RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Quadron「Avalanche」
quadron-avalanche.jpg

Denmark出身の男女R&Bデュオ、Quadronの通算ニ作目となる『Avalanche』を御紹介。ProducerのRobin HannibalとシンガーのCoco O.の二人で構成されるQuadron、最近は個々の活動も目立っていますねー。まずRobin Hannibalは多くのユニットを組んでおり、中でもMike Miloshと組んだRhyeは今年大ヒットしております。そしてCoco O.に関しては単独であちこちの楽曲に参加、露出が多くてソロでもやっていけそうな人気。なぜだかジャケットではCoco O.だけドカーンと写っておりますね、これでもっと美人だったら良かったんだけどなー(失礼)。
それでは戯言はコレぐらいにして感想を・・・・・・まず本作を語る上で重要と思しきは、Executive ProducerにSylvia RhoneとTricky Stewartがクレジットされているという点、どんな風にこの音に関わったのか気になるけれど。楽曲の制作は基本的にQuadronの二人で作ってる様なので、まず一曲だけ外部からFraser T Smithが入り、Robin Hannibalと共同制作した先行シングル「Hey Love」から紹介。なんというかどこか土着的な泥臭い地団駄ビートが痛快で、高山帯で聴く民族音楽みたいなブアーと伸びる電子音に、軽快に舞い踊るCoco O.の歌声に酔ってしまう。まるで万華鏡を覗き込んだような、まろやかにめくるめく艶やかな音景色が綺麗な「LFT」は、そんなぬるーいローションの如きメロディに(褒言葉)コケティッシュなCoco O.の歌声がバッチリお似合い。なんだかAdeleみたいなヒリヒリ灼けつく感触のベース音がゾクゾクさせる「Favorite Star」は、ちょっとCoco O.のヴォーカルが弱いかなと不安に思いつつ、何重にも織ったミルフィーユ状のフックがクールでやられる。レコードの鳴らすプツプツ音に似た曇った音色が鉛のように沈む「Crush」、Coco O.の悲哀に滲むブルーな歌声がくつくつと燃える感じが美しい。壮麗で澄んだストリングスにグイグイと惹き込まれ、途端に静かな水中へ潜ったような密閉的なメロディが辺りを漂う「Befried」はとっても不思議な魅力。聴いているだけでスルスルと深海にぽつりと落ちるようなこの感触、ゆっくりじんわりと絡み付くCoco O.の波打つ柔らかヴォーカルも中毒性高し。「Neverland」での柔らかホーンの溶け合いがまずたまらない(鳥肌)、華やかフローラルでドリーミーなソウルチューンで心も晴れやかに踊ります(昇華)。ネオンのような懐かしく輪郭の暈けた電子音の瞬きに、シナモンみたいなストリングスが降り掛かる「It's Gonna Get You」なんかは、どことなーくだけどPrinceサウンドを淡く水彩にした感じかな。「Better Off」ではもはや無敵状態のKendrick Lamarが客演で登場、Coco O.のヴォーカルが非常に繊細で、美しい細工の施されたレース生地みたいな透け具合が官能的。そこに輪をかけるのが宇宙人みたいな声で囁くKendrick Lamar、バッチリな組み合わせで魅力倍増に成功。頬を潮風が撫でるような心地良さがじんわり鼓膜に伝わる「Sea Salt」もCoco O.のヴォーカルが巧い、Sadeにも通ずるセクシーで開放的でオーガニックなソウルテイストが爆発した秀逸な一曲。最後を飾るのは表題曲となる「Avalanche」、“雪崩”と書きつつも轟々と音を立てるでもなく、珈琲カップに角砂糖をひとつ落としたような静かな崩れ、雪崩に通ずるはその圧倒的な純潔の白さが眩いばかりだという点でしょうか(結晶化)。

Rhyeがあまりにも話題になり過ぎたか(いや、Rhye『Woman』は素晴らしかったからしかたないのだけど)、どうもこのQuadronの作品はイマイチ取り上げられなかった気が(惜)。Robin Hannibalの創り出す電気仕掛けなのに温もりに溢れた、生々しく曲線的なサウンドは独特で美しく、体格の割にキュートでほんのり甘い歌声で華やかに彩るCoco O.との相性も抜群。2013年にRhye『Woman』とQuadron『Avalanche』のニ作品を同時に楽しむ事が出来るというのは、R&B愛好家にとってはナンチャラ流星群を見るぐらいの確率で素敵な偶然ではないでしょうか。双方共に、併せて聴き比べるのも粋な音楽鑑賞ではないでしぃうか(薦)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment