RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Little Mix「DNA」
music_little_mix_dna.jpg

左上から時計回りにJesy、Leigh-Anne、Jade、Perrieの四人で構成されるガールズグループ、Little Mixのデビューアルバム『DNA』を御紹介。平均年齢20歳、英国の人気オーディション番組“X-Factor”にそれぞれソロで出場したところ、審査員の提案で急遽グループを結成し、そのまま優勝したという輝かしいスタート。最近でいったらOne Directionなんかがその王道を切り開き成功中、なので彼女らは“”女性版1D”とか“第二のSpice Girls”なんて呼ばれていとか。僕は番組自体を観ていないし、彼女らにそんな思い入れもないんですが、客演でブラックミュージック系の人も参加しているのにつられて購入(笑)。僕は女性グループはルックス重視な訳ですが、その点で言うとLittle Mixは......微妙かもしれません(苦笑)。
それではザックリと適当な感想を悪びれもせず書くと・・・・・・ド派手なホーンで聴き手の鼓膜をへし折り突進する姦しさとパワフルが見事に融合した「Wings」で幕開け、制作はTMSが担当。全員がヴォーカルを交互しながらも全くブレない辺りは、やはり流石の実力者の固まりなのかなと感心。足踏みドタドタぱちぱちハンドクラップで猛打撃(つまりビート)の応酬が痛快、なんだけれどフックでは優麗と弧を描きグラインドする辺りがガールズなキュートにぶっ飛んでてナイス。同じくTMSが制作を担当した表題曲「DNA」は、Tinie Tempahなんかがやりそうな英国仕込みのザクザク尖ったエレクトロアッパーで、冷たくドラマチックに重たくもつんざめく四人のヴォーカルは華がある。シリアスなピアノ旋律が脆くポロポロと零れるにひっそり響く「Change Your Life」は、Richard "Biff" StannardとTim Powellが共同で制作。ストリングスも絡めた壮麗なオーケストラ風のミッドに、可憐ながらもダイナミックにバッと眩く輝くLittle Mixのヴォーカル総攻撃は圧巻のドラマチックさ。「Always Be Together」はEster DeanとDAPOが共同制作、これは流石はEster Dean関与という事でピアノ鍵盤を主軸にセピア色のメロディを滑らかに流す美しきミッド。この奔放さと優雅さが融合してキラキラ煌びやかさをMAXにした造り、そしてちょっとひっくり返るように上がるヴォーカル仕立て、全てが同じ英国出身のLeona Lewisっぽさを(良い意味で)感じさせる雄大な一曲。マーチングバンドみたいなバチバチ太鼓ビートと共に切り抜けるエッヂーな「Stereo Soldier」はTMS制作、なんだか一時期のDallas Austinを彷彿とさせる大行進トラックですね。ドラマチックなストリングスの細波と共に勇壮と駆け巡るスケールの大きなバラード「Pretend It's OK」、制作はXenomaniaが担当。あのSteve Macが制作したピアノ弾き語りの悲壮バラード「Turn Your Face」なんかも、誰が出て来て歌っても普通に巧く、(及びはしないが)Christina Aguirelaに通ずる説得力があって聴き入る事ができます。引き続きSteve Macが制作を担当した「We Are Who You Are」はモロにRita Oraな開放的な青空チューン、陽気で眩いぐらいのザクザク弦メロディに乗せて、キュートでハイな四人の歌声が跳ねる王道ポップチューン。 あのMissy Elliottを担ぎ出すだけでは飽き足らず、Curiosity Killed the Cat's「Name and Number」とThe Whatnauts「Help is on the Way」をダブル下敷きにした、レトロファンクが炸裂しまくる「How Ya Doin'?」はFuture Cutが制作を担当。ぶっとく唸るベースのループにバチンバチンと弾けるキャンディビートと全てがあまりにキャッチー、どこか奥深くにはJamiroquai的な宇宙グルーヴも感じちゃうこの曲、やっぱりMissy Elliottがドラムンビートのみ背中に突き進む箇所が最高にホット。Jon Levineが制作を担当したロック風味ナンバー「Red Planet」、ここではまさかのTLCよりT-Bozが参加。アラビアンなくねくね旋律をエレキギターでノイジーなかき鳴らし、つつも変則的にズバズバ叩き付けるビートがアグレシッヴに響くこの曲も、やはりダークでソリッドでシャープなT-Bozの歌声がちょっと聴こえただけで失神。Fred Ballが制作したスパイシーなギターで奏でる「Going Nowhere」、ラストを飾るPegusus制作のエレクトロボムが破裂するダンスチューン「Madhouse」とどれもが言って一定水準をがっちりキープ。

やっぱり由緒ある(?)オーディション番組を勝ち上がっただけあって、普通に歌も上手いしトラックも厚みがあって安心して聴けますね。物凄く良いかというとそうでもなく、The Pussycat Dolls程のインパクトも無いんだけれど、歌唱力があるしそれで聴けちゃう。あとはきちんとトレンドもおさえてあるし、まあまあな一枚かなーと。このメンバーからソロで成功する人も居なさそうですし、この次は無いかも......?


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment