RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Timotha Lanae「Red」
1373918585_timotha-lanae-red-2013.jpg

芸術家系育ちでミネアポリス出身のシンガー兼ミュージカル女優、Timotha Lanaeの記念すべきデビューアルバム『Red』を御紹介。この深紅を基調とした背景に、バッカリと股を割ったスレンダーなTimotha Lanaeのジャケットにまず惹かれて。でクレジットを見たら、あのStokely Williamsが参加しているのを知り購入した本作。ネットで調べてもよくは分からないんですが、幼少期から音楽に関する英才教育を受けており、現在は有名劇場やテレビにも出演しているのだとか。ただ、タワーレコードでは結構プッシュしてあって、R&Bコーナーの片隅にちょこっと目立つ陳列で置いてありました。
それでは適当ですが感想を書かせて頂いて・・・・・・まず本作はBen ObiとYohannes Tonaの二人だけが制作に関与、と言ってもこの二人さえ僕は知らないという体たらくです(無知)。それではBen Obi制作曲から紹介します、冒頭を飾る「Smooth Music」からしてまずそれ。これがもう完全なサラサラ滑らかR&Bでもうスタイリッシュセクシー以外のなんでもない、まるでキャンドルの火が揺れるような微熱混じりで垂れ落ちるTimotha Lanaeの歌声にウットリ。バウーンと鳴るホーンが金色の光を眩く放つ「My Man」もお洒落の一言、ドレッシーでパリっと糊の効いたTimotha Lanaeの華麗な歌声がすんなりと鼓膜に滑り込んでくるジャジーなミッド。そしてStokely WilliamsとWalter "Q Bear" Banks Jr.が客演参加した「Radio (Remix)」、といっても原曲知らないが客演無しVer.があるのかな。ワインのように芳醇で艶麗なTimotha Lanaeの歌声と、キャラメルみたいな丸っこい甘味のStokely Williamsの歌声がマーブルに溶け合うスウィートグルーヴチューン(拍手)。バンド生演奏のザックリした艶やかグルーヴに乗せて、アンニュイでじわじわと酔いが回りそうなTimotha Lanaeの歌声が格好良い「People Pleaser」、こういうお洒落な一曲を聴きながらお酒でも嗜めたらどれだけ良いだろう(憧)。ベンベン弾く弦音にプクプクと細やかな泡音色が美しいシャンパンゴールドなミッド「Intoxicated」も極上セクシー、まるで演歌のような溜めと拳の効いた重厚でドラマチックな漆黒スロウ「Softly In My Ear」と、R30指定なアダルトR&B楽曲が続きます(恍惚)。最後を締め括っている「Red & Blue」もBen Obi制作曲でこれが最高に秀逸、これまでの前面バンド演奏を潜めて、水面の波紋のように波立つシンセを全面に敷いたみずみずしく端麗なトラックに仕立てあげていてグッド(一撃)。しかし要所要所にべったりコーティングするホーンを絡めて繋ぎ、その上をグニャグニャとエロチック且つ優雅に滑るTimotha Lanaeの歌声に深く酔い痴れるばかり(千鳥足)。とここまでがBen Obi制作曲、あとはYohannes Tonaの制作曲に触れます。まず、じわーりとバターの様にとろける濃密ホーンの音色に骨抜きにされるインスト曲「Red」がそれ。五分弱もあるんですが違和感無くすんなり聴き浸ってユラユラ溺れることができるこの流れが凄いんです、そういう意味ではSadeっぽい演出かもしれませんね。Stevie Wonderのような優しさと透明感と穏やかさが香る「Gettin' To Know You」はまるで青空のように優美、どこまでも澄んだナチュラルなメロディにそよぐTimotha Lanaeの歌声に心洗われます(純白)。「Night In Tunisia」の異国情緒溢れるスパイシーなトラックメイクも秀逸で、それに合わせてちょっぴり棘のあるヴォーカルも刺激的。パーカションの効いたビート軸なメロディに昔っぽいシンセが重なるダンサブルな「Jazzy Lady」も、一癖あってなんだか面白い。あと「Talkin To Myself」はBen ObiとYohannes Tonaの共同制作曲、清涼でピュアなアコースティックスロウでTimotha Lanaeの洗いざらし真っ白な歌声がすーっとハートに沁み込んできます。

なるほど、ネットのあちこちで“第二のErykah Badu”的なことを書かれていましたが、それも頷けるネオソウル風味な一枚。ただErykah Baduに比べるとそんなネットリしておらず、あっさりと上品でよりスタイリッシュ、都会的な印象を受けました。物凄い上手いとか、ソウルフルって感じでもないけれど(どちらかというとキュートだ)R&B好きならば確実に喜ぶ一枚だと思います(推薦)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment