangeなんかはこういう毛色で上手くやっているし(憶測)。それでもやはりKelisがクールでカッコイイ、そして何故この時期にこの作品を取り上げたかというと、Kelisが新作を準備しているらしいから(興奮)。しかも制作の相棒に選んだのが、TV On The RadioのDave Sitekだというからもう鳥肌立ちっぱなし(予定)。はあーーーー、早く還って来て欲しい、あとThe Neptunesと組んで欲しい。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment