RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Kelly Rowland「Talk A Good Game [Deluxe Edition]」
kelly-talk-a-good-game-cover.jpeg

もはやBeyonceをも脅かすシンガーといえる(とは言い過ぎかも)人気者、Kelly Rowlandの通算四作目となる『Talk A Good Game』を御紹介。もはや“二番手”の称号は返上し、一人のアーティストとして確実なキャリアを築く事に成功したKelly Rowland。プライヴェートとも音楽活動も充実し、今の彼女が絶頂期かもしれませんね。豊胸手術をしてからはその胸元を露わにする機会が多い気がしますね、で本作のジャケットもがっつりと胸を見せている訳で、僕は昔のスレンダーなKelly Rowlandも好きでしたけどねー。なーんていう下世話な話を、真顔でここに打っている僕は一体なんなんだろう(笑)。
それでは感想をちょこちょこ書きますと・・・・・・まずは、なぜだかJamie Foxxのアルバム『Best Night Of My Life』収録だった曲をカバーした「Freak」で幕開け(奇妙)、制作はDanjaとRico Loveが担当。まだもっと良い曲もあろうに敢えてこの曲、しかもカバーでスタートするって結構危険ではMike Will Made-Itが制作したトロトロと泡のようにとろける艶やかミッド「Kisses Down Low」、ここでは最近トレンドとしてまた復活気味のスクリューもあしらった一曲。なんだかカラフルな光があちこちから洩れる様な眩い感触、そういった洩れ入る光に彩られ妖しく揺れるKelly Rowlandの滑らかな歌声&囁き、聴いているうちにだんだん深みに嵌る蜜味曲。harmony "H-Money" Samuelsが制作し、Janet Jackson「Got 'til It's Gone」と同ネタでJoni Mitchell「Big Yellow Taxi」をサンプリングした「Gone」。サンプリングネタが同じってだけで毛色は全く別物、キラキラ華やかで絢爛とメロディが回るなんだかポップ寄りな一曲。ここではWiz Khalifaが客演参加するも、それほどにインパクトもなくそれこそすんなりゴーン。「Talk A Good Game」はT-Minusが制作を担当し、客演にはソングライターでもあるKevin Cossomが参加しております。ズンチャズンチャと打つ雫ビートに、少し映像を逆回しするようにスルスル引き摺り奏でるシンセがミステリアスで薄氷。そのなかを白く凍えたKelly Rowlandの吐息ライクなヴォーカルが漂い、Kevin Cossomの図太く練られたラップが横切る神秘的ミッド。The RunnersにDavid "2 Dave" Anderson III、Jon-David "Jdeezy" Andersonが共同制作(ソングライトにKevin Cossom)した「Down On Love」は、夜霧が包み込むようなヒンヤリ感と艶やかな潤いが凛と響き渡る清廉なミッドで、こういう静寂を纏った曲線的なメロディに乗るKelly Rowlandは最強でとってもセクシー(骨抜)。ボタボタと零れ落ちるようなビートと重厚な鍵盤音が、とても濃密でゆるやかな時間の流れを演出しネットリ絡み付く「Dirty Laundry」、制作はTerius "The-Dream" Nashという事で納得の減速加減。ゆっくりじっくりと焦らす愛撫みたいな鍵盤のすーっと糸を引くようなトローリ度、エコーのようにじんわりと次第に大きく飲み込む暗澹のメロディが深い。H-Moneyが制作した「You Changed」ではBeyonceとMichelle Williamsが揃って参加し、まさかのDC再結成が実現。最初はあまりこの案には賛成でなかったけれど、聴けば全員が個々のシンガーとして立っていて味わい深く、DC時代とは違った印象を受けました。柔らかく華やかなソウルフル曲で全員がのんびり伸びやかに心地良く歌声重ね(特にBeyonceがこんな優しく歌うのを久々に聴いた気が)、抜群の掛け合いを聴かせてくれます。「I Remember」はThe RunnersとBen Billionsが共同制作、どこまでも澄み切った青い風を背にうけて軽やかに走り抜けるような、そんな躍動感と清冽さが淡く輝くポップなミッドで僕は好き。「Red Wine」はBoi-1daが制作を担当、これもミスト寸前にまで微細化されたKelly Rowlandの歌声がぼんやりと鼓膜を包む霞ミッド。朧げにふわふわと漂うメロディ&ヴォーカルがとっても官能的で、それでいて気高く、鼓膜の深部にまでズンズンと浸透する毒々しさもある一曲。Arthur McArthurが制作を担当した「This Is Love」は、抜けるように舞い上がるフローラルなフックが印象的で、どこかトロピカルさを感じるスロウ。Pharrellが制作した、とすぐに分かってしまう打楽器とブヒブヒと空気の抜けるような音色が、ヘンテコでチープなファンクを醸し出す「Street Life」。ここではビート先行で選んだのかPusha Tが参加、水を得た魚状態でピチャピチャと勢いのあるラップで棘を演出。クラシカルで王道な「Stand In Front Of Me」も見ればPharrellが制作、こういう振り幅の広さもこの人は面白い。Terius NashとLos Da Mystroが共同制作した「Sky Walker」、客演でThe-Dreamも参加。スクリューを織り交ぜながらアジアンな琴っぽい音色をポロポロと転がすオリエンタルなミッドで、Kelly Rowlandの靄がかった歌声が堪能できる曇りミッド。「Put Your Name On It」はH-Moneyが制作、これも不思議な耳障りな曲でけしてR&Bでないんだけど、Kelly Rowlandのグニャグニャと変形する軟体なヴォーカルが絡み付く事で、どこかR&Bっぽいしなやかさ(弾力)が生まれている一曲。最後を締め括るのはMike Will Made-Itが制作した「#1」、何度もリフレインするフックも僕の鼓膜をグルグル縛って虜にするし、華麗に優しく流れるこのトラックはドリーミーで素敵。

何度も聴いているうちに好きになりそうな感じで、パッと一聴したぐらいでは地味そのものかも(危惧)。ただ何度も聴けばとっても良質ですし、やっぱりこういうミッド〜スロウ群との方がKelly Rowlandは活きる気がしますね(再認識)。ただ最初の「Freak」カバーとDC揃い踏みの「You Changed」は不要だったかな、後者は別に良いんだけど、それならきちんと再結成とかで作品を出して欲しいし(蛇足)。でも夜中にふとKelly Rowlandの本作のスロウなんかが流れると、なんだかソワソワして鼓膜が仰け反るような想いをしているのも事実、ネットリしたスロウでの清潔感ある色気を爆発させるKelly Rowlandは無敵かも。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

ご無沙汰でございます
ケリーって豊胸してたんですね〜 やけにセクシーになったと思ったら・・
ファレルが絡んでるのですね。ジャケも気になるが、中身も気になる〜
ezeeさん、御無沙汰しております★
と言いつつも、僕はezeeさんのブログはよく除いておりますが(笑)。なかなかディープゆえ、軽卒にコメント出来ない小心者の僕をお許し下さい(笑)。

そうなんです、Kellyは豊胸した筈です、だからこそTumblrでは昔の華奢なKellyを貼り転がしております(笑)。

中身も中々で御座いますよ、聴いたら是非とも感想をブログでお綴りくださいませー!

Leave a Comment