RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Donell Jones「Forever」
donell-jones-forever-2013-h3x-1.jpg

UntouchablesのEddie Fに導かれキャリアをスタートさせた熟練シンガーソングライター、Donell Jonesの通算六作目となる『Forever』を御紹介。裏方などもこなしながら自身もシンガーとしてデビュー、そのデビューからずっと彼が所属していたのがあのLaFace Records。しかし前作よりそのLaFaceを離れ、自主レーベル“Candyan Music”を設立しております(配給はE1が関与)。前作『Lyrics』も素敵だったのに約3年のスパンを空けての本作リリース、やはり自主レーベルとなる大変なんでしょうか(心配)。でもこうやって新作を届けてくれたのは嬉しいし、Donell Jones自身の好きなペースで活動出来ているのだろうから、きっと良い事なのでしょう、MixTapeなんか出されてもなんか嬉しくはないですし(辛口)。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います・・・・・・前情報ではいろんな外部製作陣が関わるなんて聞いた気がしたのですが、蓋を開ければやはり全曲の制作をDonell Jonesが行っているみたいですね(All Instruments Played by Donell Jonesともあります)。まずは幾重にも織られたDonell Jonesのハーモニーの渦で一気に飲み込まれ攫われる「New Beginning」でスタート、たった一分半ほどなんですがグッと惹き込まれてのめり込んだ自分が居ます(素直)。続く「Forever」では少しだけオリエンテッドなプカプカ電子音が気泡のように浮かんでは消える湿潤ドリーミーチューン、どこまでも優しく細く鮮麗に溶けゆくシュガーテイストなDonell Jonesのファルセットハーモニー、まるで綿菓子みたいな口溶けでほんわかとスウィートな気持ちにしてくれます。「Closer I Get To You」では女性シンガーのAlja Kamillionが客演参加、ここではTeena Marieの永遠の名曲「Ooo La La La」を下敷きしておりますね。“うーらーらーらー♪”の一節をAlja Kamillionに歌わせつつ、グワングワンと曲線的なギター旋律に、どこか半宇宙的な冷たくスペイシーなシンセが絡まるミステリアスな慕情ミッドで、じわじわと酩酊気味に効いてくるトラックとDonell Jonesのセンシティヴな歌声がグッド。「Beautiful」もグニャリグニャリと丸みを変形させながら煌めくシャボンみたいな電子音の揺らめきが魅惑的、それにあわせてエフェクトかかって電磁波みたいなヴォーカルで鼓膜を振動するDonell Jonesも病みつき間違いなし(溺)。彼が黄金時代を築いた90年代へとゆっくり誘ってくれる「Don't Blame Me」もやはりスロウ巧者なDonell Jonesが活きる一曲で、オーソドックスな波紋メロディがじわじわ広がる感触が潤いたっぷりでとってもスウィート。まさかのスクリューを冒頭に配しトレンドをしっかり捉えているのが窺える「You Know」では、少し低空飛行気味のボタボタした感触のどろーりヴォーカルを、ダークにギラリ輝かせるクールなタッチが実験的でナイス。本作でも最も注目したいのが、かのMichael Jacksonへ捧げられた漆黒スロウ「I Miss The King」だと思います。もうここではDonell Jonesが完璧なまでのMJ風味のファルセットでふわふわと翻りつつ浮遊、MJ後期の名曲「Butterfly」をより暗澹として深く淀ませた(すべて良い意味で)ドープな一曲です(微熱)。優しく涙混じりなナヨ声でそっと囁く刹那ミッド「Sorry I Hurt You」は三十代目前の僕の大好物、ちょっぴり南国テイストなポコスカと風通しの良いメロディもさることながら、フック後の後追い“あーあーーーーーー♪”のリフレインがたまらなく毒々しい(賛辞)。Co制作にEddie "F" Ferrellが関与した「Ride This」は本作中でも毛色の違う鋼鉄ソリッドなアップ、スカスカとまでいかないまでも静寂の中を隕石みたいな電子音が蠢く小惑星チューンは面白い仕上がり。「Step The F*** Off」なんかもイマドキに周回遅れな(気のする)ATLっぽいトラッピーなサウンドを堂々と展開、間の抜けた太鼓ビートと指スナップに単音鳴らしの電子音で構築された、ゆるーく隙間だらけのトラックに滑らかにデコレイトされるDonell Jonesの歌声が面白い。バキバキなエレキギターのリフで幕を開ける「I'm So Gone」もある意味で奇抜、ロックとまではいかないまでもR&Bタッチではない一曲。最後を飾るのはR&B界では定番のママソング「A Mother's Love」 で〆、ちょっぴり中華風にも感じる華やかで艶美なトラックのトロトロ具合が心地良いミッド。

Donell Jonesなのでオーソドックスなのは基本なんですが(デビュー盤以外はすべて所持)、しかしその音の先端には面白くて微妙な仕掛けが施してあって、僕は結構驚きながら楽しんで聴いている一枚。これまでの作品よりもちょっぴり先に進化していて、独自性が滲んでいる一枚に感じるのですが(個人的見解)。僕的には様々な仕掛けがあちこちに散らばっていた気がしますが、Donell Jones好きには好き嫌いが激しそうな一枚かもしれませんね(危険)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment