RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

India.Arie「Songversation [Deluxe Edition]」
india-arie-songversation-800x800.jpg

アコースティックサウンドを基調とした自然派R&Bで確固たる地位を築いている実力あるSSW、Inida.Arieの通算五作目となる『Songversation』を御紹介。中学時代からR&B浸けになったズブの素人の僕でも、デビュー時からずっと応援出来ているのがこのIndia.Arie。最初に聴いた時の感触、特に「Video」なんかを聴くといまだにあの頃の情景が目に浮かぶんです。彼女の父親はNBAの選手だったRalph Simpson、母親はデザイナーをやっていたという事で、かなりのサラブレッドなんですね(驚)。ちなみに彼女の“Arie”は母親が名付けたそうで、“ライオン”という意味があるのだそう(何語なのかは不明)。Erykah Baduに続くヘッドラップ(頭に巻いているターバンの様な物)の似合う女性は、India.Arieを置いて他にいないでしょう(確定)。本作もIndia.Arie自身がユニバーサル傘下に設立したレーベル“Soulbird Music”からのリリース、自分の表現したい音楽が出来てそうで嬉しい限り。
四方山話はこの辺で終わらせて内容について書きますと・・・・・・本作の全曲の制作に当然India.Arieは関わっており、誰かしらが共同で名を連ねています(毎度)。まずは蝶々を意味し、Inidia.Arieが自身と重ねて好んでよく使う「Soulbird Intro」でスタート、ほんわか香る花弁のような優しい甘さ。そのまま流れ込む「Just Do You」はShannon Sandersと共同制作、華やかに軽やかに舞い上がるピアノ鍵盤のフローラルな音色に心弾むミッド。Inida.Arieの春風のように穏やかで心地良い柔和な声が心地良く、小春日和みたいなポカポカ気分にさせてくれます。そんな優美なInida.Arieの歌声に、ちょっぴりスパイシーな刺激も滲む「This Love」もShannon Sandersとの共同制作。コクの深いビターテイストなソウルミッドで香ばしく、リフレインしながらも流れゆくメロディはどこか壮大で雄々しくも感じる一曲。ボサノヴァまではいかないけれど、そんな砂糖味が一欠片入れられたShannon Sanders共同制作の「Nothing That I Love More」もやんわりと和やかで心地良い。アフリカを思わせるビートと笛音が壮大な奥行きを視覚的に創り出すスケールの大きな「Flowers」もShannon Sandersと共同制作、こういう民族的で独特なトラックはInidia.Arieだからこそスマートに似合う、聴いているだけで野生の動物が眼前に広がるディスカバリーチャンネルみたいな一曲で素晴らしい。Shannon Sandersとの共同制作(Add制作にDavid Ryan Harris)で先行カットされたシングル曲「Cocoa Butter」も素晴らしいスロウで、濃密で芳醇な甘味をじんわりと醸すIndia.Arieのトローリととろけるココナッツミルク状の歌声にどっぷり浸るばかり(溺愛)。Dru CastroとMichael Ruffと共同制作したピアノ基調の純朴バラード「Moved By You」の純度の高さは、アルプスの湧き水に匹敵する透明度ですーっと浸透します(感動)。どちらかというとIndia.Arieの歌声って深みのあるコク深い印象なんですが、こういう切ない曲では可憐で脆いファルセット気味なヴォーカルで、フォーキーさの中に涙に似た湿りもあってたまりません(溺)。David Ryan Harrisと共同制作した「Life I Know」は純粋なギター弾き語り曲でしんみり聴き入るばかり、風に揺れる一輪の花のように優しく和やかなInida.Arieの凛とした歌声にじーんときますね(涙溢)。続いてもDavid Ryan Harrisと共同制作の「Break The Shell」もギター弾き語り、木漏れ日のようなほのかな温もりがハートにやんわり射し込む清涼なアコースティックミッド。本作で途中々々で挿まれる「Soulbird Interlude: Trombone」「Soulbird Outro: Clarinet」「Soulbird Reprise: Ney」と、いずれも30秒弱のインストがあるのですが、メロディそのままに優麗な天鵞絨のごとき質感のストリングスを敷いた「Soulbird Rise」が素晴らしい。David Ryanとの共同制作で静かにひっそりとしたメロディの綻び方は、まるで朝の陽射しに花々が目醒め開いてゆくような、そんな眩さと瑞々しい鮮麗さが光り輝く一曲。本作唯一の客演、Gramps Morganを招いたレゲエ全開のレイドバックチューン「They Will Be Done」はShannon Sandersと共同制作、ベッタリとしたオイリーなホーンも手伝って熱放射がカッコ良い一曲で、どことなくThe Fugeesを思い出してしまうんで大好き(浅)。本作で最も正当派ソウル(なんというかNeo Soulでなく、Hip Hop寄りという意味での)チューン「Brothers' Keeper」もクール、トロピカルでドリーミーに揺らめく「One」もどこまでも清純で青空をそのまま胸いっぱいに吸い込んだような澄んだ気持ちにしてくれる一曲でグッド。最後を飾るのはIndia.Arieが単独で制作した「I Am Light」、蒼く燃える美しき丘を飛び渡る自由な鳥のような、どこまでも白く、高く、神々しくて降る、India.Arieの歌声が燦々とハートを照らす素晴らしいスロウバラード(感涙)。とここまでが本編の内容で、豪華盤には追加で4曲が収録されておりまして。Shannon Sandersとの共同制作で、ここ最近のEmeli Sande曲を思わせる無垢で煌めいて、きめ細かでドラマチックなピアノバラード「Thank You」なんかもハートにチクチク刺さる名バラードでボーナス曲扱いが勿体無い(号泣)。後半につれて躍動感を帯びて、すべてを撥ね除ける光芒を放つこの感触が圧巻です(優美)。Idan Raichelと共同制作(Co制作にJim Scott)の「6th Avenue」も晴れた日の昼下がりに、雲の流れに歩く速度を合わせてのんびり散歩しながら聴きたいナイス純朴ミッド。Ty Macklinと共同制作したエンディング「Strange Fruit」はボーナス曲ならではの異色曲、ネオソウルに夜空に輝き連なる星座のような電子音がチラチラと瞬く、静寂エレクトロなコスモチューンで壮絶クール。こういう電子音上でもIndia.Arieの木目調のカーヴィな歌声はバッチリ似合う、かなり音数が少ないだけに、それこそ余計に真っ暗闇のなかに点々と光り輝く星空を観ているよう、しかし最後にはガッツリと弦音が入りJazzっぽく転調したりして、もう骨が砕けるほどに格好良いんです(鳥肌)。

僕の大好きなアーティストなんで贔屓もします、でもやっぱり本作も素晴らしいです(絶賛)。豪華盤だと全20曲にも及ぶのに、全く途中でダレる事もなくすーっとそのまま景色のように鼓膜に溶け込みます(不思議)。高校生の頃に出逢って好きになり、今なお大好きでしょっちゅう流している、という事は死ぬまでずっと好きなんだろうなーと確信しております(道連)。India.Arieのアルバムだけ車に乗せて、どこか遠く異国の土地へ行きたいなー(憧)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment