RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mayer Hawthorne「Where Does This Door Go」
mayer-hawthorne-where-does-this-door-tracklist-lead.jpg

ブルーアイドソウルの系譜を語る上で重要なシンガー、Mayer Hawthorneの通算三作目となる『Where Does This Door Go』を御紹介。彼の歌声を聴いて驚くのは次の二点、“白人の若者”という点と“これが現代に作られている”という点ね(驚愕)。最近はJustin TimberlakeやRobin Thicke、Allen Stoneなどと白人ソウル系シンガーが隆盛している訳で、このMayer Hawthorneも一角を担っている一人ですね。インディレーベルStones Throw Recordsから離れ、大手メジャーであるUniversal Music Group傘下のUniversal Republicと契約した訳ですが、こうやってそこから二作目を出せているのも安心で御座います。
それではもう中身の話に移りましょうか・・・・・・基本的に全曲のソングライトにMayer Hawthorneが関与、そして本作では外部のProducerが参加し共作している模様。まずはDa InternzとMayer Hawthorneが共同制作した「Back Seat Lover」で幕開け、これがもうオルガンっぽい鍵盤音がポンポンと跳ねるキュートでレトロなソウルチューンでMayer Hawthorneの真骨頂が早くも発揮されています(骨抜)。陽光のように温かくふんわりしたグルーヴがソウルな気分を最高潮に盛り上げてくれる、まるでMarvin Gayeマナーなファルセットを駆使してサックリ疾走するMayer Hawthorneの歌声がカッチョイイ。ザクザクしたエッヂーなハイハットにモダンなメロディが錯綜する「The Innocent」ではあのJack Splashと共同制作、ここでも最高音でハモるMayer Hawthorneの多重録音でどこかBee Geesを彷彿とした僕が居まして(懐古)。どことなくレゲエテイストなグルーヴでゆったりバウンスするレイドバックチューン「Allie Jones」もクール、制作は@Oakwud & @TheaceFace69との共同制作という事でなんだか納得。この手のメロディってそんなハマらないんですが、Mayer Hawthorneのファンクと繊細を掛け合わせた鮮麗なミルキーファルセットが効いていてグッド、刺激的でいてなんだか心地良いグルーヴを爆発させたスモーキーチューン。「The Only One」はJack Splashとの共同制作、ここではチュクチュクとスクラッチを挿入したり、ピアノ鍵盤とホーンを単純にループさせたりと、Hip Hopマナーの強いミッドチューンでやはりクール。瑞々しくクリアなんだけど、ちょっぴり影を生んでいるMayer Hawthorneのガラス繊維みたいな歌声も尖っていてグッド。「Wine Glass Woman」は一聴してすぐそれと分かる、Pharrell Williams制作のクールなアッパー。このメロディの鳴りはハッキリ、Snoop Dogg「Beautiful」な訳ですが、別に焼き直しとかでなく単純にPharrellの爽やかで酸味の効いた電子グルーヴとして最高にホット(失神)。ザクザクとカットする鍵盤音に活き活きと息吹くパーカッション、その上を水飛沫みたいなMayer Hawthonreの歌声が滑る一曲。再び@Oakwud & @TheaceFace69との共同制作な「Her Favorite Song」は、Mayer Hawthorneの新境地となる一曲ではないでしょうか。ベース弦のうねる太いグルーヴを軸に、サイバーでブルーなシンセがパチパチと瞬く近未来ファンクな一曲です(痺)。そんなヒンヤリ冷たくて滑らかな電子トラックに、ネットリと炭酸の効いたアルコールみたいなMayer Hawthorneの歌声が弾けるスペイシーなソウル曲。冒頭でアジアンな風味の弦音が蜃気楼みたくユラユラ揺れ動く「Crime」も美しい、制作は@Oakwudが単独で担当し、客演にはあのKendrick Lamarが参加した一曲。どこかで聴いた事のあるようなメロディを敷きつつも、サイケとオールドファッションを掛け合わせた洗練された前衛的ソウルサウンドを構築した一曲で、キラキラ輝いて透き通る光ファイバーみたいなMayer Hawthorneの無垢な歌声が、じんわりと鼓膜に焼き付く一曲です(昇天確実)。「Reach Out Richard」では再びPharrell Williamsが制作を担当、これまたいかにもPharrellらしい軽快でキュートな鍵盤音&ビートが跳ねるレトロソウルで、少しフィルターがかり曇った音色で聴かせるヴォーカルもセピア色を強めててグッドな演出。@Oakwud & @TheaceFace69との共同制作の「Corsican Rose」の電光石火の混じり具合も素敵で、真夜中に輝くネオン蛍光みたいな柔らかな鮮やかさが滲んでいてソウルフル、夜空にスーッと煌めき落ちる流星みたいなMayer Hawthorneの硝子繊維ファルセットも美しく鼓膜に突き刺さる(快感)。表題曲となる「Where Does This Door Go」はGreg Wellsとの共同制作、雨がしとしと降り続くような悲しみに濡れるブルーバラードにしんみり。Kid Harpoonとの共同制作(Co制作にはあのJohn Hill)の「Robot Love」の良い塩梅なサイケっぷりもナイスで、そうは言っても彼得意のレトロソウルから全くはみ出さない感じもナイス。Pharrell Williamsが制作した「The Stars Are Ours」はどう考えても、Stevie Wonder「Higher Ground」へのオマージュではないかと思ってしまう僕。悪いとかでなく良い意味で温故知新なソウル構築にかえって新鮮さも感じたり、Pharrell得意のパーカッション部隊が活きている生バンド演奏なファンキー奏法も素晴らしい(躍動)。そして最後を締め括るのはGreg Wellsと共同制作したシンプル無垢なバラード「All Better」、これは壮大で美しいロックバラードといった感じで、真水のようなメロディ&ヴォーカルが枯渇したハートにグングン浸透する優しい一曲。
とここまでが本編の内容で、豪華盤になりますと二枚組となっていて続きがあるのです。まずはJohn Hillとの共同制作となるブルージーなソウル曲「Fool」、Jimi Hendrixさながら(とまでは言わないが)な陰気なエレキギターの音色の燻らせが退廃セクシーで、その中を白煙が這うように広がる感触でMayer Hawthorneの歌声が香り立つ心地良さ。「Kalia」はJack Splashが単独で制作、これまた青空に虹が架かるように甘く鮮やかなピアノ鍵盤主体のメロディが、ウキウキと弾んで華やかさを爆発させる好ミッド。Greg Wellsが制作した「Small Clone」は彼得意の軽快でオシャレなレトロソウル、しかし同じGreg Wells制作でこれより数十倍素晴らしいのが「Designer Drug」。くるくる回るミラーボールが照らし出す煌めきに似た、繊細で小粒なシンセがラインストーンの様に連なり、ゾクゾクするような弦リフで颯爽としたグルーヴを紡ぐ。この懐かしのディスコっぽい感触(ステップワーク)とMayer Hawthorneの硝子ファイバーなファルセットは、完璧にMichael Jackson『Off The Wall』へのオマージュなのではなかろうか(興奮)。

やっぱり多く外部Producerを起用したせいか、これまでの路線も踏襲しつつも、よりR&Bっぽくなって聴き易さが倍増しているなー(好感触)。しかもPharrell Williamsがガッツリ関与している点も大きい、Robin ThickeもPharrellと組んでヒットしている訳だけど(まあ、Robin ThickeはStar Trak所属だが)、この流れは対Justin Timberlakeで考えるととっても面白い(意味深)。今年はJustin TimberlakeとRobin Thickeが大当たりした一年だった訳だけど、同じブルーアイドソウルでMayer Hawthorneも負けず劣らずの高得点を叩き出しています(激薦)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment