RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chrisette Michele「Better [Deluxe Edition]」
Chrisette-Michele-Better-iTunes-Deluxe-Version.jpg

Def JamからデビューしJazzっぽい佇まいも感じる独特の歌唱が魅力な、Chrisette Micheleの通算四作目となる『Better』を御紹介。華々しいデビューからもう6年も経つんですねー、早いな(年老)。特大ヒットというイメージも無いんだけれど、コンスタントに作品をリリースしているから、やはり人気と実力があるのでしょうね。前作『Let Freedom Reign』は僕的にあんまり好みではなかったものの、その時からしている坊主に近い刈ったヘアーはとてもお似合いになりましたね(貫禄)。本作はDef Jam傘下のMotownからのリリース、やっぱりMotownって付くと過剰に期待してしまいますね(単純)。
それでは肝心の内容に触れていきますと・・・・・・まずはChrisette Michele作品では御馴染みのShea Taylorが制作を担当した「Be In Love」で幕開け、ズバンズバンと撃ち抜くようなグロックビートが力強く放たれるアッパーで、Chrisette Micheleの華やかながらもタフな歌声が楽しめます。Pop WanselとOakの黄金タッグが制作を担当した清廉で美しい朝靄ミッド「A Couple Of Forever」は溜息モノ、ゆっくりと朝露が滴るような潤いを含んだ緩やかなメロディの流れと、Chrisette Micheleのすべてを浄化してしまう微熱混じりの清涼な歌声がハートに浸透します(潔白)。「Let Me Win」はIvan BariasとCalvin Hagginsが共同制作した一曲で、スルリサラリとめくるめく絹地みたいなピアノ旋律のループがオシャレに響く滑らかミッド。こういう摩擦係数の少ない滑らかな美曲には、Chrisette MicheleのJazzyなヴォーカルがよく似合うのです。Justen "J. Rob" Robinsonが制作を担当した「Rich Hipster」には、実力ある若手Waleが客演参加。黄金色のホーンが華やかに鳴り渡るドリーミーでキュートな一曲で、こういうポップなテイストでも軽々と飛び越えるWaleは中々の曲者かと。再びIvan BariasとCalvin Hagginsの鉄腕タッグが共同制作した「Love Won't Leave Me Out」も、ストリングスを敷いた王道クラシカルな艶やかソウルフルチューンで、Chrisette Micheleのコクまろビターチョコなヴォーカルが甘く気品たっぷりに香り立つ一曲。「Better」は何度も組んでいるChuck Harmonyが制作を担当、背景で流れるアジアン風味な弦音がなんとも妖艶で美しい雰囲気を醸し出す美曲でグッド。ひたすら繰り返し紡ぐリフレインフックでの、Chrisette Micheleのすがるようで痛切なヴォーカルに思わず心が震えてチクチク痛む、とってもナイーヴで澄んだソウルフルバラード(感動)。「Snow」はまたもやPop WanselとOakのコンビが制作を担当、パウダースノウのようにさらさらした鍵盤メロディがコツコツビートと共に舞い降り、壮大で優麗な雪原を造り上げるかのような純白の美しきメロディ。すべてを飲み込むChrisette Micheleの豪快なブリザードみたいな歌いっぷりが気持ち良くて、一気に吹き飛ばされてしまいます。Tommy BrownとTravis Saylesが共同制作した「Visual Love」もカラフルな電子音とドスドス打つビートを軸にした、懐かしきHip Hop Soul的な一曲で痛快で好き。売れっ子(なんでだろう)の2 Chainzを客演に迎えた「Charades」、制作はWizzy Wowが担当。これがひらひらと蠢く純白レース生地のようなメロディがなんとも妖艶で、Chrisette Micheleの“あーあああーあああああーあ♪”のリフレインがいつまでも鼓膜に残る、柔らかく酩酊と高揚をエスカレートさせる中毒スロウ(溺)。Darhyl "Hey DJ" Camper, Jr.が制作を担当した「You Mean That Much To Me」なんかは、どこか近年のAlicia Keysが好みそうな白魔法が滲むスロウバラード。冬の日の朝の吐息のようなキラキラと澄んで輝くChrisette Micheleの淡いヴォーカルが美しく可憐、ハートの奥深くにじんわりと浸透する感触に思わず涙がポロリ零れる透明感。「Supa」は知る人ぞ知るElvis "Black Elvis" Williamsが制作を担当、いかにも彼らしいちょっぴり影のあるブルース調のソウル曲でこのモノクロ感がたまらなくカッコ良い(痺)。Chrisette Micheleは高音も低音も滑らかに繋げられるから巧く乗りこなしてて、貫禄たっぷりな艶やかスロウに仕上がっております(陰影)。再びChuck Harmonyが制作を担当した「Get Through The Night」はストリングスとギターが寄り添うようにシンクロするアコースティックナンバー、ありそうでなかったタッチの楽曲で新たなChrisette Micheleの魅力が爆発。川のせせらぎのようにナチュラルで素朴なメロディなだけに、Chrisette Micheleの淀みなく清純な歌声が朝露のように儚く沁みる素敵なスロウ(惚)。Wizzy Wowが制作を担当した「Can The Cool Be Loved?」では、我らがBilalとDunsonが客演で参加。この曲では降り続く鉛色の雨のようなドラムビートに、その雨で地面から白く煙るような一種異様なまろやかな空気がネットリと漂う湿ったメロディ感触が、なんだか生々しくてかえって鼓膜に美しく残響する。クールに颯爽とラップを放つDunsonもホットなのだけど、ほんのりと歌声を燻らせて消えるBilalの裏方仕事にも興奮を禁じ得ないですね(一流)。とここまでが本作の内容で、豪華盤には更にボーナス曲が4曲追加されておりまして。まず「Ten Foot Stilettos」はまさかのMusiq Soulchildによる制作曲、しかしコーラスの重ね方といい、フワフワと柔らかく風に揺れるタンポポみたいなメロディは間違いなくMusiq節全開。先程の前曲と合わせてこの曲で感じるのは、Chrisette MicheleにはどこかErykah Badu的なオーガニックさが漏れ出ているという事。それは続く「I'm Still Fly」でも顕著なのですが、またもやMusiq Soulchild制作という事で極めてフィリーソウル的な、小春日和な温もりが鼓膜を包み込むナイスなミッドで御座います。最後を締め括るのはWizzy Wow制作の「I'm Still Fly」、本作唯一といえるほどシャープでソリッドなオーロラシンセが響くミッドナイトチューンで、客演の女性MCのNello Luchiのラップもキレキレクールで相当に格好良い。

なんとなーく前作が不完全燃焼に感じていただけに、本作のすこぶる良い出来にもう嬉し涙がボロボロ流れました(大袈裟)。というぐらいにお気に入りで何度も繰り返し聴いているのです、今までのChrisette Michele作品の中で最も好きな一枚だと思います(現時点)。一本調子にならずにいろいろなエッセンスを注ぎ込むも、しっかりと一枚のアルバムとして完成されていてとっても聴き易い優等生な一枚。なかなか整った可愛い丸顔とスッキリでムッチリな美脚が拝めるジャケットも素晴らしい(最近ちょっとふくよかになってしまったが......)、結構お気に入りな一枚です。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment