RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Styles P「Float」
styles-p-float-artwork.jpg

The Loxとしてデビューし、その後はソロで良作を量産し続けているStyles Pの通算六作目となる『Float』を御紹介。The LoxといえばこのStyles P、Jadakiss、Sheek Louchで結成されたハードコアなトリオですね。しかし中でもこのStyles PとSheek Louchが共に、これほど沢山のソロ作を出そうとは、誰が予想したでしょうか。そういう意味では、客演も多いJadakissはやはりプレッシャーが大きいのか、なかなか作品を出しませんね(焦)。最近のストーナーの流行を意識してなのか、ジャケットも含めなんだかモクモクと妖しく煙るStyles Pがなんとも魅力的。しかし、ここに写るStyles Pは、とってもJadakissにソックリでちょっとややこしい(笑)。
それでは気になっちゃう内容をふらふらと書きますと・・・・・・まず本作を語る上で外せないのがProducer、全面的に新進気鋭の人気ProducerのScram Jonesを起用しております。バフンバフンと空気を含んで破裂するビートに、キリキリと軋んだストリングスがつんざめく「Float Intro」からしてもうハードコア。「Manson Murder」で同じ時代を戦い切り抜けたN.O.R.E.と共演、カンカンと無表情に叩く鍵盤音とそぞろに浮つくビートが不穏過ぎる、Styles Pと共に抑えめにラップをボトボト落とすN.O.R.E.はやはりベテランだなーと実感。視界ゼロになりそうなぐらい濃く、冷たく刺さる夜霧みたいなシンセが浸食するホラー風味な「Bodies In The Basement」もとってもクール。こういう音数が少なくてジワジワと毒すようなトラックでこそ、Styles Pの凍てついた刺々しいラップがヒリヒリと鼓膜で感じられて最高に痺れます(朦朧)。ドカドカとキックするビートに音割れしたホーンが暴発するド派手な「Hater Love」、客演には盟友であるSheek Louchが参加していて阿吽の呼吸で突進します。力強く骨太な音色をボムしながらも、猛々しく闊歩するようなのっそりトラックが素直にカッコイイし、二人の余裕綽々で聴き手を捩じ伏せて圧しかかるような武力行使ラップも最高。ドタドタと叩きまくる地鳴りビートに乗せてボコボコと荒いラップで猛進する「Take You Back」のシンプルさは神業、ほぼビートに声ネタループし続ける中で華麗に舞うStyles P、上質なモノクロ映画を観るような逆洗練(色彩が溢れ返った時こそ、原点に立ち戻った時のインパクトと美を感じる)的効果を最大限に発揮できたナイスHip Hopチューン。本作を象徴する曲かもしれないストレートな「I Need Weed」のクラクラ目暈が起きるような酩酊トラック、悔しいけれどズブズブと嵌ってしまってハイになること必至かと思います(覚悟)。ゆらゆらと電子音が燻る感触とピコピコと裏鳴りするトリップ感を加速させるトラックはとにかく病的だがクール、それをぐるりと取り巻くStyles Pの抑えめでじわじわ浸食する紫煙ラップもナイス。「Red Eye」では名相棒であるJadakissとがっつりタッグ、バシバシと喰らわす打撃ビートと銃声とタイヤ軋む音、まるで殺伐としたストリートを二人が駆け抜けるようなスリリングさがたまらない(喧騒)。クレジットこそないものの、確実にQueenの名曲「Flash」を大胆サンプリングしている「Reckless」ではRaekwonが客演参加。王道なこの曲の声をぶった切ってループさせつつ、ギュルギュルと重たいスクラッチを引きずり回すテイストはもはや定番、そこにStyles PとRaekwonの燻し銀なラップがぶつかる極上の御馳走。なにかソウルの名曲をサンプリングしていそうな「Shoot You Down」の華麗で荘厳な雰囲気も貫禄アリで格好良く、スマートに滑らかにラップを香らせるStyles Pがグッド。これまた男臭くてヘヴィー級なBullpenが客演参加し盛り上げる「Open Up」も、ゴツゴツ無骨にぶつかり破壊するパワー系の一曲でクール。最後を飾る「Screw Y'all」ではScram Jonesも参加、罵倒叫び声で溢れ返る冒頭とは打って変わって、なんだかビッグバンを起こしながら蒼い宇宙がザクザクと広がるような壮大スケールの一曲。良い塩梅にスペイシーでクールな感触が漂っていて、それでいてどこか骨太で大袈裟な声ループが凛として響き渡る面白い一曲。

Styles P自身はいつも通りの無骨で男臭いラップで安心、もしやぬるーくラララと歌っていたりしないかと勘繰ったりもしたのですが。派手さはないですし、全曲をScram Jonesが制作しているので、ある意味では大きな転調もなくすんなり進行する優等生な一枚。でも良いんです、こういうラップも僕は聴きたいのです。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

 どうも。お元気そうで何よりです。

 前作『The World's Most Hardest Mc Project』の評判が何だかいま一つでそれに焦ったのか、出るのやたら早かったですよね、Stylesのこれ。おかげでGhostfaceとかと重なっちゃって、こっちはお金なくなりました。ベストトラックは「Take You Back」、この手のはBeanieも大得意で、また二人の競演が見たいです。ないでしょうけど。

 それよりJadakissですよ、すっかりアルバム出すペースが山下達郎みたいになっちゃって、少しはStylesを見習えよと。『The Last Kiss』のあとにMixTapeを確か2枚出してて、そのうち『I Love You』(これのダウンロードの仕方はQueenさんに教えていただきました)はなかなか良かったけど、もう一つの最近出たやつのほうは印象に残りませんでした。やっぱMixTapeて性に合わない、金は払うからそれだけの価値のあるアルバムをちゃんと作って正規リリースしてください皆さんと声を大にして言いたいです。

 Jadakissがこれまで出した3枚のアルバム、気に入ってる曲はあるにはあるけど、アルバム単位で思い入れがあるかというとどれも微妙なんですよね。しいて挙げるなら『Kiss Tha Game Goodbye』だけど・・・ちなみにStylesは『Time is Money』と『The Ghost Dub-Dime』、Sheekは『Walk Witt Me』と『After Taxes』。Jadaにはこれらのアルバムが消し飛ぶくらいの傑作を早いとこ作ってほしいです。なんだか映画のタイトルみたいですけど、この人まだ本気出してないような気がするのです・・・。
Re: タイトルなし
いつも熱いコメント有り難う御座います!
本当にJadakissに関してはなかなか出さないですね、やっぱりコケられないから、ポンと簡単には出せないんでしょうか。アルバム単位でしか僕は逆に聴けてなくて、僕的にはよーく聴いたのはやはり世代的に『Kiss Of Death』なんですよねー。『The Last Kiss』だって充分に高水準でしたし、これだけの力量のあるMCなんだから、アルバム分の楽曲ぐらいならすぐに揃いそうですし。

MixTape、確かにちょっと新人を聴いて確認する分には良いんですが、ベテラン勢には頑張って正規盤を出して欲しいですよね。アーティスト側も金銭的に難しいんでしょうが、僕らは買いますものね(笑)。やっぱり僕らも、お金を出してきちんと装丁された盤の方が大事にして聞き込みますもんねー。Styles Pは『The World's Most Hardest Mc Project』を持っていないし、Sheek Louchに関しては『Walk Witt Me』しか持っていません(涙)。早くこの二人もコンプリートしなくては。。。

Jadakissの本気、聴きたいですね!

Leave a Comment