RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

PJ Morton「New Orleans」
pj-morton-new-orleans-album-cover.jpg

ソングライターとして活躍し、“Maroon 5の第六のメンバー”とも呼ばれる(らしい)PJ Mortonの通算三作目となる『New Orleans』を御紹介。直球なタイトルの通りNew Orleans出身、Young Moneyの社長を務めるMack Maineとは高校の同級生という縁で、YMCMB入りしたという訳だそう(納得)。PJ MortonはIndia.Arie『Voyage To India』収録の「Intersted」を手掛け、その後はMonicaやJagged Edge、Musiq Soulchildなんかも手掛けた経験もあるなかなかのベテラン。Maroon 5に鍵盤奏者としてが僕の認識の最初、まあ表舞台で登場したのがその頃ですものね。YMCMBに入った時は意味不明でしたが、そういう経緯もあるならば了解(当のMack Maineは本作のExecutive Producer)、あとは作品の発表を待つばかりでした。という訳でEPという形式で発表された本作、とにかくジャケットが素晴らしいのでそれでもう満足です(笑)。
てな訳でジャケットを褒めちぎってから内容を紹介します・・・・・・まず本作の制作は、全曲を勿論PJ Mortonが担当、ところどころ共同のものもあるのでそこは追々。どこかの埃っぽいスタジオで、得意のオルガンでも奏でながらしゃべくる「New Orleans」でしなやかに幕開け。この曲は1分半程で短いのですがとっても素敵、柔らかくて温かな木漏れ日みたいなメロディがたまらなくツボ。Co制作にWarryn "Baby Dubb" Campbellが参加している「Only One」、ここではHarmonicaでStevie Wonderが参加しているのも大きなトピック。温かみはそのままに電子音のピロピロと細やかな音色の煌めきに乗せて、なんともフローラルで穏やかなPJ Mortonの歌声がじんわりと沁みる華やかなミッド。トタトタと叩く雨音みたいなビートに乗せて、Busta Rhymesのブツ切りチョップなラップが痛快に滑る「Never Get Over You」。これもBusta Rhymesの起用が素晴らしく当たっていて、程よくホーンが飛び散る感じも面白い。そんなファンクっぽいグルーヴをそのまま引き継ぎ、ベインベインと唸る弦音と共振しグイグイ迫る「Heavy」は、Adam Levineが参加したせいもあってか限りなくMaroon 5仕様か。Wyclef Jeanも真っ青なぐらいにハイチの蒼い海の匂いをバッチリ投影したまったりグルーヴィなトロピカルソウル「Hard Enough」は驚き。ここではこれまでのPJ Mortonとは全く違ったコクのあるヴォーカルでいなたく聴かせていて、これだけ聴くと全く異質なんだけれど、生音活かした演奏曲という括りでスッキリ聴かせている面白い一曲(陽気)。Co制作にWarryn "Baby Dubb" Campbellが関与した「Work It Out」は、静寂の中を泡のようなポツポツとしたビートが弾けるテイストや、トロトロと静かにしとやかに揺らめき繰り返すフックといい、どことなーくFrank Oceanっぽい味わいを感じるネットリしたミッド。しかし猿真似とかいう訳でなくPJ Mortonなりの甘酸っぱさなんかもあってドリーミー、Frank Oceanみたいな紫煙でなくあくまで綿雲みたいなスウィートさが売り。ストリングスを伴ってドラマチックに響かせる「Trade It All」では、残像よろしくぐわんぐわんと歪曲したエフェクトを掛けたPJ Mortonの歌声が魅惑たっぷりで、聴いているうちに意識もよろけて深みへズブズブ嵌る感触が毒っぽい(蜜味)。「First Sight」もCo制作でWarryn "Baby Dubb" Campbellが関与、なんとなーくだけで懐かしのMotownサウンド(というかStevie Wonderサウンド)な、キラキラとシャイニーな音色が弾けているカラフルポップな一曲。それこそこれもStevie節が炸裂しちゃっていると思われる「Always Be」は、まろやかでメロディに虹を架けるようなPJ Mortonのヴォーカルが微笑ましく、まるで花園を長閑に散歩しているような気持ちにしてくれます(胸踊)。あちこちにダメージ加工を施しノイジーな印象を強くさせたダートな冒頭の「Go Alone」、それとは対比してフックでの奔放さがかえって鮮明に鼓膜に響くゆるやか転調がなかなか乙です。キリキリと切なく響くギターとほろほろと解けるピアノ旋律が優しく絡む「Motions」、ちょっとゴスペル調な優しく壮麗なメロディ&ハーモニーにだんだん心が浄化され軽くなってゆく優美なバラードでグッドで御座います(美味)。

良い出来映えだなーーーー、なんか懐かしいんだよな(温)。EPと言えども11曲収録されていますし、充分に聴き応えがありますし、かえってコンパクトで聴き易いって気もします(安直)。絶対に聴かなきゃ損って感じではないけれど、それなりに要所要所は押さえた造りかなと思います。YMCMB流れで買うと痛い目に遭います(笑)、あとMaroon 5の流れで同じく。というか、これを買う方はほぼ確実にR&B好きか(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment