RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fierce「Right Here Right Now」
Right Here Right Now

Aisha、Chantal、Sabrinaの三人で構成される英国はLondon出身のR&Bトリオ、Fierceのデビューアルバム『Right Here Right Now』を御紹介。最近ではめっきり少なくなったR&Bグループ、特に女性グループはDestiny's Childの登場で壊滅してしまった気がしますね(涙)。最近ではUS音楽シーンの中核を担うようになったUK勢、それでも昔の僕はなかなかUK産のR&Bというのが苦手で、あまり聴かなかったんですよね。でも今ではUK産のR&Bも味わい深くて(これは確実にUS産のR&Bとは手触りが違う)、よく引っ張り出して聴いています。そんな英国が産んだ20歳前後の女の子で結成されたFierce、お腹をクッキリと魅せた立ち姿のジャケットが凛として素敵ですねー。
それではザックリと適当ですが感想を言わせて頂くと・・・・・・まずはあまりにもフレッシュな果汁が迸るサッパリしたアッパー「Start Over」で幕開け、制作はPete Gleadalが担当。途中でザクザクした小生意気なラップ挟まる辺りはTLCを彷彿とさせるんですが、肝心のヴォーカルではTLCより軽くて爽やかなミント風味でそこは違うかな。表題曲となる「Right Here Right Now」もPete Gleadalが制作を担当、チュクチュクとスクラッチを挿みながらも重たさは無く、あくまでこざっぱりとしたグルーヴで青空を思わせる爽快さを爆発させています。そういう意味では急に大人びたしっとり濡れたメロディが降りつける「Dayz Like That」は超クールでまるでTLC寄りなアプローチ、Karl Gordon制作の雨煙るようなじっとり艶やかな音色と、Timbalandとまではいかないけれどチキチキと囃し立てるビートがチクチク痛快でグッド。Blak Twangなる男性MCのラップをfeat.した「Separate Ways」はNorth Of The Borderが制作を担当、この曲も鍵盤を軽やかに跳ねさせた流麗メロディの裏で鳴らすピコピコ音がUSっぽい濃いグルーヴ、でもFierceのコーラスはとっても華やか軽快なのですーっと入る。Jeremy WheatleyとMagnus Fiennesが共同制作した「So Long」は、ズバズバと切って蹴るビートと濃いめの鍵盤音の絡み付きがグッドで、ダーク手前の妖艶さもちょっぴり混じって面白い。同じくJeremy WheatleyとMagnus Fiennesが共同制作した「I Wanna Know Your Name」も、懐かしいというかとってもベタベタなぐちゅぐちゅビートが渦巻く王道テイストな一曲。そういう意味ではピカピカと電飾みたいな電流を走らせながらも、Sadeのような高貴さと滑らかなメロディを融合させた「Sweet Love」は、同じJeremy WheatleyとMagnus Fiennesが共同制作でも違う面白さ。ここではFierceが少しシャアのかかったような薄いモザイク模様のファルセットを使っていて、それが曲の儚さとドリーミーさを増幅させていてたまりません(遊泳)。あまりに王道ポップなバラードの登場がちょっと笑える「Best Friends」はNorth Of The Borderが制作を担当、普通にFierceの面々は上手なので聴けない事もないけれど、ちょっとこの手の歌をやるには若過ぎる気がします(薄味)。そういう意味ではポロリポロリとアコースティックギター弦を爪弾き零す、Pete Gleadal制作の「You'll Never Know」の方がしっくり来る(似合)。すごく清涼で透明感のあるメロディが純度高めのFierceのコーラスにぴったり、聴いているうちにだんだんとカラダも軽くなってふわふわ浮き上がってしまう綿雲ミッド。甘く棘のある吐息をじっとり絡めたフローラルなミッド「This Could Be」はVRS制作、これはFierceのコーラスの重ね方が秀逸で、特に低いパートに重きを置いたベットリ感はTLCのそれ(感覚)。ただ猿真似とかでなくて、きちんと高音も活かしてあくまで華麗かつエレガントにするりと抜けてゆく感じはドレッシー。思わずRodney Jerkins製かなと思ってしまったイントロが耳馴染みある「Do Me Right」はNorth Of The Borderが制作、こういう甘酸っぱいグルーヴも女の子グループならでなの美味しさ。とここまでが本編の内容で、国内盤には加えて二曲のボーナス曲が収録されておりまして。まずは、Vasos StavrouとNorth Of The Borderが共同制作した「True Love」は、メロディこそシンプルで意外性のない清涼チューンなんですが、解体すると非常に細かい弦音が何重にも交錯した複雑緻密な音色が仕掛けてあって、その青々したサッパリ味とトリッキーさはThe Neptunesを思わせるナイス一曲だったり。あとはより鋭利になった「Dayz Like That (Blacksmith Bishop-Brad Olde Skool Edit)」なんかもナイスなオマケかな。

絶対に要チェックって事はないし、ヴォーカル&トラックも含めちょっと物足りなさは残るけれど、たまーにこういうのを引っ張り出して鼓膜の灰汁を抜くのも良いですよね。まあ、ルックスもなかなかですし、もし万が一にでも再結成とかしたら気になってしまうなー。Mis-TeeqよりはR&Bかな、でも聴いていて面白いのは断然Mis-Teeqだけれど(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment