RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keyshia Cole「Woman To Woman [Deluxe Edition]」
IVWMR.jpeg

なんだか“第二のMJB”といいたくなるような悲劇的な要素を孕む実力派、Keyshia Coleの通算五作目となる『Woman To Woman』を御紹介。なんだろう、なんだか悲劇的な印象がとっても強いKeyshia Cole、壮絶な経歴を持つ母親のせいか、それともMJBに似た声質とエモーションのせいか(曖昧)。でもよくよく考えると彼女自身のキャリアは順調で、これまで発表したアルバムどれも売れているし、NBA選手のDaniel Gibsonと結婚し元気な男児を出産しております(幸福)。スッピンに近いマスクを外したこのジャケットのセンスはよく分からないのですが(ただ、中身のアートワークはとっても秀逸で美しいのだ)、やはりKeyshia Coleというだけで買わせるだけの魅力があります(笑)。せっかくのダイナマイトボディなんだから、もっと容姿をバチーンと強力に打ち出したジャケットでも良さそうなのに(願望)。
それでは与太話はこのくらいにして感想を書きますと・・・・・・まずは熱狂も少し収まりつつある人気者、Lil Wayneを客演に招いた、本作からの先行カット曲「Enough Of No Love」で安定感抜群の幕開け。H-MoneyことHarmoneyが制作したスルスルスルスルとほどけてゆくシルキーなメロディは高貴にして滑らか、そこにKeyshia Coleの力強くもどこか泣き節なエモーショナルな歌声がナヨりガツンと鼓膜にぶつかる好ミッド。またこういうしとやか柔らかなメロディにも、ヘロヘロと這うLil Wayneの爬虫類ラップは(良い意味で)軟弱でお似合い、しとやかな中にもどこか毒気のある揺らめきに双方がバッチリ合っています。VidalとT-Minusが共同制作した「Zero」では、Rick RossではなくMeek Millを召還している点が味噌だと思う(興奮)。ポワンポワンと霧のように立ちこめるメロディの奥深くで、ボコボコとうねる煮沸ビートとピュンピュン光線音がとってもミステリアスで魅惑的。そんなユラユラ感もKeyshia Coleの熱の洩れる歌声と、Meek Millの器用なバウンスあるラップで締まりまくり。冒頭のメロディ使いですぐとEric Hudsonの制作と分かる「Missing Me」は潤いたっぷりでサラサラと清流のようなミッド、こういう流麗ミッドでも掘りの深いドラマチックなKeyshia Coleの歌声はマッチング。冒頭のズタズタに叩き切り裂くドラムビートが意識に突き刺さる「Trust And Believe」はDahhyl "DJ" Camper, Jr.が制作、これがなんとも激動と静寂を綺麗にコントラスト化したドラマチックな一曲で、ディープで熱く柔らかな歌声のKeyshia Coleの十八番チューン(鉄板)。Mel & Musが制作を担当した「Get It Right」はビートの聴いたトリップミッドで、緩やかにマーブル模様を描き甘くひしめくメロディが秀逸。まるでタイプの違う共演がかえって新鮮に聴けて面白い「Woman To Woman」、そのお相手とはAshantiなんです(驚)。Frederick "Toxic" Taylor、Earl Powell & Walter English IIIが共同制作した、華麗にした華奢で繊細なふわふわメロディはウルウル麗しく、柔と剛とでもいうべき二人の歌声がとろーり濃密に絡み合う素敵なマジック(溺)。そして本作で最も注目かもしれないのが、新進気鋭のソングライターElijah Blakeが客演でのみ参加した「Wonderland」でしょう(断言)。制作はJerry "Wonda" Duplessis(Co制作にArden "Keyz" AltinoとAkene "The Champ" Dunkley、Oliver "Akos" Castelli)で静寂の中で水をパシャーンと叩いたような、びっちょり濡れた飛沫シンセが美しく垂れる官能的なミッド。アンビエントまでいかずにきちんとメロディの骨組み肉付きがあるのが巧い、じっとりセクシーなKeyshia Coleに負けずエロく濃厚な歌声で咽ぶElijah Blakeの男前に拍手喝采。「I Choose You」は久々のJack Splashが制作を担当しており(彼も素敵なトラック創るので好き)、力強くもフックでひらりと翻る蝶のようなファルセットが素晴らしい。Rodney "Darkchild" JerkinsとPaul "Hollywood Hotsauce" Dawsonが共同制作した「Stubborn」は、ピアノ鍵盤の勇壮な旋律にザクザクと鋲のようなシンセを打ち付けアヴァンギャルドさも足したソリッドなバラード。Carlos "Los" McKinneyが制作(ソングライトにはThe-Dream!)した「Hey Sexy」はやはり毛色が違って面白い、ギュイギュイとちょっと摩擦の強いビートが溢れ出すとってもジューシーで甘酸っぱいミッド。T-Minusが再び制作を担当した「Forever」は水中と水上を上下するような、ブクブク泡感とエコーが入り混じった鮮麗ブルーな一曲でグッド(遊泳)。個人的に要注目なのはやっぱりRobin Thicke客演の「Next Move」、といってもお薦めなのは僕のお気に入りのB!nkが制作を担当している点。程よくHip Hop的なダダダダビートも織り交ぜつつ基本はシック、Robin Thickeがあまり出過ぎずにコーラス程度なのが憎いですね(策士)。続く「Who's Gonna Hold Me Down」も引き続きB!nkが制作を担当しており、香り立つような芳醇なソウルフル曲でやはり上品且つスマートです(惚)。Dru Castroが制作した南国テイストなアコースティックギター曲「Why Lie」はお口直しのデザートとして最高、スッキリ爽やかで清廉としたメロディにちょっぴり悲しげなKeyshia Coleのヴォーカルが素敵。最後を飾るのは気持ち良いぐらいの王道バラード「Signature」、Ryan "Rykeyz" Williamsonが制作したピアノ鍵盤に翼が生えて雄々と黄昏れるような壮大なメロディがたまりません(感動)。

はい、文句無しで御座います(当然)。本当にKeyshia Coleは上手い、歌が上手いってのは勿論ですが、世界観を毎度と見失わずにマッチした楽曲を取り揃えるのが偉い。そういう意味では前作がほんのちょっとだけチグハグした部分があった(気がする)けれど、本作はハッキリ言って捨て曲無しですね。なぜ昨年発売の本作を今頃に書いているかというと、昨年はなぜだか近くのショップでこの豪華盤だけが置いてなくて、気付いたら買い忘れていたという失態で(苦笑)。これだけ内容がいいとやはり外見が残念、どうしてもっとセンスの良いジャケットにしなかったのだろう(謎)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment