RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ciara「Ciara」
Ciara-Album.jpg

Atlantaが生んだ超絶ダンスの申し子であり美しき歌姫、Ciaraの通算五作目となる『Ciara』を御紹介。前作である『Basic Instinct』まで在籍していたLaFaceを離脱し、そのLaFaceから移籍し新たにEpic RecordsのCEOに就いたL.A. Reidに引き抜かれ、CiaraもEpicへ移籍しての第一弾アルバム。自身の名を冠した本作ですが、L.A. Reidに引っ張られた割には、本当に長ーく待たされた感がありますね、まあCiaraに関しては延期が当然ですが。しかし、こうやって年内にリリースされて良かった、そして一人シンメトリーなこのジャケットも凛々しくて素敵過ぎます(没頭)。
それではザックリと微熱混じりに感想を書いちゃいます・・・・・・まずは絢爛豪華な電子音世界が華開く、艶やかド派手なアッパー「I'm Out」で勢いよくロケットスタート。Rock CityとThe Co-Captainsが共同制作したバチバチ弾けるカラフルペインティングなトラックは鮮やか、しかし光速っぽく駆け抜けるのはピンクの怪物Nicki Minaj登場の冒頭のみ、ここでのNicki Minajは可愛くも毒々しく太々しいラップで悪魔丸出し。そこからCiaraに移るともっさりしたベッタリな歌い口でじわじわ浸食、そのうえ遅れてくっついてくる“いえいいえいいえい♪”呪文が効いてくるし、結局はだんだんと熱を上げながら輝くフックで気持ち良くなってしまう(笑)。Soundzが制作を担当した「Sophomore」は、毒ガスのように妖しく広がる紫煙シンセの中で、官能的でじっとり舐めるようなCiaraの低音ヴォーカルが鼓膜にじわーっと浸透する媚曲。地の底からふつふつと湧き立つような熱ビートに汗ばみ蒸せ返る、なのにスカスカに蝕まれた電子トラックと、Ciaraの冷笑浮かべた刺々しいヴォーカルで背筋がゾクっとしてしまう反作用が面白い。Mike Will Made Itが制作(Co制作にParry)したシングル曲「Body Party」では、Ciaraの恋人とされるFutureがソングライト&客演で参加。モワンモワンと湯気みたく込み上げる甘い密味のシンセのエコーに、アヘアヘと骨抜きにされてそのまま溶けてしまう素晴らしい官能スロウでグッド(気絶)。元ネタはGhost Town DJs「My Boo」、というかほぼこの曲をスロウダウンさせた造りなんで反則スレスレな気も(笑)。なんというか、一昔前のR. Kellyのエロさが其処彼処に散りばめられたこのとろけるようなグラインドするメロディ、ちょっとずつネットリと漏れ出るCiaraの濡れたヴォーカルもその曲線が美し過ぎる名曲(恍惚)。Rock CityとCameron Wallaceが共同制作した「Keep On Lookin'」はスクリューっぽく淀んだフックがどろどろと鼓膜を覆う、ダークでオイリーなスロウで、せっかくのCiaraの柔らかくて甘いヴォーカルが死んでいる気がするマイナー調。「Read My Lips」はRodney "Darkchild" Jerkinsが制作を担当した、南国テイストで空間の抜けたピコポコチューン。なんだかこれはRihannaの焼き直しって感じでつまらない、かえってスロウテンポでなく思い切り弾けさせた方が面白かったろうに(残念)。「Where You Go」では再びMike Will Made-ItとFutureのコンビが参加(Co制作にはP-Nasty)、しかもここではFutureが客演参加までしております。紺碧の水面を滑るようにして泳ぐ様な、そんな鮮やかさと涼しさと潤いが眩く揺らめくナチュラルでオーガニックなミッド。Futureの相変わらずなヘロヘロと熱気で蜃気楼を起こす変形ヴォーカルがナイス、すっと目を閉じて風を感じるような気にさせるCiaraの優しくて素朴な歌声のリフレインも、まるでマイナスイオンのように心地良いです(安息)。Jasper Cameronが制作したズルズルと引きずるような吸引シンセが重たい「Super Turnt Up」は、客演にCiaraと表記されており不思議に思っていたら、CiaraがまるでNicki Minajみたく小悪魔なラップを途中で披露していて驚き。あとはこの曲はCiaraの「Turnt It Up」の続編なのかが気になる、ただこの曲はブウーーンと惰性で鳴らすシンセと、Ciaraのフワフワした吐息ヴォーカルで彩られていて全く別物だけど。Soundzが制作した(ソングライトではSean "Elijah Blake" Fentonも関与)した「DUI」は、無数のシンセがキラキラと天体のように煌めき瞬くギャラクシースロウで思わずウットリ(溺愛)。こういうしっとりと静かで冷たく滑らかなトラックには、水素みたいに軽い華麗なヴォーカルが見事に映えますね(微睡)。詩の前半部分で“ラジオからR. Kellyの曲が流れてる♪”という描写があり、それがこの曲の甘くて目暈クラクラな印象を一発で固めているのも素敵。バシバシとフラッシュする眩いシンセの鳴りが爽快に弾ける「Livin' It Up」はDernst "D'Mile" Emileが制作、ここでまたもやNicki Minajが客演で参加。光芒が筋となって幾つもカラダを通り抜けるこの感触がとっても気持ち良い、爽やか清涼で開放的な気分にさせてくれる炭酸ダンスチューン。最後を飾るのは、ベインベインと強靭かつしなやかに跳ねるベース音に、どこか懐かしいディスコブギーな感触を覚える「Overdose」。Josh AbrahamとOligeeが共同制作したこのレトロなべったりピコピコが交錯する、甘めの四つ打ちがこだまするサイケデリックチューンが、悔しいけれどCiaraのベタなリフレインフックと相俟って非常にカッコ良い。とここまでが本編の内容で、国内盤にはあと3曲の追加収録曲がありまして。まずは新たにFutureとB.o.Bというフレッシュな曲者二人を従え新装した「Body Party (Remix)」、チキチキ細やかに打つビートを組み込みピッチを速めたCiara仕様の滑走仕様、冒頭のヘロヘロと熱気ムンムンなFutureもナイスだし、ザクザクカクカクと電撃みたく走るB.o.Bの援護射撃ラップも素晴らしい。Rick Rossが客演参加したゴシックで重装備なヘヴィーチューン「Boy Outta Here」は、意外にもThe UnderdogsとKing Xによる共同制作。再びThe UnderdogsとFuegoが共同制作した「One Night With You」は流行をきちんと取り入れたEDM曲、明確にキックする四つ打ちビートに、澄んでいて鮮やかなパステル色のCiaraのキュートなヴォーカル、この上昇気流に乗ってどこまでも舞い上がる感触は嫌いになれない(笑)。

大満足とまではまたしてもいかないけれど、収録曲も少なかったのが功を奏しダレる事はなかった、かな(辛口)。確かに前作『Basic Instinct』はセールスがコケたけれど、だからといってThe-DreamとC. "Tricky" Stewartコンビとの相性が悪かったと思わなかった僕は、彼らの創るスロウで歌うCiaraを聴きたかった(残念)。そしてなにより、先にシングルとして発表された「Sorry」と「Got Me Good」が共に未収録なのは何故かという(怒号)。この二曲が抜けただけで本作は25点減点の75点といったぐらいの大打撃。この二曲を追加収録して、なおかつPVを収めたDVDが特典になった後発盤が出るのなら、買うしもっと褒め讃えます(悔)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment