RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mindless Behavior「All Around The World [Deluxe Edition]」
All-Around-the-World.jpg

Prodigy、Roc Royal、Ray Ray、Princetonの四人で結成され13歳という若さでデビューした、Mindless Bevaviorの通算ニ作目となる『All Around The World』を御紹介。Black Music界では特に盛んだと思われるキッズグループ(勿論ポップ界でもあるけれど)、しかしここ最近はR&Bグループ自体が風前の灯火状態で本当に久々の新生男性(いや男の子)グループ。僕らの記憶ではOmarionがフロントマンを務めたB2K以来ではないでしょうか、ただここまでお子様でもなかった訳ですが。デビューと共に人気を獲得するも、いつぞやのBET AwardsでLauryn Hillの税金未納問題をからかったジョークを飛ばし大ひんしゅくを問題も勃発。本国でどれぐらいのインパクトだったかは知りませんが、“これで諸先輩達にも可愛がられず消えてゆくかな......”と僕は思いましたが、二年の時を経て新作が届きました。ジャケットを見ただけでも、なんだか大きくなっているのが分かりますね(笑)。
とまあオジサンの前置きはこのぐらいにしますか・・・・・・まずはビカビカと眩く鮮烈に輝くシンセ光線がジグザグに鼓膜に突き刺さる、四つ打ちダンスアッパー「All Around The World」でとびきりフレッシュにスタート。制作は彼らの後見人でもあるWalter W. Millsap IIIが担当しており(Co制作にTeak Undertoe)、Mindless Behavior(以降はMBと省略)の良い意味での青臭くて酸っぱい歌声を爆発させております。「Keep Her On The Low」はSean "The Pen" Garrettが久々に制作を担当(Co制作にSupaman Beatz)、ギュイギュイと擦れるような電子音が空間に放出されるダークな一曲で、機械的な平坦フックとふんわり柔らかくハモる(エフェクト加工?)部分のコントラストは中々のもの。Walter W. Millsap III制作の「Used To Be」は甘くて苦くて切ない流麗ピアノバラードで胸キュン必至、しかし肝心のMBの歌声にはベッタリとネオン風味なヴォーカルエフェクトが施されていて、これをスパイスととるか邪魔ととるかが分かれ道。彼らがどれだけ歌えるか分かりませんが、僕はこれはあまりに熱波処理(つまりそれぐらい輪郭ボケてゆらゆら)が過ぎてて、せっかくの綺麗なメロディがちょっと勿体無い気も。引き続きWalter W. Millsap IIIが制作した「I Lean」では彼らの“ワルのお兄さん”的なSoulja Boyが参加という、もはや鉄板にさえ感じる初絡み。ベッタリケロケロ鳴く雨蛙みたいなMBのエフェクトヴォーカルに、Soulja Boy仕様なズッタタタタと叩くビートが肝なサイバーバウンスチューン、二度に渡って登場するSoulja Boyもゆあーんゆよーんと揺れるあの独特なラップでナイス援護。Jacob LatimoreとLil Twistが揃って客演参加した十代讃歌な「Pretty Girl」は、トロピカルなメロディに粗目砂糖をまぶしたスウィートポップチューン。僕的にMBなんかよりも数倍注目し信頼しているJacob LatimoreとLil Twistが参加したことで、鼓膜はそっちにドップリだったり(意地悪)。Can "Stress" Canatanが制作(Co制作にWalter W. Millsap III)で、ソングライトにはEster Deanが参加している「I'm Falling」も煌びやかな電子メロディが眩い甘酸っぱいミッドでナイス。Walter W. Millsap IIIとBPM Candice C. Nelsonが共同制作した「Ready For Love」は、まるでオルゴールに電飾を施したようなポップさと眩さとメルヘンが混ざったスウィートチューンで、ここでは彼らのカラフルで柔らかな明滅ヴォーカル加工が活きています。Rob "Tron" WellsとWalter W. Millsap IIIが共同制作した「Band-Aid」なんかはモロに僕の好み、ブクブクと紺碧の海にダイブして潜り泳ぐようなアクアブルーな澄んだメロディが、甘酸っぱい彼らのコーラスにバッチリフィット。なんだかTaylor Swiftみたいなキュートカントリーポップな味わいがアコースティックギターの音色で広がる「Forever」も良い、Walter W. Millsap IIIによる丁寧かつピュアに織られた刹那系のメロディは、薄荷キャンディのように爽やかで懐かしかったり。Da InternzとSean Garrettが共同制作したベコンボコンと凸凹シンセがバンプするアッパー「Video」も、Chris Brownなんかが得意そうなベタベタなカラフルペイントな電子音の飛び跳ねがポップ。「Brightside」はWalter W. Millsap IIIとBPM Candice C. Nelsonが共同制作、これなんかはNe-Yoがやってそうな単純かつ明快な四つ打ちディスコチューンでメタリックに疾走感たっぷり、若い人なら有無を言わさず飛び跳ねまくるであろうミッドナイト曲。とここまでが本編の内容、ここからは豪華盤のみのボーナス曲ですね。まずはTimothy James Wallが制作した、The-Dreamなんかがやりそうな、満天シンセが煌めきめくるめくやまびこフックがキャッチーな「Lookin' For Ya」なんかは、いつぞやのJ. Holiday「Bed」を青臭く電子加工したような中毒性がアリ(危険)。Da InternzとSean Garrettが共同制作の「Bang Bang Bang」は、発展途上期のChris Brownがやってたような歪曲シンセポップで、まるで夜中の水族館にいるような青く冷たいメロディがグッド。Walter W. Millsap IIIとBPM Candice C. Nelsonが共同制作の「Your Favorite Song」も、マッタリだけど直角的に折れるコーラスが面白いデジタルミッドで癖アリ。Darhyl "DJ" CamperとWalter W. Millsap IIIが共同制作した、ラップ気味にピッチを自由自在に変えながら疾走する流線形の「House Party」と最後まで気の抜けない仕上がりで驚き。

まだまだ青臭さは残りますが、前回のデビュー作に比べると子供っぽさは消えていた気がします、だから幾分も聴き易かった。それもこれもミッドの質が数段上がったからかな、なかなか情感を思わせるものがありました(成長)。ゲストもツボを押さえた人選でバッチリ、あとは僕が彼ら一人一人の個性(ヴォーカルやらラップやら)を認識できるようになれば、もっと楽しめるかも。あと三年経って生き残っていたらば、その時はもうちょっと熟していそうで楽しみだなあ(応援)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment