RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyler, the Creator「Wolf」
TylerTheCreatorWolf.jpg

OFWGKTAのリーダーであり革命児との呼び声も高い(気のする)、Tyler, the Creatorの通算ニ作目となる『Wolf』を御紹介。弱冠20歳にして猟期芸術集団(?)Odd Future Wolf Gang Kill Them Allを率いるリーダー、メジャーレーベル争奪戦が勃発するも、ソニー傘下に自身のレーベルを設立するなどの野心家でありビジネスマンでもあります。しっかし、彼らが出現して話題を独占したのも昔、あれからA$AP Mobの面々やKendrick Lamarといった才能溢れるアーティストがどんどん登場、移り変わりが激し過ぎますね(苦笑)。しかしOFWGKTAは自身のファッションブランド“Golf Wang”もスタートさせるなど、アパレル進出もしていますし、やはりビジネス上手な側面が伺えます、これもチームの層の厚さ(MCやProducerだけでなく、絵描きや写真家なども所属している模様)。
それではザックリ適度な感想を述べさせて頂いて・・・・・・まず一応述べさせて頂きますと、全曲の制作をTyler, the Creator自身が手掛けております。ドリーミーで微睡んだオーケストラで靄々っとスタートする「Wolf」は、どこかAndre 3000っぽいピンク色のまろやかさを演出した意表を突く開幕。チームよりHodgy Beatsを客演に招いた「Jamba」では、ベチベチと打ってしなるビートを炸裂させて、そこに女性の呻き声(喘ぎ声)をアクセントに挿み、どこかサディスティックで滑らか甘美な残虐チューンへと仕立てております(奇妙)。この空白も多いチープな電子チューンは病みつくし、Tyler, the Creatorの妙にイイ声の低温フロウがじわじわ回ります。コアホラーな趣味が蔓延している腐敗スロウ「Cowboy」も、本当なら吐き気催しそうなジットリ感なのに、随所にピアノ鍵盤を散らす事でむかつきを和らげている巧さ。淡々と囁く怪物チックなTyler, the Creatorのラップがカッコ良い、彼は最近の若手MCの中でも割としっかりラップするタイプなんですよね(真面目)。The Neptunesからの影響を隠し切れていない、アンドロメダ銀河系のシンセが柔らかく瞬くとろーりスロウ「Awkward」では、月表面のクレーターみたくボツボツしたビートを背に、Tyler, the Creatorの低速スクリュー掛けて泥化けしたラップが垂れ流れる一曲。バチバチと弾けるホーンと電子音が火花を散らす刺々しいアッパー「Domo23」、ここでもザクザクと高速で滑降するTyler, the Creatorの気魄溢れるラップが聴き所。ゆったりと流れるスロウモーションなシンセとドラムビートの溶け合いがイルでハイな「Answer」もいなたくクール、これなんかはN.E.R.Dっぽいオルタナロック曲。Tyler, the Creatorのズブズブと脳内に浸食するよう毒花なラップも良いが、Add Vocalで参加しやSyd Bennett(そうSyd tha Kyd)の繊細なヴォーカルも良い。「Slater」ではFrank Oceanが客演参加、ちょっと酩酊した感じの千鳥足ビート&シンセのグラつきが面白く意識もブレる、そして終盤にFrank Oceanが天国へと(はたまた地獄か)ゆっくりと手を引き墜ちてゆく脆い美しさ。冒頭にNasとの対談XXL Interviewが挿入サンプリングされている「48」は、華麗で柔らかなシンセに硬質なビートが絡み付くナイトメアなミッドで美しい。壮麗で華やかなピアノ旋律を基調にしっとりと艶やかに移ろう「Colossus」なんかをサラリと創ってしまうTyler, the Creator、サイコな印象が強いけれどとっても繊細でピュアな部分もこうやって脆く浮き出る感じがお茶目で魅力的。三連結の「PartyIsntOver/Campfire/Bimmer」では、二曲目にLaetitia Sadier、三曲目にFrank Oceanが客演参加。スッカスカでズルズルと引っ張るようなサイバーな電子音が宇宙系でクールな「Campfire」の異空間を彷徨う感じ、ざらついたビートをこじらせながら更に奥深いブラックホールへと遊泳するFrank Oceanとの「Bimmer」とナイスな流れ。そして憧れのPharrell Williamsを客演に迎えた先行シングル「Ifhy」の歪んだ世界観、その空間を歪ませ出来た曲線に淡い色彩を重ねる変態な感性がTyler, the Creatorの魅力ですね。ゆっくりズルズルと引きずり込むような淡くも粘度性の高いズブズブ電子音、その中で絶頂を迎えたように放たれるPharrellの悶絶ヴォーカルの神々しく後光の射す、官能的な調べに卒倒してしまうこと間違いなし。パトカーのサイレン音をけたたましくループさせるダークな「Pigs」、Casey VeggiesとMike Gを迎えてビートのみカチカチ鳴らせて進む「Parking Lot」とやっぱり花と毒なコンビネーションな世界を展開。Domo GenesisとEarl Sweatshirtの注目株を揃えたWu-Tang Clanっぽい歪みが旋律を走らせる「Rusty」、Na'kelとJasperとLucasとL-BoyとTacoとLeft BrainとLee Spielmanと大所帯でマイクを回す「Trashwang」と、Odd Futureの層の厚さをアピールする事も忘れないビジネス手腕っぷり。日本語で“黙れ黙れ黙れ黙れ♪”と言っているように聴こえる「Tamale」は、どことなくアジア音楽っぽいゴチャゴチャ感を感じさせる奇天烈な一曲。驚く程にJazzyな音色でまろやかオシャレに艶っぽく仕上げた「Lone」は鳥肌モノ、こういうATCQ的(Guru的と言うべきか)なしっとりと蜜味な極上メロウも紡げるという奇天烈さ(笑)。しかし特筆すべきはやはり、Coco O.とErykah Baduという一癖あるソウルシンガー二人を引っ張り出した「Treehome95」ですね(失神寸前)、ここではほぼTyler, the Creatorは登場せず、ツタツタ叩くビートにJazzテイスト満載の微睡んだスウィートなグルーヴを提供し、この二人に甘くもほろ苦い微熱混じりなヴォーカルをじわじわ漏れさせるというエロさ(悶死)。Tyler, the Creatorがサウンドクリエーターとして、Andre 3000にも匹敵するポテンシャルを秘めている事を証明しております(潜在能力未知数)。

前作に比べると、かなりあの“異物感”が薄まっている気がしますね。この異物感の薄まりは、僕ら聴き手が次第に慣れたからなのか、これだけ様々な音楽&アーティストが出現しているからか、そこはよく分かりません。ただ前作『Goblin』に比べてもサウンドの毒気はかなり薄くなった気がする、これを“柔軟化”ととるか“薄弱化”ととるかも、リスナーによって違うのかもしれません(憶測)。ただ前作も含め僕は、Tyler, the Creatorはサウンドクリエーターとしてとっても才能があるなーと。意外と様々な音を繰り出す事が出来るんですよね、何もホラーに偏っているって感じでもないような。彼は声とフロウもかなり格好良いし、やっぱり異質ですし、とっても気になり続ける一人だと思います。ただ、聴くタイミングを選びますけどね(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment