RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Slum Village「Evolution」
sv_evolutionweb_hires.jpg

Detoroitを代表するコアなHip Hopグループ、Slum Villageの通算七作目となる『Evolution』を御紹介。高校の同級生だったT3、Baatin、Jay Deeによって結成された、言わずと知れたグループ。なのですがSlum Villageは人によって構成の捉え方がきっとバラバラになりがち、まずJay Deeが外部制作やソロを開始しJ. Dillaとして活躍、結局は脱退してしまいました。その穴を埋めるべく同郷出身の実力者Elzhiが加入、脱退と復帰を挿むも長年病を患っていたBaatinが急死し、結局はElzhiも脱退。T3一人を残す形となったSlum Villageですが、J DIllaの実弟であるIlla JとProducerのYoung RJが新たに加入し、新生Slum Villageとして還って参りました(長々)。
とまあ、野暮ったい話はこれだけで終い・・・・・・まずは聖堂に響くミサのようなヴォーカルは清らかに鳴るも、途端に腐敗臭プンプンな電子音がつんざめく寸前で響く「Braveheart」で幕開け。制作はYoung RJでこういうザクザクした電子音にドロドロなスクリューも用いるなど、その技術は多才で面白い。そんな中で重たくもシリアスな攻めるT3とIlla Jが格好良いんだけれど、この厳かで霊的な怖さ漂うハードコアなトラックにHavocを呼び込むという抜かり無さに拍手。かのDJ Jazzy Jeffが惜しげもなくギュイギュイと硬いダイアモンドsクラッチをぶつける、ゴツゴツしたダイアモンドカットなドラムビートが疾走する「Rock Rock」の厳つさも半端ない(痺)。Young RJ制作でRapper Big Poohまで召還しての、無骨でタフで前のめりなガツガツした突破スタイルは正に熟練の技で御座います(神業)。同じくYoung RJ制作で逆回しセピア色なピアノ旋律がヒラヒラと舞い落ちる「Let It Go」もとってもイルで聴いた途端に吹っ飛んだ、しかも客演には通好みするBluが参加という鉄壁布陣。バスバスと蹴り込むドラムビートは喧騒と殺伐を滲ませて鼓膜をキャッチ、地面を蹴って水溜まりを蹴って走り躍動するような三者三様のラップも鋭くて光り輝いています。Young RJとT3が共同制作した「Forever」も激渋くて、ズカズカと野太いビートをペコポコなパーカッションに変えて、どこかトラディショナルで浮遊感抜群なふわふわなアッパーに仕立てています(夢幻)。Young RJと共にEarlly Macが制作&客演で参加した「Scared Money」は、どことなくなんだけどATCQを思い起こさせてくれる密林チューンで、ターザンみたいな掛け声とドバドバ叩く太鼓音が、ブツ切りスカスカに繋げられた亜熱帯なタッチの一曲。あのFocusが制作したソウルフルで華麗な流麗チューン「Summer Breeze」はモロに僕の好みなメロディ重視な一曲、目の醒めるような蒼さなんだけど、深海から見る水面のようなユラユラと幻想的な柔らかさも共存する美曲。そのProducerのFocusが客演で参加し、メロウでいてエレキテルな甘酸っぱい歌フックをかます「The Line」も格好良い、ポップロック寄りなこの曲はYoung RJが制作を担当。これもザクザクとしたクランキーな電子鍵盤と硬質ビートをシンプルなループで編み込んだ、サイバー風味な王道Hip Hopチューンでなんともジャーニー。ViceとJ. Ivyの御両人を客演に迎えた「Hustle」もYoung RJが制作、これも電子鍵盤のザラザラしたメロディがギラリと瞬くゴツめの一曲。またもやFocusが客演参加のみした「Bout That」も埃っぽいビートに曇ったメロディがじわじわ沁み込むセピアな一曲。Viceが客演参加した「1 Nite」はFocusが制作を担当、これはDwele不在を埋めるべくKamron Covertがいなたくメロウな歌声で客演参加した事が大きな意味を持つ一曲。このゆったりとして微睡んだキラキラしたメロディが魔物、聴いている内にだんだんと脳内に靄がかかってハイになってしまうシュガー風味な一曲です(昇天)。Kanye Westっぽく(感じた)ダーティで悪魔崇拝的でロキッシュでエッヂーな「Greatness」もキレキレだし、Rapper Big PoohとJoe Scuddaが客演したボコボコビート(アフリカ民族風)とビープ音を繋げた奇天烈で先鋭的な「Riot」もKnaye Westを意識した壮大で派手な演出が面白く、こういう曲もメイク出来るYoung RJの今後により期待が膨らむ一枚で御座います。

凄まじい格好良さと潔さ、全く色褪せない輝きにちょっと感動すら覚えました(涙)。どうしてもJ Dillaありきで語られる事の多い(気のする)Slum Villageですが、J Dillaほぼ抜きでいろんな功績を残しているんですから、このハイクオリティは当然ですね。Young RJも全編通して手堅い音を構築しているし、とっても正統派で荘厳なナイスな一枚だと思いました。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment